晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

それ町 第16巻の小ネタ

『それでも町は廻っている』の第16巻から、小ネタを集めてみました。

・ネタバレは嫌だ。
・自分で小ネタや伏線を探す楽しみを奪われたくない。

という人は注意してください。























それ町 第16巻の小ネタ
  1. 2017/02/16(木) 14:41:16|
  2. 時系列/小ネタ
  3. | コメント:57

それでも町は廻っている公式ガイドブック 廻覧板 の小ネタ



『それでも町は廻っている公式ガイドブック 廻覧板』に掲載された未収録話から、小ネタを集めてみました。

・ネタバレは嫌だ。
・自分で小ネタや伏線を探す楽しみを奪われたくない。

という人は注意してください。


















それでも町は廻っている公式ガイドブック 廻覧板 の小ネタ
  1. 2017/02/16(木) 12:57:42|
  2. 時系列/小ネタ
  3. | コメント:10

それでも町は廻っている 第16巻の感想




終わりのない日常の終わり。それでも町は廻っている第16巻の感想です。


・第122話 未来の夢
唯一の歩鳥信者、福沢さんからの最後の依頼(時系列的には最初?)。「前世の記憶が蘇った」という福沢さんの謎の記憶の真相を探るために、歩鳥も『前世療法』のCDを体験してみることに。夢の中の太古世界での、針原さんと涼ちんの『いかにもいそう』感がスゴイ。結局、本編の中で歩鳥の進路は明らかにならなかったけど、エピローグのことも踏まえると、このとき言っているように大学の文学部に進んだのかな?

・第123話 Detective girls final
タッツンの恋愛ストーリー最終章。ついに真田への告白を決意したタッツン。その前に、歩鳥の真意を確かめようとする。47ページのタッツンは過去最高値を叩きだしていると思うが、それをあっさりと上回ってしまう“素”の紺先輩の破壊力の高さよ。あと、タッツンのメガネのレンズ部分だけ顔の輪郭が膨らんで描かれているのは、地味だけど素晴らしい表現だと思うのです。

・第124話 大事件
“女子高生メイド探偵”嵐山歩鳥、最後にして最大の事件。歩鳥のゲタ箱にラブレターではなく、脅迫状が入れられているという事案が発生。古くは第9話から、第19、25、69、88話など、これまでの様々な話が伏線として効果的に機能する、とてもレベルの高い内容。アクションパートも、2階から飛び降りる真田を筆頭に迫力、そして異常性が満点だった。

・第125話 紺先輩 スペシャル
紺先輩の最終回。第117話で涼ちんとランチをした帰りに、シーサイドに寄った歩鳥。そこで待っていた紺先輩と、些細な行き違いをしてしまう。座成と紺先輩の決着編というか再会は、もっと大々的にやるものだと思っていたけど、意外とアッサリと済ませた印象。ただ、紺先輩がそう思うことができたのも、歩鳥と出会えたからなんだろうな。2人が寂れた町を歩くシーンが、とても印象的。

・第126話 悪
涼ちんのラストエピソード。そして、森秋邸にあった『赤い絵』の謎が明らかになる。そこに、歩鳥最初の事件である『目の絵』を絡めて来たり、最後の狂気に捕らわれた?涼ちんの表情など、本編の謎解き同様パズルのようなテクニカルな構成。涼ちんは、後半になって登場してきたキャラだけど、次回作では(似たタイプのキャラが)主役級の扱いを受けると思う。

・第127話 至福の店 フォーエバー
メイド喫茶シーサイド最後の日。受験勉強に集中するため、タッツンがシーサイドのバイトを辞めることに。同時にシーサイドも『メイド喫茶』としての営業を終了することになる。歩鳥とタッツンが看板を洗う130Pからの回想は、涙をガマンすることができない。過去の話のカットでも、全て新しく描いているというのは、素直にスゴイと思う。この話が、実質的な最終回かな。

・第128話 嵐と共に去りぬ
大災害が予想される台風が丸子町に接近。そのとき、謎の高次元の存在が歩鳥の前に現れ、究極の選択を迫る。ラストの『つづく』が次の話ではなく、第111話『夢幻小説』につながっているというのは、いかに時系列シャッフルといえども、アクロバットすぎる構成。本編も、現実世界とパラレルワールドが交互に描かれているのか、スイッチを押す前のほぼ変わらない世界が描かれているのか、ちょっと判断に迷う。

・最終話 少女A
最終回。真田たちが、クラスから消えた『誰か』について話し合いをする。これまでは、一部を除いてモブでしかなかったクラスメイトたち一人一人にスポットライトが当たるというのは、ボーナスステージみたいな感じなのかな? 個人的には、この脚本が完成した演劇が最終回になると思っていたけど、予想が外れてしまった。っていうか、作者がツイッターにあげていた『概念探偵 歩鳥』って何だよ?

・エピローグ …それから
数年後、歩鳥が小説で賞を取る。その受賞パーティーで出会った人物は……。2人が顔を合わせてから、手を取り合うまでの空気感がなんとも言えない。




個人的には、ここまでドップリはまった漫画は初めてでした。この作品と出会っていなければ、このブログも始めていないと思うし。
石黒先生、素晴らしい作品を生み出してくださり、ありがとうございました。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/02/15(水) 17:13:31|
  2. 感想
  3. | コメント:0

祝!8周年記念 木曜日のフルット登場キャラ紹介

今週発売された週刊少年チャンピオンにおいて、石黒正数先生の『木曜日のフルット』が連載8周年を迎えましたので、今年も単行本未登場の新キャラを紹介したいと思います。


ブロン?
・ブロン?
フルットの仲間のブロンのようだが、言動がどこか違うような……。


ケイト
・ケイト
新登場の飼いネコ。ある野良ネコに恋している。


先輩と後輩
・先輩と後輩
あるイベントについて、ひと言物申したい様子。


森秋博士
・森秋博士
人類史上初の壮大な実験に挑む。


鯨井祖父
・鯨井先輩の祖父
鯨井先輩のお爺さん。幼少期の先輩に、様々なことを教えてくれる。


女強盗
・女強盗
『プライドの巻』に登場。現在は『手品喫茶』を経営しているようだが……。


先輩の同級生
・鯨井先輩の同級生
鯨井先輩の小学校の時の同級生。でも、最近の情報にも詳しいのはなぜなのか……。





単行本、最新6巻は3月に発売予定です。












  1. 2017/01/14(土) 08:11:06|
  2. フルット キャラ紹介
  3. | コメント:0

それ町 時系列時間順 Ver.2

※更新終了※
公式ガイドブック廻覧板で時系列表が公開されたので、更新を終了します。また、予想の正誤はもうひとつの時系列記事を参考にしてください。


時系列シャッフルをおこなっている『それでも町は廻っている』の各話を時間経過順に並べ替えてみました。
もうひとつある時系列のエントリーとの矛盾、間違い、疑問などがありましたらどんどんご指摘ください。
歩鳥や真田などが小学校のころの回想などは、省略。

1年目
・4月
83(前半) - 48回想=12巻C - 68 - 90 - 1 - 36 - 16
歩鳥は、タケルたちの缶ケリに付き添い、尾谷高校に入学。月見そばの話をキッカケに辰野、針原と仲良くなる。ジョセフィーヌを予防注射に連れて行き、シーサイドでバイトを始め、宇宙人の落とし物を見つけ、ユキコの忘れ物を取りに小学校に行き、タケルと夜の散歩をする。
・5月
60 - 2 - 83(後半) - 3 
歩鳥は本の中で謎解き、メイド長に頼まれたお使いを間違える。辰野はシーサイドでバイトを始め、静さんが歩鳥発祥の都市伝説の謎を解いた。
・6月
4 - 5
歩鳥は森秋から頼まれた絵の謎を解き、真田と学校をさぼって遊んだ。
・7月
未収録 - 9巻C - 51 - 6 - 86 - 116
歩鳥は辰野がハメてしまった鍋と食器を証拠隠滅しようとし、ユキコに潜水方法を教え、野球部の応援をし、友人らとプールで遊んだ。辰野は歩鳥に試写会のチケットを渡して、真田と2人きりになり、水泳の補習の後トイレに閉じ込められた。真田は城嶋先輩らと遊ぶ。
・8月
97 - 7
歩鳥は辰野と海で漂流しかけ、テレビで木星の地面を見た。
・9月
100 - 8
歩鳥は、ジョセフィーヌを使ってクンクン捜査。はじめてタッツンと呼び、内藤歯科の看板にキズをつける。
・10月
22 - 101
歩鳥が1人で店番。手作りパスタをふるまう。浅井は、学園祭で海老洲を助ける。
・11月
なし
・12月
46 - 112 - 9 - 23 - 10=91
歩鳥は占いカプセルの謎を解き、タケルとエビを海に逃がし、数学の補習を受け、ユキコのサンタの夢を守り、初詣で甘酒に酔った。タケルとユキコは河川敷に火事を見に行った。
・1月 
11
歩鳥が紺先輩と出会う。
・2月
38(回想) - 47 - 12
歩鳥は紺先輩とお弁当を食べ、ユキコとヒーローショーを観に行き、商店街の温泉旅行に行った。
・3月
13 - 14
小説の落選通知を受け取った歩鳥は、ごみ収集車に轢かれて生死の境をさまよう。

2年目
・4月
15 - 71 - 82 - 37
歩鳥は、入院中にサングラス少年の謎を解き、退院した後は紺先輩とスケートに行き、タッツンのオタクカミングアウトを受け、紺先輩から俳優のサインをもらい、自分の記憶力に驚く。
・5月
43 - 69 - 30 - 17 - 104
歩鳥はフリマに出店し、勘違いからタッツンを失恋させかけ、島辺博人に会い、紺先輩のお見舞いに行き、針原さんから紺先輩が卓球を始めた理由を聞いた。
・6月
18 - 38 - 115
歩鳥は、宇宙人と遭遇し、紺先輩の両親と会う。紺先輩は、迷い九官鳥の飼い主を捜して奔走する。
・7月
19=96前半 - 85 - 29
歩鳥は数学の補習を受け、絵のモデルになり、紺先輩の別荘に行き、埋蔵金探しに行った。
・8月
84 - 74 - 62 - 39 - 50=63 - 40 - 106 - 3巻C=49 - 75 - [静さんアフリカへ]
歩鳥はドングリ騒動に巻き込まれ、徹夜で小説を読んで夢と現実が分からなくなり、北陸の親戚の家に行き、花火でジョセフィーヌの家が燃え、紺先輩と図書館と海に行き、タッツンたちのドッキリにひっかかった。ユキコは不思議な空間に迷い込み、姉の観察日記をつける。
・9月
20 - 96(後半) - 31 - 52 - 42=41 
歩鳥はタッツンの誕生パーティーをし、絵画展に自分がモデルになった絵を探しに行き、真田とミシンそばの謎を解き、紺先輩を秋まつりに誘い、台風の日に家に泊めた。タケルはモマンの謎解き。
・10月
21(前半) - 32 - 77 - 21(後半) - 27 - 28 - 87 - 70 - 88 - 64 - [紺先輩部活終了?]
歩鳥は、体育祭でパン食い競争に参加し、学園祭でバンド演奏し、メイ丼を作り、謎の霧に遭遇し、子供の手がドアに挟まるのを防ぎ、紺先輩とコバンを救出した。静さんはべちこ焼の謎を追い、タッツンは針原さんと卓球勝負。ツッコミじいさんは町をさまよう。
・11月
53 - 54 - 24 - 55 - 119
宇宙人からは食料が届き、歩鳥はHPに届いたメールの謎にせまり、紺先輩に壮大な悩みを打ち明ける。針原さんにはラブレターが届き、タケルは山本君とカード対決。城嶋は、仔犬の里親探し。
・12月
33 - 25 - 94 - 102 - 78
歩鳥は遅刻の件で呼び出され、紺先輩にあこがれのミュージシャンがシーサイドにいることを教え、静さん&紺先輩と廃村探訪し、タッツンと推理合戦をする。タケルは、エビちゃんとデート。
・1月
34 - 66 - 56 - 79 - 45 - 89 - 35
歩鳥は餅で戸をくっつけ、タッツンの弟をひきこもりから救い、雪女と出会った。松田は放火犯を捕まえ、ユキコは自分の部屋をほしがり、タケルはエビちゃんにお見舞いに来てもらい、交換日記に残されたメッセージの謎を解く。
・2月
80 - 57 - 58 - 92 - 44(前半)
歩鳥は謎の円盤を調べ、商店街のスキー旅行に行き、髪を切るのに失敗し、タッツンの悩みを解決する。真田は、バレンタインで歩鳥を好きになったきっかけを思い出す。
・3月
44(後半) - 113 - 120 - 93 - 67 - 121
歩鳥は中学のクラス会に行き、室伏涼ちんと森秋邸で赤い絵を見て、静さんの助手的ポジションに。タッツンは自分の変化に気づき、タケルは、わけもわからず嫉妬する。紺先輩は進路が決まって引っ越す。

3年目
・4月
103 - 59 - 110 - 61
歩鳥は闇鍋でメイド長の誕生日を祝い、針原さんとミュージカルを見て、山本君と食玩探しをし、映研の撮影に協力した。
・5月
72 - 114
歩鳥はアルバムから嘘つきりっちゃんのことを思い出し、修学旅行に行く。浅井と海老洲がつき合う。
・6月
81 - 105
歩鳥は真田と釣りデートし、呪いのビデオの謎を解いた。
・7月
98 - 73 - 117
歩鳥は家庭科の課題で悪乗り作文を書き、涼ちんと遊び、森秋のマンションから花火を見ようとした。
・8月
107
歩鳥は、真田と深夜の小学校に忍び込んでびしょ濡れになった。
・9月
118 - 95 - 76 - 108 - 99
歩鳥はユキコの初恋の手助けをしようとし、ユキコの剣道の応援に行き、母親の代行をし、静さんに脚本を読んでもらう。タケルは、エビちゃんとの仲を深める。静さんは、高校生の頃のことを思い出す。
・10月
109
歩鳥は、福沢さんの彼氏について調べる。
・11月
65
歩鳥はラーメン屋の閉店を惜しむ。
・12月
111
歩鳥は、秋に見た怖い夢のことを思い出す。
・1月
なし
・2月
なし
・3月
なし


  1. 2016/05/01(日) 20:23:44|
  2. 時系列/小ネタ
  3. | コメント:13
前のページ 次のページ

FC2Ad