晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

週刊少年チャンピオン 50号の感想



チャンピオンの感想です。表紙、グラビア、ポスターはAKB48の入山杏奈さん。電子版の表紙は、今週も『六道の悪女たち』です。


・六道の悪女たち/中村勇志
2週連続巻頭カラー2週目。莇美さんが鬼島連合に狙われていることを、六道は飯沼らに相談する。そして、このことを本人に伝えるために、あえて夜の街を爆走する。そして、莇美さんが白バイ警官を神聖視するようになったキッカケも描かれる。次回は、鬼島連合とのバトルか。

・弱虫ペダル/渡辺航
3日目のレース直前、浦久保がさっそく仕掛けてくる。わざと落としたボトルを青八木に拾わせる。と思いきや、本当の狙いは鏑木のほうだった模様。すでに、戦いは始まっているということか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸対の仮眠室で、ヒヨシと吸血鬼・熱烈キッスが同衾するという事案が発生。吸対メンバーで真相を推理する。ヒナイチが電話対応しているのって、地味にレアだと思う。あと、メビヤツを連れて来たカワイ子ちゃんは、誰なんです?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
父親に連れられて、釣りに行くことになったチャイム姉弟。当然、常識的な釣りとは違うのだが、そもそも池が小さすぎる。

・BEASTARS/板垣巴留
センターカラー。新歓公演を目前にして、練習に熱が入る演劇部。しかし、部員たちは様々に訳アリの過去を持ち、顧問にスカウトされて入部していたことが明らかになる。レゴシ、ルイはどんな秘密を持っているのか? あと『肉食メスクラブ』の語感の良さ。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
勇子ちゃんだけでなく、涙、のり子、仁、あかねちゃんも転校生だということを思い出した小鉄が、それ以前のことを回想する。フグオが切れやすかったり、本田スカイウォーカーがいたり、絵柄は現在のものなのに懐かしい感じ。

・刃牙道/板垣恵介
勝負は決まったものの、武蔵の戦いぶりがあくまでも『鍛錬』の延長線上だったと、本部は語る。ただ、この後どういう展開になるのか? 改めて刃牙が武蔵に挑戦するのか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
風紀委員の高浜麗子さんが登場。ふし研部室を調べるが、自分の妄想癖をさらすことに。太ももにノリをつけることの、どこが不健全だというのか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
一球のタッチが早く、京都の勝利。スターズとの決勝にコマを進める。ホークス側は秋山監督以外のドリーム選手たちの感想が無かったので、ちょっとあっさりとした幕切れという印象。そして、山田の肩が治らなかったことから、武蔵坊にスターズ入りの可能性が。っていうか『あぶさん』たちが、スターズ入りするんでしょ?

・囚人リク/瀬口忍
レノマは、常識がブッ飛んだ沢田を連れたまま、リクたちと合流していいものか悩む。どうやら、戦って奪ったものは全身に仕込まれた武器の様子。ということは、幼児退行は負けたショックからということか?

・ハリガネサービス/荒達哉
桐城戦がスタート。まずは、鯨川のアタックを大船がブロックするという幸先の良い滑り出し。連戦であること、野々原がいないことが、どういう影響を及ぼすのか?

・永遠の一手 ~2030年、異次元サイバースペース~/伊藤智義&松島幸太朗
特別読み切り前編。翔子は、祖父の康晴とともに内閣府に呼ばれる。様々な物がネットワークでつながった世界で、総理の乗った車をロストしてしまうという緊急事態に。翔子が、この問題をどうやって解決するのか? 転校してきた天才児・アラン・シャノン君が黒幕なのかな?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
天鳳vs白水。対戦前のそれぞれの気持ち。白水は、空流親方や鯉太郎たちにイイところを見せようと、気合が入りすぎている様子。2連続で瞬殺ということはないと思うけど。

・実は私は/増田英二
単身突入した白神さん。『阿呆三竦みの法則』発動により、白雪さんの本心を聞き出すことに成功する。彼女もまた、人間と人外が共に暮らせる世の中を夢見ていた時期があったのか。中盤以降は、ずっとシリアス。

・少年ラケット/掛丸翔
佐々木は出来得る限りの手を使って攻めるが、試合を制したのはヨルゲン。レギュラー入りを決める。そして、ひさしぶりにイチローと再会する。なんか『第一章 完』となっても、おかしくない雰囲気。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
芸術の秋ということで、お絵かき大会をする。雪子が夢の中で実際に猫の霊?と会話していたとは。スコティッシュフォールドなので、効果音が『スコー』なのがカワイイ。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
ドーサとの連係から、見事に那由多がアイスマンを破壊する。超振動で氷を叩き割ったっていう感じかな。次回は、ベテランたちに撃破方法を説明する感じか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
リサに誘われてハイキングに来たものの、リフトを使って頂上を目指す須堂。怒りながら山道を進むリサが出会ったのは……。意外と須堂は、病院以外の仕事というかボランティアにも積極的なんだよな。

・Gメン/小沢としお
『実録警察24時』的な番組の撮影に、勝太たちが出くわす。中年警官の空回り的な行動に振り回されるが……。薙にスポットが当たったのは、はじめてかな。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
原理勇者は、自分のことを愛さないもの愛さない世界を許さないという行動理念で、いくつもの世界を滅ぼしていた。九ノ島を殺し『ユグドラシルの剪定』を完成させようとするが、そのとき各地で反乱がおこる。ところが、フィオが目を覚ました世界は……。メガネがカギになるのかな?

・あ~そぼっ!/かわのゆうき
2週連続掲載の2週目。今回は、豆子と都で川遊びに行く。ザリガニを釣ったり、大根をスイーツにしたりする。今回は遊びだけでなく、田舎の生活全般が描かれた感じ。3度目の登場を期待したいです。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
融合翠&No.64vsビリジアン備後の激しいバトル。電撃で融合を緩めてから、15回転フランケンシュタイナーでとどめを刺す。これで決着ということになるのかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
ひさしぶりに登場したアート女子が、土手の茂みに潜むノラ猫を写真に撮ろうとする。戦利品のパン。左のヤツにはタマネギが入っているっぽい。






次号は『永遠の一手』の特別編2話目が掲載されます。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/11/11(金) 15:38:22|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 49号の感想



チャンピオンの感想です。表紙、グラビア、ポスターは乃木坂46の橋本奈々未さん。電子版の表紙は『六道の悪女たち』です。




・六道の悪女たち/中村勇志
2週連続巻頭カラー1週目。六道がゲロゲロしてしまうほどのドライブをした莇美さんだったが、ケガを手当てをしてもらっただけでイチコロ。六道専属運転手を申しでる。というところで、彼女のことを捜している鬼島連合の男と六道が遭遇してしまう。莇美さんの悪女具合がよく分からなかったけど、もしかして元鬼島連合とかか?

・弱虫ペダル/渡辺航
3日目のレースが始まる前に、気持ちを新たに気合を入れる箱学と総北。というところで、今年も広島呉南が暗躍する様子。エースの浦久保の髪形は、くせ毛と考えていいのか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
唐突に大鉄が「タバコに飽きた」と言いだし、禁煙を宣言する。というワケで、家中に隠したタバコを処分しようとするが……。これ、本気で吸わなくなるのかな?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
ゴキブリ退治することになったチャイム姉弟。リンガベルが、怒りの記号を取り戻している。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。一瞬の隙を突き、本部がタックルからマウントを取る。頭突き連打から、残った左腕と口を使った裸締めを極める。そして、まさかの勝負アリ。今後どうするんだ? 刃牙の武蔵とのリターンマッチはあるのか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
夜の学校を探検することになった、ふし研の4人。ことね先輩は冷静に解説するが……。そろそろ、新キャラの投入がほしいところ。

・囚人リク/瀬口忍
謎の爆発は鬼道院軍が起こしたもので、レノマたちも巻き込まれてしまう。そして、ここにきて沢田の悪い意味での純粋無垢さが発揮される。レノマは、爆弾を抱えたまま逃走することになるのか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ヒマを持て余したドラルクが、ラジオごっこをする。今回のMVPは、やっと名前が判明したヴァモネさんと、風呂場でアクロバティックな動きをしたロナルドかな。

・怪獣のトカゲ/山本崇一朗
センターカラー読み切り前後編。ヒトミさんは逃げ出した飼い犬を捜して山の中へ。そこには、手足とシッポがトカゲの自称怪獣少女がいた。2本目は、怪獣少女のトカゲを家に連れて行き、アイスを食べさせる。問題は、ヒトミさんと妹のサキのほうがトカゲよりも可愛いことかな。

・ハリガネサービス/荒達哉
桐城の試合を観た下平ら1年4人は、そのプレーぶりに気後れしてしまう。特に、置鮎兄弟のダブルセッターの厄介さについて描かれる。でも、上級生たちは見事に頭を切り替えていた。次回から対戦スタートかな?

・実は私は/増田英二
ここ最近の無理がたたって、黒峰が倒れてしまう。目を覚ましたところで、全ての事情を知った白神さんのメッセージを聞き、気持ちを新たにするが、当の白神さんが白雪校長のところに乗り込んでしまう。ひとりでどうにかできるのか?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎勝利を受けて、気合を入れる白水。そして、空流親方の気持ち。九日目は、この2人の関係性がメインか。

・少年ラケット/掛丸翔
佐々木が、現在のような戦い方になったキッカケの出来事、そして姉のアドバイスが描かれる。ただ、ヨルゲンに対しては、どうしても諦めることができない様子。この土壇場で実力以上のものを出せるのか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
才蔵からのバックホームに対し、音武田は本塁突入。呉と激しく交錯するが(2012年なのでコリジョンルールなし)、アウトに。その隙をついて大垣が三塁を陥れようとする。呉からの送球がそれて、そのまま本塁を狙う。今度はカバーに入った一球さんとのクロスプレー。と見せかけて、ボールだけ後ろの呉に渡していそう。

・BEASTARS/板垣巴留
ベルトを外されたところで、レゴシは限界に。逃げ出してきてしまう。でも、はじめて自分が『オス』として扱われたことに、嬉しさを覚える。しばらくはハルとの恋愛?の話になるのかな。テムのことも忘れないであげて。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
いきなり、こまりが冬毛になってモフモフになるだけでなく、手足も猫っぽくなってしまう。『怪獣のトカゲ』と並べて掲載してほしかった。

・Gメン/小沢としお
DOIがフリースタイルバトルに参加。前回より度胸もラップ技術も向上しており、因縁の相手にもリベンジを果たす。これでラップ編は完結か。短い話が続いたので、次あたりは大きなケンカがきそう。

・あ~そぼっ!/かわのゆうき
読み切り。40号以来の登場。今回は竹馬に挑戦する。豆子が体育館演壇からのジャンプという荒業に挑戦するあたりのテンションの高さも面白かったけど、代わりに都からピアノを教えてもらう約束をする、交流部分も良かった。次号にも掲載されます。

・AIの遺電子/山田胡瓜
長年サポートロボットと暮らしてきたものの、人間の恋人ができたことで、その契約を打ち切ろうと考えるヒューマノイドの女性。あれだけ気持ちに踏ん切りがつかなかったのに、あっさりすぎる回収の様子が、なんかモヤモヤ増徴させる。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
最終決戦を前にしての、フィオと九ノ島のやり取り。右腕が巨大化し目も見えていない様子の九ノ島の姿は、なかなかに衝撃的。けっきょく、1課のパンを食べているお嬢様みたいな娘は、どういうキャラだったんだろうな?

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
アイスマンから、初心者たちを救出しようとするベテランハイカキン達。氷の塊に対して振動は相性が良さそうだけど、那由多に活躍のチャンスはあるのかな?

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
翠の前に立ちはだかるNo.64。なんとか、説得に成功したかに思われたが、備後社長によって2人とも身体を貫かれてしまう。天に昇りそうな翠の意識を、ゆるキャラが引き止める。そして、そのまま合体。ラストページの翠は、アメコミのヒーローのよう。

・木曜日のフルット/石黒正数
競馬場で知り合ったオッサンと、酒をひっかけたり、寿司をつまんだり、そばをたぐったりする鯨井先輩。律儀につき合うことないのに。








次号は『永遠の一手』の特別編が掲載されます。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/11/03(木) 15:34:58|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 48号の感想



チャンピオンの感想です。表紙、グラビア、ポスターはAKB48の島崎遥香さん。電子版の表紙は『囚人リク』です。




・囚人リク/瀬口忍
巻頭カラー。富田が身を挺して大場の攻撃をブロック。その一瞬のすきを逃さず、レノマが最後の力を振り絞った一撃を見舞い、ケリをつける。玄関を突破し、高級車に乗ってずり出し場に向かう。謎の爆発は、この後かな?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
ふし研部室に、一番乗りしてしまった大祐。寝たフリをしたり、やる気のなさをアピールしようとするものの、ことごとく裏目に出てしまう。千晶は、トゲ付き鉄球を何のマジックに使おうというのか?

・刃牙道/板垣恵介
兜ごと頭蓋骨を叩き割ることなど、造作もない武蔵。本部の左腕、両足、右肩を“斬って”いく。これは勝負アリだと思うが、本部本人はまだあきらめていない様子。最後の秘策があるのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
東堂とのレースを終えた巻島が、坂道に声をかける。これで、やっと主人公に火がついた印象。そしてライバルである真波も、東堂からの言葉と峠を行き来する3つのライトを見つけて、燃え上がるものがあったか。最終日の主役は、やっぱりこの2人になるのか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
持ち物検査が行われる。怒りの記号を没収されたリンガベルが、感情も失ってしまうのが良い。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
ハロウィン回。女子全員で能面を被り、男子たちを驚かせる。『花子だけ素顔だった』というので、思わず1ページ目から確認してしまった。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
センターカラー。土俵際に追い込まれた鯉太郎だが、巧みな動きで横に回り込み、豪快なうっちゃりで闘海丸を土俵下に投げ捨てる。九日目は、白水の取り組みの方に比重が割かれるのかな?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
中学生(4人)vs小学生(11人)でドッジボールが行なわれる。こまりが、ネコ特有の瞬発力を生かして活躍するのが意外だった。シッポも頑張った。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。ハロウィン回。ドラルク主催で、ロナルドの事務所で仮装パーティーが行なわれる。そこに、吸血鬼マイクロビキニが現れ、一転ピンチになるが……。チョイキャラがたくさん登場してにぎやかだった。

・六道の悪女たち/中村勇志
莇美さんは、他校の一年生と判明。六道の正体を確かめるため、亞森高校に乗り込んでくる。そして“王子様”である六道に、バイクに乗っるのを辞めてもらうため、サイドカーに乗せて猛スピードでカッ飛ばし、恐怖感を与えようとする。でも、自分が嫌う暴走行為を自分でしているという矛盾は、どうするのか?

・BEASTARS/板垣巴留
ハルは、あの夜のことをハッキリと覚えていなかった。レゴシは園芸部の仕事を手伝うが、そのお礼としてハルは……。まさか、学内で噂になるほどのヤリマンだったとは。最後のページなんか青少年が見たら、おかしな目覚めをしてしまいそう。

・ハリガネサービス/荒達哉
豊瀬が勝利し、雲類鷲をはじめ王葉工業は新たな目標に向けて歩み出す。そして、桐城ではリベロの三河が好調な様子。どう考えても分が悪いような。

・実は私は/増田英二
みかんの活躍によってオカルト記者(鎌瀬と手駒という名前)を追い払うことに成功したと思われたが……。緑苑坂先生がまさかの裏切りで白雪校長側に付き、厄介な事態になったと思われたところで、正体が桐二郎だということが白神さんにバレてしまう。テンションの上下動が激しい。

・ロロッロ!/桜井のりお
短期連載最終話。諸々の問題点を改良するためには、1~5年の時間が必要。イチカはちとせにしばしの別れを告げるが……。ポリスさんの素性も不明のままだし、定期的に再登場していただきたい。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
大垣の打球は、レフト花園のグラブを弾く。そのフォローに沖田が来て……という間、音武田が一二塁間を往復する。そして、続く根暗の打球は、ライト前へ。今度の音武田の走塁の判断は? だから、代走出しとけばよかったのに。

・少年の反抗期は島を救うか/鈴木優太
読み切り。島に住む少年・辰巳は、反抗期真っ只中。「ムカツク人すべてがいなくなればイイのに」と、神社にお願いする。そして「いっしょにいてくれる友達が欲しい」と願ったときに、全身真っ黒の謎の生物が姿を現し、島中の人を消してしまう。やや気になるポイントはあるものの、やっぱりこの作者は短編のほうが能力を発揮できると思う。

・Gメン/小沢としお
鋼鉄のメンタルを手に入れるため、勝太プロデュースの特訓を受けるDOI。その総仕上げとして、伊達らGメンの前でラップを披露する。そして、次回は再びフリースタイルバトルに参加する様子。リベンジなるか?

・少年ラケット/掛丸翔
イチローの姿を見つけたヨルゲン。すでにレギュラー入りを決めているということを悟り、自分も約束を果たすべく闘志を燃やす。佐々木が策を弄して自分に向かってきたということをプラスに考え、反撃に出る。いっぽう佐々木は、流れが変わったことを受けてどう考えるか。勝手に諦めてしまう悪いクセが出るのか?

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
フィオたちの世界に、多数のユグドラシルゲートが出現。やっと九ノ島と再会できたフィオだが、これがラストバトルになる様子。いまだ姿を現していない、原理勇者の存在が気になるところ。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
モヒカンリーダーが仕留めそこなったエルシオンを、ニトリが捕らえた。かに思われたが、アイスマンという高レベルヘルヴィムが解放され、ベテランハイカキンも被害を被ってしまう。次回は、高レベルのバトルがくり広げられそう。

・AIの遺電子/山田胡瓜
川で溺れている3人の子供を助けようとしたものの、激流にあらがえず1人の子供の手を放してしまった大杉(ヒューマノイド)。過去に性格矯正を受けていたことを問題視した妻に、離婚を言い渡されてしまう。でも、オチの奥さんの選択が結構衝撃的だった。これから、どんな生活するんだろう?

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
核使用を決断した各国首脳に対し、翠は『ビリジアンたちは備後社長に操られているだけなのでは?』と疑問を呈する。ガイアランド総動員で、備後社長との最終決戦に。あとは、ゆるキャラの正体が気になるところ。

・木曜日のフルット/石黒正数
デクノボーが久しぶりの登場。女子大生の部屋にお邪魔する。そこで見つけたものは……? 通報しろよ。







次号は、かわのゆうき と山本崇一朗(!)の読み切りが載ります。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/28(金) 13:44:41|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 47号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は『弱虫ペダル』から、坂道&真波さんです。




・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。今大会の総北と箱学のメンバーが描かれたポスターが付録に。本編は、東堂と巻島の登り対決。短い峠を往復しながら、何度も何度も勝負が行なわれる。そのレースを目の当たりにした坂道は何を思うのか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
前回、スキンヘッドになってしまったのり子。現在はベリーショートの髪形に。小鉄のせいでそうなってしまったことに、順子ママは責任を感じる。コレ、元の髪形に戻るのに、どれくらいの月日を要するんだろう?

・刃牙道/板垣恵介
案の定、鎖帷子を着こんでいた本部。しかし、防弾チョッキを着こんでいようと銃弾の衝撃が体に伝わるように、峰打ちや木刀でも人を殺せるように、武蔵にとっては関係ない物なのだという。このまま決着か?

・実は私は/増田英二
センターカラー。白神さんの作戦は『ニセの七不思議』をデッチ上げて、それをオカルト記者に見つけてもらうというもの。黒峰が岡たちに協力を頼み、順調にいくかと思われたが……。ラストのみかん登場はカッコ良かった。なんか、福の神軍団で、すべて誤魔化せる気もする。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
なにがあっても、ドッヂボールのボールにぶつかってしまうビッグベル。なぜ、あみだ君と1on1で戦っているのか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
マジック用に野生の鳩を捕まえようとする千晶。大祐も、それを手伝わされることに。しかし、冒頭の鳩は、なぜ歩いて逃げているのか?

・六道の悪女たち/中村勇志
莇美は、自分でも制服やバイクを用意するほど白バイ隊員を神聖視している、サイコ娘だった。「学校を卒業したら」と言っているので、もしかしたら六道たちと同じ学校なのか? そんなときに、飯沼からもらった暴走族仕様の原付に乗った六道を見つけてしまう。さっそく攻撃を加えるが、自分の心のほうが取り締まられてしまう。今回は、先の展開が読みづらいな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
退治人ギルドのマスター・ゴウセツの娘、コユキがひとりで店番をしていると、そこに吸血鬼・野球拳大好きが現れる。コユキが一発目にかけている技は『チョークスリーパー』と言っているけど、どう見てもキャメルクラッチ。ドラルクもロナルドもジョンも登場しない実験回。

・少年ラケット/掛丸翔
センターカラー。リオ五輪個人で銀、団体で銅メダルを獲得した水谷選手と作者の対談記事つき。本編では、佐々木の戦い方の解説。事前に実力差を解析し、勝てる相手に確実に勝つというスタイル。ただ、その割り切りがドライすぎるか。そして、心が折れかけたヨルゲンに、イチローが無言のエールを送る。これで、ヨルゲンの気力がよみがえるか?

・ハリガネサービス/荒達哉
マッチポイントでの下平のサーブは、空調の力を利用した超軟打。そこから王葉も雲類鷲につなげるが、ブロックに当たったこぼれ球を下平がダイレクトバックアタック。これで、豊瀬が逆転勝利。ただ、次の試合は野々原の欠場は確定だし、相手は桐城だっけ? 大丈夫か?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
後ろを取られた闘海丸は、体重をかけて押しつぶそうとする。そこから鯉太郎が切り返しを狙い、素早い攻防に。四つに組み合った状態の、鯉太郎の背中から熱気が立ち上る195Pが迫力があった。そして、右上手を取った闘海丸が、一気に前に出る。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
居残りで掃除をしていた沙耶&こまりは、校長先生が作っていた焼イモを一緒に食べることに。こまりが学校に通う許可をくれたことにお礼を言うのが、とても良い。今号のベストコマ。

・囚人リク/瀬口忍
大場はパワーファイトで圧倒するが、とどめを刺しに来たところにレノマは強烈なカウンターを合せる。でも、本番はここからの様子。富田はリアクション係として配置されただけなのかな? 何か役割があるのか気になるところ。

・BEASTARS/板垣巴留
演劇のセットに使うバラを、園芸部にもらいに行くことになったレゴシ。しかし、そこにいたのはウサギのハルだった。2人の再会は、どういう意味を持つのか? これは、ハルがヒロインということなのかな? あと、ルイが角にタオルを引っかけているのが、面白い。

・AIの遺電子/山田胡瓜
パーソナルアシスタントAI、通称『バトラー』があっ旋する仕事が気に入らない、ヒューマノイドのミカミ。強い不満を受けたバトラーは、彼女の理想通りの仕事を用意するが……。『「理想の職場」で働くには「理想の私」も必要みたいだ』というセリフは、なかなかタメになるものだと思う。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
一球vs音武田。打球はドン詰まりだが、ショートとレフトの間に落ちるポテンヒット。そして続く大垣は、直球を捕らえる。サヨナラツーランか? でも、音武田が一塁に出た時点で、普通は代走を送るはず。快速自慢のドリームランナーはいなかったのかな?

・Gメン/小沢としお
新章開始。元ネイションの頭・土井が、フリースタイルラッパーに転身。しかし、初めて参加したラップバトルでケチョンケチョンにやられて泣きながら逃走してしまう。観戦に来ていた勝太は、メンタルを鍛え直す手伝いをすることを決意する。ディスるんじゃなくて褒めるラップなら得意って感じなのかな?

・ロロッロ!/桜井のりお
短期連載4話目。やっと1日が終わり、イチカのメンテをする。そこにポリスさんが来て、意識を移しておく用の猫タイプのロボの方にひと目惚れしてしまう。もう、ちとせ以外変態しか登場しないじゃないか。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
ラナビスとカミラの結婚パーティーが執り行われる。が、その日を境に九ノ島が姿を消してしまう。それから5日後には、HSC社の建物自体がボロボロに……。もう、終わりが近い感じかな。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
紫麗の動きを止めたのは、まさかのモリオッ! この隙に、トミナガはマリルー救出を決意する。今シリーズは、ここまで。再開は12月です。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
外から攻めてきたエルシオンは、シモン&ガッツであっという間に2人を撃破。でも、残った黒いヤツは強敵ぽい。そして、市場の中にもエルシオンは忍び込んでいた。モヒカンリーダーが、問答無用の一発を喰らわせる。那由多信者の中にも紛れ込んでいそう。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
ボルテクスのパーティーに乗り込んだ翠たち。身体からミドリムシを排除できることをアピールするが、備後社長の怒りを買うことに。そして、人類vsビリジアンの戦争状態に突入し、国連は核の使用を決意する。こちらも、終わりに向けての話が始まった感じ。

・ネズミと花火/山本アヒル
短期連載最終話。ギャラクシーフと超合金さんを撃破し、改めて完璧ぶりをアピールするデラシィだが、猫不要にとってはあまりにも気が引けてしまい、コンビを組むには「コレくらいが調度良い」とドロシィを選択する。そこからの、にぎやかなエンディングは、この作品らしかった。再登場に期待したいです。

・木曜日のフルット/石黒正数
デン思い出の柿の木が実をつける。それを独り占めにしてしまうデンだが、その理由は……。フルットのシブさの表現が革新的。



次号は、鈴木優太の読み切りが載ります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/21(金) 15:06:31|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 46号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は異例の抜擢『六道の悪女たち』。グラビアとポスターは武田玲奈さんです。



・六道の悪女たち/中村勇志
巻頭カラー。飯沼と大佐がバイクの免許を取るということなので、課長と一緒に原付の免許を取ることにした六道。というところで、第3の悪女・姫野莇美が登場する。今回は、暴走バイクを潰しただけなので、そこまでの悪女感はないものの、歪んだ正義感を持っていそう。あと、デレた後どういう関わり方をすることになるのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
東堂と巻島のレースがスタート。坂道もついていくことに。この2人の走りを観た坂道が触発されて、3日目のレースにつながるって感じなのかな?

・刃牙道/板垣恵介
手槍をおとりにしての蹴り、そこからのブラスナックルでの一撃で、武蔵の脳を揺らした本部。しかし、いまだ意識を保っていた武蔵は、本部の腹を斬る。でも、本部が鎖帷子のひとつも着込んでいないはずがないからなぁ。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
センターカラー。放課後に教室で、秋の味覚を満喫するこまりたち。『藍ヶ浦まんじゅう』を出すときに、雪子のおヘソが見えるのが地味にポイントが高いと思うのです。

・実は私は/増田英二
白雪さんが校長に就任し、学校の空気が一変。オカルト関係者が自由に出入りし、人外生徒たちの不安が募る。っていうか、この学校、教室がいっぱいになるぐらい多くの人外がいたのか。というところで、白神さんが何か良い作戦を思いついた様子。ようやくヒロインの面目躍如か?

・ハリガネサービス/荒達哉
もう一度、王葉がマッチポイントにするものの、下平のCクイックをおとりにした五十嵐のバックアタックと、下平の移動ジャンプフローターサーブが決まって、逆にマッチポイントに。次も下平のサーブなので、もう決まったも同然か!?

・ロロッロ!/桜井のりお
短期連載3話目。プール回。ロボットの爆発的な能力を見せようとするものの、穴という穴に水が入ったら故障してしまうため、結局泳げないイチカ。しかし、少年誌で水着半脱ぎトイレシーンは。さすがにマズくないか?

・BEASTARS/板垣巴留
センターカラー。レゴシのルームメイトたち、肉食獣が普段なにを食べているのか、そして学内の英雄的存在が『ビースター』と呼ばれていることが明らかになる。レゴシと同部屋のメンバーは、第1話から登場していたのか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
虹の根元には、宝物が埋まっているという話。最近ちょくちょく登場している、チューリップ頭のヤツが気になる。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
神経衰弱中に、ことねの催眠術を受けた大祐は、トランプではなく女子3人の制服が透けて見えてしまう。こういうチョイエロ路線で攻めていくのかな?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
激太りした、少林次郎。「以前のような体型になったら、坊主頭にする」と、のり子が約束してしまう。猛特訓してダイエットに励む少林だったが……。これ、次回以降ののり子の髪形ってどうなるんだろう?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
取り組みが始まる。激しいブチカマシから、闘海丸の右をかいくぐった鯉太郎は、背後を取る。普通にいけば、このまま送り出しだけど…。この2人、意外と体格差があったんだな。

・囚人リク/瀬口忍
最後の関門・大場は、いつも通りのテンションで、動画配信を始める。沢田が突っ込むが、一撃でKOされてしまう。レノマとのバトルは、作中一番のパワーファイトになりそう。

・AIの遺電子/山田胡瓜
超高高度航空機の事故で死んだ友人が、データベースに遺していた楽曲は、いきなり途切れてしまう。友人の三上は、それを何とか完成させようとするが……。こういう芸術系のテーマは、どうしても答えが出ないのでモヤモヤしてしまう。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
ラナビスが、父親や周囲からも信用されていなかった孤独な魔王だと明らかに。そんなときに出会ったカミラのことを愛し、身代わりのブレスレットをあげていたわけか。最後のあがきをするリリウムもフィオが倒す。っていうか、勇者の力に目覚めてもマル勇で働けるものなのか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
9回裏。一球さんは、まずは村雨をサードライナーに打ち取る。ウインクは、ストレートのサインってことでいいのかな? 次のバッターは、音武田。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼に噛まれ、一時的に仮性吸血鬼化してしまった赤ちゃんを預かることになったロナルドだが、そのパワフルさに手を焼くことに。1ページ目の
母「クラブDJの仕事をこれ以上休めなくて…」
ドラルク「安心してフロアを沸かせていらっしゃい」
母(ガッツポーズ)
の流れが、とても笑える。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
あっという間に兵士たちを片付けた紫麗は、トミナガらに追いつく。そして、マリルーの悲鳴を聞いたモリオも復活。BSAAが向かっているようだけど、簡単にカタがつくとは思えない。

・Gメン/小沢としお
勝太のパンチで正気を取り戻したものの、それでも肝田はちひろさんと一緒に行こうとする……。ちょっと唐突にシメたなという感じがするけど、まぁ除霊できるわけでもないし仕方ないか。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
話題の的になった那由多は、すっかり調子に乗ってしまう。そして、女性用のマッサージ勾玉を大量購入する。これを『改造』で使うと、どんな効果が起こるのか? そんなときに、エルシオンが現れる。シモン、ガッツ、モヒカン社長で対抗する模様。

・少年ラケット/掛丸翔
ヨルゲンvs佐々木がスタート。ヨルゲンが2ゲームを先取するが、すでに体力を消耗しているので攻めが単調になってしまっていた。3ゲーム目を取ったあたりから、佐々木の狙いが明らかになっていく。タイムアウトを巧みに使い、ヨルゲンの体力だけでなく精神力も削っていく。ここから、反撃のキッカケを見つけることができるのか?

・ネズミと花火/山本アヒル
短期連載7話目。理想の鏡DXから出現した『理想のドロシィDX』略してデロシィは、あらゆる面で完璧。まったくドロシィを寄せつけない。そして、猫不要のパートナーになることを宣言する。そもそも猫不要がドロシィを必要としていないっていうことが、ポイントになってくるかな。次回、最終回。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
世界各国は、備後社長の要求に応える決断をする。というところで、ニューログレナを改良した、ミドリムシ排除装置が完成する。翠の「よいしょぉぉぉお!!」のセリフとか、前半の磊歩への言葉とか全体的に前向きなのが良かった。ゆるキャラが機械に取り込まれそうになったり、小ネタも良かった。

・木曜日のフルット/石黒正数
デンのことが好きな家ネコ・ケイトの家出につき合わされることになったフルット。ケイトの特技は、毛糸を操ることか。







次号は、弱虫ペダル仕様。水谷準選手のインタビューもあります。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/14(金) 13:15:02|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad