晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 41号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『聖闘士星矢』です。





・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
連載再開巻頭カラー。ついに蛇夫宮がサンクチュアリに出現。その効果によって、十二宮内にいる聖闘士たちの傷が回復していく。しかし、同時に『ヒュプノテラピア』という現象により、深い睡魔に襲われてしまう。次回でオデッセウスが復活するらしいが、結局夢の中でしたというオチになりそう。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
寝ているときにエア喫煙していることから、順子ママが大鉄を禁煙外来に連れて行こうとする。本部キャラは、もっと早い時期に投入できなかったものか。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。今回は、黒田がここまで泉田を温存していた作戦の経緯などを振り返る回想編。そして加速を始めた泉田は、左右の上脚筋にペテルとマークと名前をつける。でも、そこの筋肉って大腿四頭筋って言うんじゃないの?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
学校の池で飼われている鯉に対抗意識を燃やしたチョウソカベ。鬼若子モードになって爆釣する。チョウソカベの天下取りネタでいくと、夢見の森若さんへの恋心が邪魔になるような。

・刃牙道/板垣恵介
総合格闘家の阿部大治選手との対談記事アリ。刃牙は、改めて現代において場違いな存在である武蔵に宣戦布告する。刀のリーチと、抜刀の速さへの対応をしないといけないだろうな。

・ハリガネサービス/荒達哉
羽座川の現状を知って力になろうとする下平。あくまでも対等の関係でいるため、必要な物をあげる代わりにバレーを教えてもらう取引をする。そして、ほかのバレークラブのメンバーも本当の羽座川を知れば、特別扱いではなく対等な友達になれるのではと考える。この考えが悲劇を招くわけか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
テレビを叩いて直そうとして、ケガしてしまったリンガベル。古い物って頑丈に作られていたりするからね。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
引き続き過去編。半猫又化したしっぽが猫神として祀られ、そして忘れられていく様子が語られる。なんか終わりそうな雰囲気だったけど、そんなことはないのかな?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
センターカラー。以前、校内新聞にチラリと登場していた元化学部の平塚和香さんが登場。ふし研部室を乗っ取り、化学部を再興しようとする。次回予告を見るに、部室の窓は夏休みの間ずっと壊れっぱなしだったのか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
いよいよ、鯉太郎と天雷との取組が始まる。いきなりのブチカマシ2発で、相手の巨体を浮かせてみせる。ここをこらえて捕まえてからが天雷の形か。

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシとジャックが友達になった経緯が描かれる過去編。この世界におけるイヌとネコが、戦争を経て作られた改良品種であるという設定が、なかなかに斬新だった。草食と肉食のように、原種と改良種という問題もあったというわけか。

・六道の悪女たち/中村勇志
飯沼渾身のカウンターは寸でのところかわされてしまったが、課長からもらった根性を乗せた一発で朱井を撃破する。トランシーバーでの六道たちとのやり取りが最高。しかし、童子の命令に背き、六道にも攻撃を加えようとする菫兄妹をどう突破するのか?

・Gメン/小沢としお
梅や母親が語る、広樹を置き去りにしなければならなかった理由。そして広樹も、どんな気持ちで生活してきたかを打ち明ける。ここからどうガンバっても、スッキリとしたオチにはならなそう。

・魔入りました!入間くん/西修
改めて師団披露の概要説明。準備を進める中、キリヲは秘密の隠し部屋で謎の計画の準備をすすめる。が、その場所に入間が入ってくる。悪魔は気づかないけど、人間なら……ってパターンなのかな?

・囚人リク/瀬口忍
ついに油圧ポンプが爆発。9人そろってゲートを通ろうとするが、その前にいたのは剣崎ッ! リクたちは、あっさりと発見されてしまう。御母堂パワーがさく裂か。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
上尾アイさんがどのようにターゲットを物色し、捕食してきたかの解説。そして、次の標的として音子に狙いを定める。これをルビが助けるんだろうけど、勝った後にアイさんを食べるかどうかだよな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
退治人の祖・アルミニウス・ヴァン・ヘルシング展が、新横で開催される。幽霊として復活したヘルシングが、依り代としている聖剣を抜いてもらうことで、憑依する相手を探そうとする。なんだかんだ、みんなマナーがいいんだな。

・JINBA/浦田カズヒロ
サラの言葉で、クルルが馬肉になる心配のないことを知ったジンバが、一気に追い上げる。カキバンチョーとの一騎打ちかと思われたが、大外からもう一頭駆け上がってくる姿が。まぁ、説明通りのレース運びをしているのはコイツだしな。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
最終回。学園祭で、DJスキルに開眼した魯良とサウエが、ラップを披露してシメ。ギリギリ稲虎が滑り込んだのと、美人幽霊の名前がDJサラを分かったのが、せめてもの救い。よっしゃしゃっす〆


・虚ろう君と/古川一&白土悠介
最終回。さなかの能力は、血を変質させること。知理の血も利用した合体技で、ウロガミを倒す。バトル後の展開はちょっと物足りないけど、仕方がないか。

・少年ラケット/掛丸翔
最終回。大会が終わり、墓参りに来たイチローとヨルゲン。と、お母さんたち。ジョーとロッキーがダブルスを組むことになっていたり、ヨルゲン母のアレコレとか、描くことができなかった設定をできるだけ描いたという印象。でも、それでもキレイにまとまっていると思う。

・木曜日のフルット/石黒正数
頼子の整体プロファイリングが久しぶりに展開される。2~3コマ目でちゃんと答えが描かれているのが上手い。








次号から、平川哲弘の新連載がスタート。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/08(金) 07:00:24|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 40号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道。グラビアは、SUPER☆GiRLSの渡邉幸愛さんです。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。力尽きた花山に、内海警視総監が最大の謝辞を贈る。武蔵はとどめを刺そうとするが、それを刃牙が止める。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
先日亡くなったジョージ・A・ロメロ監督に捧げるエピソード。晴郎が追悼パーティーを企画し、大沢木家にゾンビメイクの集団が押しかける。これだけ騒ぎになっているのに、顔も見せないのり子って……。

・刃牙道/板垣恵介
2本立て2本目。あくまでも命のやり取りをしようとする武蔵に対し、刃牙は現代での『決着』を力説する。そして、いよいよ再戦ということになりそう。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
読み切り。折り紙でバラを作る花山。本編で壮絶な死闘をくり広げた後にコレを読んで、何を感じろというのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
手嶋は、最初の登りが終わった後の2.5キロの平坦区間を休みどころだと考えていたが、箱学の狙いは違った。ここで泉田が先頭に立ちチームを引く。このために、ここまで温存していたのか。ここは鳴子で対応するしかないんだろうけど、そうすると3人になっちゃいそうだな。

・六道の悪女たち/中村勇志
課長パンチがヒントとなり、飯沼が突破口を見つける。栓抜きで自分の指を折っておいて「指折れ兄弟」とか言ってしまうセンスもスゴイが、やっぱり全部が吹っ切れたような110ページの「皆で戦おうぜ六道 仲間なんだからよ」と言うときの笑顔が素晴らしい。

・JINBA/浦田カズヒロ
センターカラー。クルルが無理な先行をしたのは、全体のペースを上げてジンバをサポートするためだった。そのことを察知したジンバは、サラの想定よりも早いタイミングで上がっていく。腕をこういうふうに使うとはね。

・ハリガネサービス/荒達哉
羽座川の置かれた環境を知った下平。辛い言葉を投げかけられながらも、それでも羽座川の味方であろうとする。このころは感情をぶつけることができているので、中学あたりでなにか人間味をなくすできごとがあったのかな?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
スイカの種の話。そもそも1本目のリンガベルは、どこに種を飛ばしているのか?

・BEASTARS/板垣巴留
夏休み。講習に出るレゴシ。ハルと会ったときにシッポをブンブンしているのと、あの夜のことを聞きたいけど聞けないジャックが面白い。そして、ルイの消息はいまだに不明。このまま姿を現さないままなのかな? あと、ヘラジカの角の上にハツカネズミを乗せたって記事は何なんだ?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
1日限定で、知り合いの喫茶店でバイトすることになった大祐。しかし、運悪くそこに高浜さんが来店する。バイト禁止の校則なので、女装して乗り切ろうとするが……。これは、のちのち女バージョンで会わないといけなくなるパターンだな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
取り組みを前にしての、鯉太郎と天雷の心境。鯉太郎は、部屋で感じた四股の『違和感』が消えているとのこと。これはいい兆候なのかどうか?

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
音子は、敷地内に有名ショップを誘致できるほどの大金持ちだった。ルビを招待し、それぞれの境遇を語り合う。そして、音無邸に行く前に分かれたアイさんも、ミミック持ちと判明。しかし、こちらは欲望に忠実な様子。バトルになるのかな?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
缶詰明けのロナルドとドラルクが、オータム書店名物の『オータムデンジャラ』というゲームをすることに。部屋に入ったときに3人しかいないというのが、伏線になっている見事な構成。あと、モブ編集を追い払うサンズがカワイイ。

・囚人リク/瀬口忍
油圧は上がれど、リクの意識は戻らず。レノマの懸命の蘇生に応えて、タイムリミットギリギリで意識を取り戻す。あと、沢田はどこへ行った?

・魔入りました!入間くん/西修
花火の準備をする入間たち。アメリからマンガを借りて、参考にする。しかし、キリヲには他の企みがある様子。電話の相手は、会議を欠席していたグラシアかな?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
新たな虫武将が登場。これからチョウソカベ軍を大きくして……という感じだが、さすがに中島可之助は注釈が必要だと思うし『蓬莱宮の寛典』の説明も必要だったと思う。内輪受けみたいになっている。

・Gメン/小沢としお
広樹に話を聞く気はさらさらなし。援軍に来た勝太たちと金狼会でケンカが始まる。というところで、電話で呼び出した母親が現れる。おばあちゃんも来た方がいいな。梅田家で家族会議だ。

・HOTEL R.I.P/西倉新久
単行本発売を記念しての、タップからの出張読み切り。地味メンながら、同じ日にクラスのヒロインと幼なじみにデートに誘われた若森海翔くん。しかし事故で死んでしまい、ホテルへとやってくる。迎らのキャラ説明があったり、本編の解説的内容。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
夏休み最後の日。MC不動の店でのバイト帰りに、自らのラップ技術のなさを嘆いた魯良がゴミ捨て場のラジカセに祈ると、ラップの魔人キャンタマが出現する。願いをかなえてもらうためラップバトルに、サウエが挑む。そして、次回が最終回とのこと。よっしゃしゃっす〆


・猫神じゃらし!/福地カミオ
しっぽが猫神になる前の過去編。猫又の少女まりと出会う様子が描かれる。しかし、猫又のシッポって自力で裂くものなのか?

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
最上のパートナー虚人こそが、ウロガミ教を作り上げたウロガミ本人であると明らかに。人々からの祈りを得るために、現在のようになってしまったらしい。強敵に立ち向かうため、知理はさなかと共に戦う決意を固める。次回が最終回。

・少年ラケット/掛丸翔
いよいよ準決勝の紫王館戦が始まる。S1は、イチロー対ヨルゲン。待ちに待った2人の対戦が始まる……というところで、次回が最終回。なんか、数年後とかになっていそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
闇の商人が久しぶりに登場。相手のステータスが分かるメガネを買う。もしデンを見た場合、ハートの項目はどんな数値になっていたのか?








次号から、聖闘士星矢の連載が再開。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/01(金) 13:49:19|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 39号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんです。






・BEASTARS/板垣巴留
巻頭カラー。ジュノは、レゴシをステージに上げたり、いっしょにロウソクに火を灯そうとしたり、既成事実を作って仲を確かなものにしようとする。しかし、レゴシは……。隕石祭はこれで終わりだとしても、学園生活の波風は当分収まらなさそう。

・BEAST COMPLEX/板垣巴留
板垣巴留2倍祭り、その②。BEASTARSの原型となったオムニバス作品の、最新エピソード。歴史ある料理番組の新しい先生として、大きな体のイリエワニのベニーが就くことに。彼の無神経な言動に、長年アシスタントを務めてきたガゼルのルナは、激しい抵抗感を示す。そして本番。2人は、ついに激しい口論を交わすことに。BEASTARSのほうがウジウジした感じだったので、ストレートに感情をぶつけ合っている様子が良かった。

・弱虫ペダル/渡辺航
まだ平坦区間を走っている京伏。先頭で引くことを強いられた水田は、御堂筋に不満をぶつける。しかし、小鞠との2人だけで、総北&箱学に勝てるもんなのかね?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
連載100回記念センターカラー。作者へのインタビューや、キャラ紹介記事あり。退治人ギルド、吸対、吸血鬼らが、新横の温泉に慰安にやって来る。ほぼオールスターのにぎやかな感じが最高。あと、前髪が下りたドラルクは、かなり貴重なのでは?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
校則に厳しい、ひずき先生。ビッグベルが、網の目をかいくぐろうとする。なんなんだ、無敵判定って。

・六道の悪女たち/中村勇志
飯沼と朱井の因縁が明らかに。仲間だと思われた友人たちに裏切られた過去を考えると、子分に収まった角山って意外とスゴイ奴なのかも。そして、六道への脅しの道具に使われた課長が、怒りの拳を振り上げる。ここか!? ここが、課長の見せ場になるのか!?

・囚人リク/瀬口忍
リクの言葉通り、いったん殺して制御システムをシャットダウンさせようとするレノマ。しかし、心臓を蹴りつけるのはOKなのに首を絞めるのはNGという価値観が、いまいち分からない。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。流れるプールで、国会議員が粗相をした物体の直撃を受けてしまったあかねちゃん。入院した本人は、熱中症で倒れたと思い込む。フグオのことを「バンバン・ビガロ似」と言っているのが面白い。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎が感じたのは足首の違和感ではなく、これまでに感じたことのない四股の感触だった様子。身体を酷使しすぎて、余計な力が入っていない感じなのかな? そして、田上が稲虎に四股名を改めていたことも判明。どれくらいで、サウエでネタにされるのか。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
ルビは、紅を捜して田舎町へ。そこで出会った上尾アイさんに、おタエさんのことを説明する。これ、ほとんどルビの自制心頼みなんじゃないか。というところで、第3の紐の少女が登場。人間側の音無音子がいきなりルビにプロポーズする。全員が食欲というわけではないのかな?

・ハリガネサービス/荒達哉
『ヨシノ』と書かれたシューズが自分のものではないと言う扇。下平は家に帰ってから、親の話などでおおよそのことを把握する。家を訪ねて謝ろうとするが、バレークラブの時とは別の顔を見てしまうことに……。こういう展開を、読者が望んでいるのかどうか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
最終回。須堂は、中東風の寺院にいる中年男性に移植された、母親のコピー人格と会う。262Pからのモノローグが、かなり切ない。そして『AIの遺電子 RED QUEEN』と改題し、別チャンに移籍しての連載継続が発表されました。今回のような、外国での母親探しが中心となりそう。

・魔入りました!入間くん/西修
サリバンお爺ちゃんが取り調べを受けている最中も、入間は師団披露の準備を進める。それぞれのやりたいことから、花火を打ち上げることを企画する。本番では、各キャラの家族もポイントになりそう。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
大祐の部屋で勉強会をやることになるが、早々に千晶と鈴が離脱。ことね先輩と2人きりで、ビミョーな空気になってしまう。一回、鈴と結だけの話を描いてほしい。

・Gメン/小沢としお
ひさしぶりの兄弟の会話…とはならず、広樹が不満をブチまけ梅の話を聞こうとしない。そして、母親も呼び出そうとする。重い話が続くな。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
実は始まっていた、チョウソカベの天下取りへの道。しかし、ことごとく頓挫していく。ラストのセリフ的に今後は、現代と戦国時代のギャップを生かしたギャグっぽい内容になっていくのかな。

・JINBA/浦田カズヒロ
新潟2歳ステークスがスタート。ジンバは、負ければ馬肉にされるかもしれないクルルのことが気になってしまう。しかし、レースではいきなりクルルが飛び出す。サラは逃げ馬は潰れると予想しているが……。馬肉うんぬんも芝居だったりして。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
葵が、ついに幽霊を見ることのできる薬の開発に成功。ナナと久しぶりの会話を果たす。感動エピソードが2つ続いたけど、もしかして……。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
一度は倒された岩の虚人・ガロックだが、再び『黒いヤツ』を溜めたさなかの攻撃で粉々になる。血を使っているらしいこの攻撃、どれくらい使用できるものなのか? そして、いよいよ最上と激突する。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
HEIKE MC vs MC禅&サウエのビーフが勃発。バトル漫画さながらの、激しい攻防が繰り広げられる。個人的には、HEIKE MCのパートナーの女DJが大変好み。よっしゃしゃっす〆


・少年ラケット/掛丸翔
土壇場で解禁した左手の一打で、和久津を振り切りイチローが勝利。森原が準決勝進出を決める。そして、ヨルゲン&べるべると会ったイチローに過去の記憶の断片が蘇る。イチローの母・小霧も卓球選手であり、べるべる母、ヨルゲン母と一緒にプレーしていたことが判明する。いよいよ、クライマックスかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、帰省した時の話。母親の言動がどこかおかしい理由は……。働けと言われるのと、結婚しろと言われるの、どっちがマシなのか?








次号は『HOTEL R.I.P』と『疵面』の出張掲載が。




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/08/25(金) 15:56:31|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 38号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、ドラマで坂道を演じる小越勇輝さんです。






・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
新連載巻頭カラー。不治の病に侵された母親とアパートの一室で暮らす、ルビと紅の兄妹。様々なことをガマンしながら生活してきたが、もともと紅はガマンできない性格。そんなときに2人の前に、願いをかなえることのできる不思議な少女が姿を現す。母親を元気にしてもらうことをお願いするのだが……。紅はどこへ行ったのか? ルビとおタエさんの関係は?といったあたりは次回以降に説明されるか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
前門の花丸木、後門の小鉄。プール帰りに、全裸男子の挟み撃ちにあってしまうのり子。あの、服みたいなタオルは本当にあるのかな?

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。武蔵vs花山・最終章。花山が振りかぶったところを、武蔵の剣が襲う。背中、顔面に2度、そして再び背中。さすがに、これで決着か。

・弱虫ペダル/渡辺航
あらためて、最終日のコース解説。ゴール地点が、2172mの高所に設定されていることが説明される。そして総北は、黒田に指揮権が移った箱学のアタックの対応に、苦労する。さらに、御堂筋の影も迫っている様子。

・BEASTARS/板垣巴留
隕石祭当日。ルイの代役は、ジュノが務めることに。ステージからレゴシにアピールする。しばらくは、ハルを交えた三角関係の話になりそう。あと、ルイはもう戻ってこないんだろうな。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
お祭り回。迷子になった結を、大祐が探す。鈴と結の仲がいいのが、なんとも微笑ましい。あと、屋台にハンドスピナー屋があるのが、2017年。

・六道の悪女たち/中村勇志
次の関門は、朱井。因縁のある飯沼が向かっていくが、カウンターで倒されてしまう。もしや裏工作専門で、ケンカは弱いのでは?と思われた朱井だったが、徹底的に無駄をのぞいた省エネスタイルの強豪だった。ほかにも天乃、風乃、椰子谷が控えているわけで、どう考えても頭数が足りない。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
チョウソカベが森乃さんの家にお世話になっていることを知った夢見。自分の部屋に拉致し、ティッシュの空き箱で作った『メリエール城』に住まわせようとする。なんとなく、第1回以降あまり話が進んでいない気がする。そろそろ新キャラが欲しいところ。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
ヨガのやり過ぎで、身体が柔らかくなってしまったママ。今度は身体を固くしようとするが……。金属であろうビッグベルをも粉砕するとは……。

・囚人リク/瀬口忍
田中のウソを見抜いたレノマが制御室に乱入。事情を察知した後の、田中→内海と見開き2連発のパンチが素晴らしかった。そして、肝心の生体認証のシステムはリクが担当することを申しでる。そう簡単なものか?

・ハリガネサービス/荒達哉
漫画家が、バレークラブの取材に来る。その中でも、やはり扇の存在感は抜きんでていた。そして、下平の家に止まった扇は、練習にシューズを忘れてしまう。そこに書かれていた名前は……? 家に何らかの事情を抱えているのか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
空流親方の『一番でも長く土俵に立たせたい』という思いが語られる。体中、サポーターやテーピングだらけの鯉太郎だが、さらに足首に不安を抱えている様子。いっぽうの天雷は、万全の様子。さすがに負けるかな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ロナルドへの嫌がらせで事務所のエアコンを、ツクモ吸血鬼化させたドラルク。しかし、他の家電を巻き込んだクーデターを起こされてしまう。しかし、メビヤツは家電の括りで問題ないのか?

・魔入りました!入間くん/西修
魔界のトップどころが集まった会議が行われる。とりあえず、魔王不在を何とかしたい様子。しかし、その筆頭候補であるサリバンお爺ちゃんに、人間界への不正渡航の疑いがかけられてしまう。でも、アメリの父親が担当だから、その辺からなんとかなるかな。

・JINBA/浦田カズヒロ
ペルヴェールが、気性が荒すぎて去勢された馬だということが説明される。だからオカマキャラだったのね。そしてジンバは、同じ厩舎のメガネをかけた地味な馬・クルルと仲良くなる。しかし、ともに同じレースに出走することが明らかに。勝負に徹することができるかどうか?

・Gメン/小沢としお
梅が、バアちゃんに事情を聞く。「なぜ自分だけが残されたのか?」ということを聞いて、広樹は納得できるとも思えないが……。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
心霊スポットに来た佐上たち。そこでMC禅と遭遇し、ラップ現象を起こす。そして、怨霊のHEIKE MCが呼び起される。次回は、霊とラップ。よっしゃしゃっす〆


・AIの遺電子/山田胡瓜
須堂の病院は、瀬戸に譲られることに。リサは反発を覚えながらも、働きながら須堂を待つ決意をする。次回が、最終回とのこと。どんな結末になるのか?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
こまりが、神のパワーを発揮。1日限定で、ゆきちが人の言葉を話せるように。沙耶と一緒に遊ぶ。これまでと違って、とてもいい話だった。

・少年ラケット/掛丸翔
和久津が、持ち前の読みの鋭さを生かして、2ゲーム取り返す。イチローも勝負への執着心に触発され、必死に食らいついていく。今回は内容的に、激しい読みあいが行なわれていたはずなので、そのところをもうちょっと細かく描いてほしかった。そして、マッチポイントというタイミングで、イチローは温存してきた左手を解禁する。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
今度の敵は、岩の虚人。圧倒的なパワーと固さに苦戦するものの、さなかが『黒いヤツ』を使った新技をさく裂させる。でも、これは体への負担も大きそうだな。

・木曜日のフルット/石黒正数
謎の空間で、1人やることのない女性キャラ。これは、作者自身の経験談っぽい。








次号は、板垣巴留の読み切りが載ります。











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/08/18(金) 18:51:15|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 36+37号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『弱虫ペダル』です。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。山岳区間に入って、総北・箱学両校の陣容紹介といったところ。やっぱり、泉田の役割が気になる。あと箱学は、誰がアシスト役でもエース役でもこなせそうなのがスゴイ。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。サラシを巻いていたことで九死に一生を得た花山は、新しく巻きなおす。そして、突如現れた刃牙が酒を吹きかける。武蔵のダメージも大きいようで、次の一撃で決まるのか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
青田くんとドゥーさんをメインにした人形回。しかし、第3の人形が……。新キャラ・ドニーのデザインが気持ち悪すぎる。

・BEASTARS/板垣巴留
病床のレゴシに対するアプローチ。そしてハルへの駆け引きという、ジュノメインの回。こういう場面でも、肉食草食の差がでてくるのか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
父親のヨーヨー回。ビッグベルのラストのツッコミがイイ。この作品で的確なツッコミが入るのは、意外と珍しいのでは?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
海に来たふし研メンバー。当然のごとくついてきた高浜さんが、はじめてスイカ割りすることに。さすが、歩く不健全。

・六道の悪女たち/中村勇志
センターカラー。幼田vs般東。真っ向勝負のパワー対決。投げ飛ばす → すぐに帰ってきて反撃の見開きが素晴らしい。勝敗を分けたのは、童子にすがっていた般堂と、六道を信頼している幼田のメンタルの差といったところか。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
今回は、森乃さんと、チョウカベが出会ったときの回想。まずは学校のトップを目指すのか、それとも他にも昆虫武将がいるのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
下平がバレーチームに加入し、1年が経過。他のチームとの対抗戦でもサーブで活躍するが、やはり扇のプレーが際立っていた。小学生だと、ローテーションしないのか。

・魔入りました!入間くん/西修
使い魔の授業。入間も嫌々ながら、カエルゴ先生を召喚する。使い魔のファルファルと戯れているときのクララの表情が面白い。

・JINBA/浦田カズヒロ
テンプリンスのレースを視察するため、函館に来たジンバ&サラ。しかし、そこでペルヴェールという馬の圧倒的な逃げを見ることに。オカマの馬か。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
前日負傷した肩を、テーピングでガチガチに固めて出場しようとした松明だが、空流親方に「どうすんだ?」と聞かれて、欠場を決める。その理由となる回想へ。ここは、親方最後の見せ場みたいな感じかな。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
夏まつり回。もともと猫神を祀るためのものだったこともあり、こまりがはしゃぎまくる。とりあえず葵は、八墓村スタイルを辞めて正解。

・囚人リク/瀬口忍
油圧制御システムを破壊するための操作には、生体認証が必要。そのことに気づいた内海が、自らその役目を担おうとする。単に田中が貧血でフラフラだと思ったリク&レノマが援軍に来る。この展開の前にリクが、ただのモブ兵士ですら死ぬのを嫌がったのが、どう効いてくるのか。

・クラスメイツ/木佐貫卓
読み切り。完璧な注意を払って、学生の本分である勉強にまい進する主人公の草間。図書室で宿題をしようというところに、クラスのマドンナ平山さんが来て、いろいろと惑わされることに。草間の空回りっぷりが良かった。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼化してしまった海の家からの依頼で、バイトすることになったロナ&ドラ。持ち前のスキルを生かし、移転費用を稼ぐ。これから金銭問題は、だいだい金久祖さんで解決できそう。

・Gメン/小沢としお
勝太たちと金狼会が一触即発状態になるが、ひとまずはケンカにはならず。一方梅は、兄の変わりぶりにショックを受ける。おそらくタイマンでは勝負にならず、誤って許されるもんでもないだろうし、オバアちゃんあたりがカギになるかな。

・音速ノロノロ/吉野宗助
2週連続読み切り、2週目。お父さんがヒーローみたいになるヤツが良かった。ちょっと10回クイズネタで引っ張りすぎたかも。

・AIの遺電子/山田胡瓜
須堂とリサの出会い、そして病院で働くことになった経緯が語られる。本当に、このままお別れなのかな。そして須堂は、モッガディートとつながりのある人物から『命を奪う技術』を習おうとしている様子。だいぶテイストが変わって来たな。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
ウロガミ教のアジトに来た知理たち。擬態する能力を持つ門番役の虚人を、比嘉の犠牲で倒す。丸井が負傷し、海老ヶ瀬も残ることに。一気にメンバーを削って来たな。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
夏祭りでビーフが勃発。極道ラッパーのMC極美とサウエが、ラップで対決することに。露店でキャプテンEUのお面が売られているのが、地味に面白い。よっしゃしゃっす〆


・少年ラケット/掛丸翔
痛みが走った左手を封印することになったイチロー。しかし、ここまで地味に鍛えていた右手首を解放する。いくら特訓とはいえ15086回も混ぜたら、納豆の粒が破壊されていそう。そして、ゲーム中にモノにした右でのチキータを武器に、第2ゲームも取る。でも、和久津的には想定内の様子。ここから本領発揮ということか。

・木曜日のフルット/石黒正数
新猫が登場。やけにフルットと仲がいいと思ったら……。1ページ目の4コマ目と2ページ目の2コマ目がヒントなんだな。







合併号なので、発売は次々週。天山まやの新連載がスタートします。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/08/04(金) 16:16:55|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad