晴耕雨マンガ

6月は『トクサツガガガ』『映像研には手を出すな!』『ゴールデンカムイ』。

週刊少年チャンピオン 24号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は、フェニックス一輝さんです。





・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
シリーズ再開巻頭カラー。ギャラクシアン・エクスプロージョンで体がバラバラになったオデッセウスだが、自分で自分を蘇生させる。ここは、アナザー・ディメンションを使ったほうが正解だったか。そして次は巨蟹宮。はじめはシッポを振ろうとしたデストールだが『アテナを殺す』という目的を知り、態度を一変する。球体を解くのは、いつ以来だ?

・弱虫ペダル/渡辺航
限界が近い鳴子にとって、高速のダウンヒルはギリギリの走り。そこに、箱学が迫って来る。なんとなく、岸神と新開弟の攻防は描かれないままレースが終わりそう。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
いつも甘いものを食べ、甘い考えのフグオ。激辛カレーパンを食べたことで、トークも辛口になる。あかねちゃんだけでなく、中田さんもスマホを持つ時代か。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
今回の一件の黒幕が、ナンバー4の川村膳治であることが明らかになる。というタイミングで、連載終了。刃牙道の終わりから、小説版刃牙開始までのつなぎという立場なんだろうけど、だったら新人の短期連載のほうが良かった。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
センターカラー。いよいよ十三日目の取組前。支度部屋で準備を整える様子が描かれる。いつも以上に気合が入った様子の、大吉が印象的だった。

・BEASTARS/板垣巴留
被害者と加害者である、キビとタオが和解。その話を聞き、自分も見舞いに行こうと言うリズに、レゴシが切れる。ピナとの会話で、自分なりの解決への方向性を見いだせた様子。河原で殴り合うの?

・ハリガネサービス/荒達哉
野々原のネットインサーブに羽座川は反応していたが、声の連係ができておらずアレクセイが触ってしまい、アウトに。豊瀬が1セットをもぎ取る。そして、第4セットのスタートから、下平がコートに戻る。ここからが本当の勝負どころか。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
センターカラー。今度は潮井&紗雪のコンビが、別の管理人(拾肆?)を倒す。小雨&清春は戦闘向きではないので、次あたりは彩&奴村かな。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
料理の話。3本目のオチのクオーツ先生が、いままでにないタッチで描かれていて、衝撃的。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
結が鈴の家に遊びに来ることに。しかし、部屋は呪いのグッズであふれていた……。っていうか、家族はあの部屋のことをどう思っているのか?

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
センターカラー。リーチの回想。および地獄の概要と、敵となる『帝国』の説明。『シケモク』だけに、メンバーはタバコの銘柄で呼び合っていたわけか。

・ヒマワリ/平川哲弘
フウライから嫌味を言われても下働きしていても、ステージに立ったことでルミエール(仮)たちは、充実感を感じていた。多央がアイドルを目指す動機が語られたけど、名古屋に母親がいるってことなのかな?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
遊園地をカオスに叩き落している吸血鬼・アベックにく美の要求を飲んで、デートすることになるロナルドと半田。にく美は、身なりを整えたら美人系かと思ったら、そういう演出はナシか。半分くらいは「グルグルドーン」って言いたかっただけだと思う。

・六道の悪女たち/中村勇志
最強のボディガードを得た仁は、目的地に到着。しかし追いついた六道を見て、乱奈は態度を一変させる。名残が立ち向かう形になるが、正直なところ互角に戦えるとも思えない。

・週刊少年ハチ/増田英二
港での半田さんとのやり取り。ここはミケとも夜通し語った場所だし、ハチにとって重要になってくるか。そして、猫動画で、好反響を得る班が出現。やっぱりマンガじゃなくてもOKなのか。

・ロロッロ!/桜井のりお
ちとせと違って、SNSは充実している戌井。自画像の投稿で好反響を得るが、クレームをつけてくるアカウントが……。『みっちゃん保育倶楽部』か。業が深そう。

・魔入りました!入間くん/西修
入間が生徒会から推薦状をもらい、残すはカエルゴ先生のみに。ここは、元に戻った入間が頭を下げて……って感じかな?

・マウンドの太陽/水森崇史
今回は、試合前のキャラ紹介&スタメン発表といったところ。太陽は8番レフト。
蒼大浦和  紅城 
柴田 1 津曲 遊
犬井 2 烏丸 中
結城 3 八木 二
片瀬 4 阪田 一
平子 5 月本 捕
狩野 6 小堀 三
綱島 7 泉  投
本庄 8 陽原 左
藤吉 9 光田 右
蒼大浦和のほうは、表記ミスでポジション分からず。藤吉の投手だけが確定か。

・開田さんの怪談/木々津克久
ホラー映画を見て耐性をつけた生瀬君だったが、またもや開田さんの話にやられることに。これまでの木々津作品は、真相を突き止めたり解決することが主だったから、やっぱり話すだけだと少し物足りなく感じてしまう。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
チョウソカベを狙う、謎のガンマンが。結果オーライだけど、これは貴重な戦力を得たのでは。っていうか、サイカマゴイチは何の虫なんですかね?

・木曜日のフルット/石黒正数
武術の達人に、ある事象の理由を教えてもらう、頼子の姉の朝子さん。苗字は甲賀か。








次号から、小説版の刃牙外伝がスタート。八音橋ナオキの読み切りも載ります。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/05/10(木) 18:49:27|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 22+23号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、モーニング娘。'18のみなさんです。





・BEASTARS/板垣巴留
巻頭カラー。手塚治虫文化賞新生賞も受賞し、すっかり雑誌の看板の風格。本編では、ルイが裏市のもうひとつの側面を目の当たりにする。こういう風に草食・肉食の立場が逆転するとはね。イブキは、すっかり頼れる右腕のポジションに。

・弱虫ペダル/渡辺航
今泉&坂道に追いついた鳴子。この3人でのやり取りが、なんだか微笑ましい。でも、これが最後の平和なシーンかな。後方からは黒田&真波、そして御堂筋が迫るが、鳴子の限界は近い様子。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
ナンバー2の池鳶が黒幕ではと考えた刑事の岡本だが、あの顔面分断オジサンに殺されてしまう。今回の騒動を引き起こしているのは、大掛かりな組織なのか? 犯人を追って富士山付近まで走っていった花山も相当だが、そこにバイクで駆けつける柴もそれなりだと思う。

・魔入りました!入間くん/西修
センターカラー。吸死とのコラボトビラ。順調に教師からサインをもらっていく、問題児クラス。残り12人となり、ここからが正念場の様子。しかし、フルカスと紹介した次のコマで「モラクス様」と間違った名前を呼ばせるミスはどうにかならなかったのか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
身体測定回。それぞれが張り合っているようでいて、実は気にしていた項目が違っていたというのが良かった。勝者は千晶だけか。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
切断されても、増殖する捌。滝口が本体を見つけ出し、雫芽が仕留めることに成功する。弐は人間だったけど、捌はそうじゃないんだな。

・ロロッロ!/桜井のりお
ロボ研の机の上で、堂々と寝る林田さん。小堀が対応に苦慮する。数話前に鍛えた腹筋が、いまだにバッキバキなのが面白い。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。入間とのコラボトビラ。自分の特徴(性癖)が見つからないという吸血鬼の相談に乗ることに。こうやって見ると、ホントに変態しかいないな。靴下コレクションが、ただの人間というのがシンプルにヤバイ。そして、今回も吉田輝和さんが登場。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
野球の話。この世界観で、家の窓にボールが直撃するっていうのは、天文学的な確率じゃないかホントは。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
しゃっくりが止まらないのり子。小鉄がビックリさせて止めようとする。1回アオリと『次号につづく』を入れておいてから、もうひと展開あるのが良かった。

・六道の悪女たち/中村勇志
ミナミは街中に散らばる債権者たちを利用して、仁たちの居場所を特定する。借金ゾンビたちに行く手を阻まれた乱奈はタクシーを降り、サービスの飴玉をを弾丸のように飛ばして排除していく。『仕事を遂行する』ため本気になった乱奈が、ここまでヤバいとは。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
はじめは冷たい対応の住人達だったが、元看護師の女性の行動をキッカケに態度を和らげる。そして話は、リーチとセッタが『シケモク』というオルタナティブ集団にいたときの過去編になる様子。

・ヒマワリ/平川哲弘
フウライのデビューキャンペーンがスタート。バックダンサーのほかに雑用もこなすルミエール(仮)たち。櫻田や広瀬は、蓮の踊りから何かを感じ取っている様子。ゴールドの追加メンバーって線もなくはないのか。

・週刊少年ハチ/増田英二
半田さんのイラストは200以上のいいねをゲット。それに対するハチのリアクションで、またドギマギすることに。さらに、本屋でもハチ合わせしてしまう。すっかり正ヒロインの雰囲気。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎を見捨てる形になった母親と、居場所になろうと誓った椿との対比という感じか。そして2人は国技館に向かうことに。

・マウンドの太陽/水森崇史
泉がまさかのスカウト成功で、1年生を2人連れてくる。これでメンバーがそろったということで、試合に向けて練習に励む。しかし、当日にその2人が欠場することが発覚。急遽、マナ姉が代役を買って出ることに。実力はあるわけだし、公式試合じゃないからバレても問題ないだろうし。

・ハリガネサービス/荒達哉
久場の手は、もう限界。野々原は「あと2点」で決めると宣言する。ブロック脇を打ち抜くスパイクを決めた後のサーブでは、下平を真似たネットインサーブを敢行する。これで、決められるか?

・開田さんの怪談/木々津克久
連休明け。ちょっとした自慢話をしようとする生瀬君だったが、やっぱり開田さんの怪談を聞くことに。開田さんが行った旅行のメンバーに、石黒先生みたいな人がいるのはなんでなんですかね?

・謀略のパンツァー/古田朋大
読み切り。2年も善行を積み、生徒会長として絶大な信頼を集める真澄。彼の目的はたった一つのことだった。計画のために費やした労力と、得られるはずだった成果のギャップの大きさが面白すぎる。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
相談があるというアシカが獏の家を訪問する。森乃さん狙いではないにしても、そこに矢印を伸ばすか。

・木曜日のフルット/石黒正数
現代版・王様の耳はロバの耳。何度かバズった経験のある石黒先生ならではの話っていう感じ。








次号から、聖闘士星矢の連載が再開。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/26(木) 18:18:56|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 21号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は鳴子章吉さんと、花山薫さんです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。残り少ない登り区間に勝負をかけ、猛加速する真波。しかし先頭の2人は、さらに先を行っていた。ということで勝負は鳴子の勝利。やっぱり、なにかペナルティを設定しておけばよかったんだ。鳴子は、かなり足を削られてしまった様子。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
花見本番。平塚さんの歓迎会も兼ねているので、ふし研メンバーとの本格的な顔合わせといった感じ。美少女なのもバレたし、恋愛方面?でゴチャゴチャするのかな。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
センターカラー。花山組も傘下に収まる組織の大親分とナンバー5が、何者かの襲撃を受けて死亡。ナンバー2も体調不良を理由に引退を考えており、いきなり屋台骨がグラつく事態に。

・BEASTARS/板垣巴留
草食・肉食共存ムードで盛り上がるなか、ジュノは別学賛成派だった。そんなモヤモヤした気持ちを抱えた状態でレゴシとハルを目撃して、さらに心がかき乱されてしまう。ルイのことを言ったのは、せめてもの抵抗か。

・ロロッロ!/桜井のりお
美術部で校外写生をすることに。外でも裸になろうとする高嶺さんを、なんとか部長が阻止しようとするが、まさかポリスの妹だったとは。コレ、絶対本名が判明しないパターンじゃん。

・六道の悪女たち/中村勇志
センターカラー。バイトが決まらない乱奈は、強引にタクシーを奪ってドライバーに扮していた。そこに運悪く乗ってしまったのが、仁&名残というわけか。乱奈はパトカーを振り切り、白バイ姿を復活させた莇美もあっさりと排除してしまう。これ、あくまでも仕事を全うしようとしているだけなのが、余計に厄介だな。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
彩編の出来事を、ニュースやワイドショーを通じて振り返る構成。そして、ラストでは雫芽が捌を倒す。そろそろ2つのストーリーが合流するかな。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
食事の話。この世界、普通の食事というものがあるのかどうか?

・週刊少年ハチ/増田英二
センターカラー。ハチとのやり取りを経て、半田さんがイラストを投稿。すぐさま『いいね!』を受け取る。ハチに対する感情も変化し、こうなってくるとミャーコの存在はいらなかったのでは?という気がしてくる。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
土井津家で、謎のリモコンが発見される。さっそくボタンを押してみると、反応したのは? 勇子ちゃんは途中で帰ったけど、中田さんは分かった上でつき合っているんだな。

・ヒマワリ/平川哲弘
ルミエール(仮)は、フウライのバックダンサーを務めることに。しっかり練習し、振り付けを合わせることになるのだが……。メンバーに大人の対応をできそうなヤツがいないのが心配だな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
前回登場した女性は、鯉太郎の実母だった。しかし、今さら顔を見せたことにマコ姉が怒りをぶつける。椿が例の場所でフォローするが、たぶん、このまま国技館にも行くんだろうな。これが猛虎戦の裏テーマか。

・魔入りました!入間くん/西修
ジャズが能力を使ってカエルゴ先生から盗んだ手帳を使って、モモノキ先生からサインをもらう。『問題児クラス』がただの落ちこぼれではなく、危険な『元祖帰り』の可能性のある悪魔たちという設定が、なかなか良かった。

・ハリガネサービス/荒達哉
駿天堂が野々原を気にしすぎたこと+金田と家守の活躍で、豊瀬がセットポイントになるが、すぐに再びデュースに戻される。というところで、久場の手が限界に。ここで交代できるのか?

・マウンドの太陽/水森崇史
部員勧誘をしようとしても、先代監督の悪評もあり上手くいかない。そしてタイヨーらは、泉と衝突し部を辞めた八木・ジャスティン・聖人と出会う。彼に部に戻ってきてもらうために、強豪校と練習試合をすることに。しかし、あの天狗面の女子は何者なんだ?

・開田さんの怪談/木々津克久
登下校の最中、何者かの視線を気にする開田さん。その理由を生瀬君に聞かせる。やっぱり100%実話というわけではないんだな。でも、全部が作り話ってわけでもないだろうしな。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
地下の人=セッタが、今回の目的だったグユルが造った生物兵器と判明。圧倒的な強さで鬼を倒す彼が仲間になれば確かに強力だが……。ジュノアと出会う前の、リーチの相棒ということか。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
モウリに血を抜かれたコマ姫が高熱を出してしまう。同じく体調最悪のチョウソカベだが、危険にさらしてしまったことを悔いて、身体に良い物を手に入れようとする。三途の川?でのモガミとの再会シーンが独特で良かった。

・幼なじみは全知全能/山本アヒル
読み切り。ふとしたことから、全知全能の存在(目が3つ、手が4本)になってしまったカナミちゃん。幼なじみのフユヒコくんにあるひと言を言わせようと、能力を存分に振るう。目標とやっていることのスケールのギャップが大きすぎて最高。絵柄も向上しているし、次回作に期待大です。

・木曜日のフルット/石黒正数
テレビで観たワニに、おびえるフルット。バッグ・マーティの元ネタが気になる。







次号は、古田朋大の読み切りが載ります。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/19(木) 19:43:42|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:2

週刊少年チャンピオン 20号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は疵面です。





・魔法少女サイト/佐藤健太郎
巻頭カラー。アニメの情報も盛りだくさん。本編は、漆から『さつりく帳』を託された潮井梨ナが魔法少女狩りをするというもの。これで彩編の前半ぐらいまで時系列が追いついたことになるのか。

・弱虫ペダル/渡辺航
鳴子vs真波。登りでは、純粋なクライマーの真波が有利。しかし、読み違いがあった。ゴールである先頭(坂道&今泉)が想定よりも先に行っていたことによって、平坦での勝負を迫られることに。ここは、鳴子の作戦勝ちになるのか?

・BEASTARS/板垣巴留
突然の休校ののち、チェリートン学園が肉食と草食で別学化することが発表される。それに伴い、種族合同の部活動も廃止されることになるのだが……。これを受けて、レゴシはどう動くのか? それから、一コマだけ描かれているリズが不気味。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
連載再開。かつて花山を狙った組織の男が訪ねてくる。その目的は? 内容そのまま、リスタートに際するご挨拶回といったところか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
熱烈キッスの一日をリポートする。普通にOLとして働いていることよりも、吉田輝和さんがこんなにも多く登場していることのほうが驚き。

・六道の悪女たち/中村勇志
金を失い傷心のミナミを見た六道は、ともに取り返すことを約束する。そして仁の正体が『闇金ハンター』と発覚。しかし、名残とともに乗ったタクシーの運転手が……。このシリーズ、ずっと蚊帳の外だったけど、こういう形で登場するとは。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
高橋さんと日直をすることになった、あみだ君の受難。最後のネタで喰われているのがビッグベルかと思った。

・ヒマワリ/平川哲弘
見事に3人で峰崎らを返り討ちにした蓮たち。これで多央との間のわだかまりも解消されたか。柊木も何らかの形で再登場していただきたい。

・マウンドの太陽/水森崇史
月本のヒットで紅白戦は引き分けに。そして、泉らも光太郎に影響を受けていたことが明らかになる。これで一致団結して野球部がスタートするかと思われたが、部員が7人しかいないことが発覚。まずはメンバー集めというわけか。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
裕太の保育園でのお友達、論ちゃん&翔子ちゃんのサイレントバトル。このままセミレギュラー化するのか?

・ロロッロ!/桜井のりお
身体測定。ロボットだけど、イチカが痩せようと頑張る。地味に、腹筋が6つに割れた林田さんが面白い。

・ハリガネサービス/荒達哉
梧塔のスパイクによって、久場が指を骨折。よって得点が取り消されることに。ただ、ここでの交代できない理由がよく分からなかった。リベロ以外は、同じセットでは一度下がったらコートに戻れないってことなのか? そして野々原の活躍で同点に追いつくことに成功!

・魔入りました!入間くん/西修
引き続き悪周期モードの入間は、カルエゴ先生に教室を、かつて魔王が使用したとされる『王の教室』ロイヤル・ワンに移動させることを要求する。教師攻略と同時に、クラスメイト活躍展開ということか。

・週刊少年ハチ/増田英二
半田さんの素顔&過去の一部が明らかに。彼女が辛い思い出を乗り越えてイラストを投稿 → 昔のファンがリアクションしてくれる。っていう流れかな。っていうかハチは、いい加減にノートに描くのをやめろよ。

・開田さんの怪談/木々津克久
恋愛ゲームで、開田さんそっくりのキャラを作った生瀬君。そんなときにAI版貞子のような話をする開田さん。どれくらいがリアルでどれくらいがフェイクなんだろうか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
花見の場所取りを買って出た鈴。大祐が心配になって様子を見に行くと……。草むらを見に行って、戻ってくるところがカワイイ。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
斉藤家に、1本の電話が。そして、謎の女性が空流部屋を訪ねてくる。これは医者がチェックに来たとかかな?

・タナベと先輩/川地和樹
読み切り。先輩の戸羽崎君と後輩のタナベさんのちょっと変わったラブストーリーをオムニバスで描く。強気女子が男子をからかうというのは最近の流行りだからいいとして、各エピソード頭に1ページ扉を挟む構成はどうかと思った。でも、ラストで攻守逆転する展開が良い。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
利壱はアスキだけでなくジュノアもスルーして地下へ。しかし、地下にいた人はジュノアの戦場に乱入し、さらにアスキの前にも現れる。なんか、味方っていう雰囲気じゃないな。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
モウリの願いは『息子たちの不幸を自分が引き受けること』。それにチョウソカベがひと言モノ申す。これで、東北・中国・四国は抑えたので、次は九州あたりか。あと、チョウソカベのセリフ的に息子の誰かがオダ側についていそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
春特有の不安感に襲われた鯨井先輩が、断捨離を慣行。でも、なぜか仏壇をゲットすることに。夏のカッパ同様、春の風物詩だな。







次号は、山本アヒルの読み切りが掲載。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/12(木) 18:40:03|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 19号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道です。





・刃牙道/板垣恵介
最終回巻頭カラー。でも、刃牙はじめ主要キャラは一切登場せず、力士は本当に強いのか? 相撲という競技の優位性は? みたいな話に。これが次のシリーズのテーマということか。

・BEASTARS/板垣巴留
リズ回想編。大型のクマ科が飲むことを義務化されている薬(筋力を低下させる)の副作用に苦しむリズは、テムの何気ないひと言で救われた気持ちになる。第1話と合わせて読むと、なかなか面白い。しかし、あれだけの食殺現場だと、バレずに返り血の処理をするのは大変だったろうな。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
花夜と酒木が自殺したというニュースが。それを受けての周囲の反応。これは、ステッキの能力で死体を偽造したってことかな。そして、テンペストの内容の一端も明らかに。ステッキを使わなければテンペストを回避できないけど、使いすぎると死んじゃうしな。

・魔法少女サイト Sept/佐藤健太郎&宗我部としのり
出張連載最終回。なのかは、加害者のジイさんを殺すのではなく、寝たきりのバアさんのほうを殺してしまう。まったく救いがないし、どうしたらいいものか。

・弱虫ペダル/渡辺航
鳴子と真波の駆け引き。そして『先頭に並ぶまで』をゴールにした勝負することに。鳴子のほうは負けた場合のペナルティを宣言したけど、真波のほうもなにか設定しないとな。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
理科準備室を出禁になってしまった、平塚さん。道具を持ち出すのを大祐が手伝った流れで、ふし研に仮入部することに。メガネも外したし、登場頻度が増えるかな。

・開田さんの怪談/木々津克久
新連載センターカラー。11号に掲載された読み切りが連載化。今回は、ハイスペック人間の表情豊かなマユが、次第にカリスマ性を帯びていくという内容。やっぱり、怪談パートの演出がちょっと気になる。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
バーチャルユーチューバーの話。作者がのじゃロリ推しなのか、他の人だとあるめちゃんとカブってしまう可能性があるからなのか。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
前話からの続きで、留守番することになった小鉄たち。桜が料理を作ろうとすると、なぜか仁やのり子たちが遊びに来る。ノムさんだけ、ドンブリでカレーを食べている。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
猛虎が強さを追い求め、部屋の中心になっていく過程が描かれる。しかし、虎城親方は教えるのが下手くそすぎるだろ。テレビの解説をやっているのに。

・ロロッロ!/桜井のりお
『折ったら退学』と噂のある桜の枝を折ってしまったイチカが、必死にちとせから隠そうとする。林田さんの存在、正直ちょっと忘れてた。

・週刊少年ハチ/増田英二
今回は、ツイッダーの仕組みの説明がほとんど。猪原さんの発案でリレーマンガを投稿してみる。単にいいね!を稼ぐだけなら、ミケとかアリスに頭を下げればいいんだろうけど、そうはしないだろうな。

・六道の悪女たち/中村勇志
六道と顔を合わせたミナミは、即座に事情を理解し退散する。そして、木嶋製作所から手を引くことを仁らに告げる。はじめは反対した仁も納得したかに思われたが……。今度はミナミの金を取り戻す形になるか。となると、敵はバックについているであろう『桜さん』という人物か。

・ヒマワリ/平川哲弘
オミが語る、柊木の事情。そして、ケンカが劣勢に追い込まれたところで、蓮が助っ人に駆け付ける。まぁ勝つだろうけど、これが会社にバレたらやばいよな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ナギリとカンタロウが、爆弾魔の吸血鬼を追うことに。解除方法としては、トランスポーター2と同じような感じだな。

・マウンドの太陽/水森崇史
阪田のポテンヒットで、3年チームがリード。自身の考えを悔いた月本がバットで取り返す。太陽&小堀にあえてスイングをさせなかったり、ヒット1本でもいちいち理屈が通っているのがいい。

・魔入りました!入間くん/西修
様々なことがあって疲れてしまった入間に、アリさんがお節介をする。通常バージョンよりも悪周期バージョンのほうが、キャラとして魅力的に見えるのは問題ないのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
家守や野々原らの活躍で2点差まで迫るものの、梧塔の一撃が決まり駿天堂が勝利する。掲載順的に、このままシメに入るのか、全国編に続いていくのか?

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
分断されたものの、ひとまずは利壱が2体を仕留める。地下の人間もあっさりと鬼を倒したし、相変わらず展開が速い。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
チョウソカベvsモウリ。大逆転でチョウソカベが勝利する。耳栓がカギになったけど、テントウムシの耳はどこにあるのか?

・木曜日のフルット/石黒正数
ブロンとウッドロウが修行に使っていた、気になる木の話。今回は、木以外の背景がないし、コントっぽい雰囲気。






次号から、疵面の連載がスタート。川地和樹の読み切りも載ります。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/05(木) 19:54:35|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad