晴耕雨マンガ

12月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ゴールデンカムイ。

ジョジョリオン 第11巻の感想



ジョジョリオン第11巻の感想です。
もはや恒例となった、ウルジャンとの連作表紙シリーズですが、今回はジャンプSQ1月号に掲載された『岸部露伴は動かない』の新作読み切りのトビラも、虹色スタンド+白服本体というモチーフになっています。

露伴 天気雨


・#043 ラブラブデラックス その①
愛唱戦後、康穂とつるぎは杜王スタジアムの監視カメラを調べ『フルーツの鉢植え』が隠されている場所を絞り込んでいく。そして、ついに康穂と定助が再会する。#007で東方家に初めて行った時以来スレ違いが続いていたので、36話ぶり(単純計算で3年ぶり)という長期間のインターバルを経ての邂逅。楽しく『ポテトLサイズが好き』の歌を歌っていたが、それを邪魔する女性が現れる。定助のことを『セッちゃん』と呼ぶ、その女・作並カレラは吉良の言葉など定助に関する過去のことを知っているようだが、どこかつかみどころがない。歩き方もフラフラしているし『つくねに髪の毛が練り込まれていた』とクレームをつけて返金を要求しておきながら、その金でパチンコをするという、素行の悪さを見せる。どこまで信用していいものか……?

・#044 ラブラブデラックス その②
カフェで、パンの耳に牛脂と無料のスティックシュガーをつけて食べ、コップの水で足の指の間を洗うカレラから情報を引き出そうとする定助だが、その自由奔放な行動に振り回されてしまう。が、過去に吉良とカレラと撮った写真を見せられ『空条仗世文』と呼ばれる。写真に写る、サイドなしリーゼントという髪形もインパクトが強いが、空条+仗助+ジョセフという合わせ技のような名前にもド肝を抜かれる。でも『クウジョウ ジョセフミ』のどこを取って『セッちゃん』というあだ名になったのか?という疑問も。 そして、カレラのスタンド『ラブラブデラックス』の能力が『対象が触れたところから毛を生やす』ということが明らかに。これは、SBRに登場したポコロコの『ヘイ!ヤァ!』に匹敵する最弱スタンド候補じゃないだろうか? そして、そのカレラを追跡する双子のスタンド使いも現れる。兄の方は、左手で触った物を右手(の岩部分)から出現させる能力。ただ、それよりもサッカーボール(風のバッグ)を無言でリフティングしている弟のほうが、不気味。

・#045 ラブラブデラックス その③
定助から「吉良が死んだ」ことを聞かされたカレラは、激しく動揺を見せる。吉良がロカカカの樹を1本隠していたらしいが、それは愛唱が持っていたものか? そして、双子がカレラに襲い掛かり、いとも簡単に手際よくガソリンをかけ、火だるまにしようとする。それをS&Wで消火した定助だが、2対1では分が悪い。でも、戦闘パートのパンチの出し方が、個人的にとても好き。壁の目で目覚めたときから常秀を圧倒したように、定助には謎の格闘スキルがある。これも、定助の半身Xを探るヒントになってくるか。

・#046 ラブラブデラックス その④
いきなり冒頭4ページで説明されている『岩人間の生態』の説明ページが、詳しすぎてちょっと引く。特に睡眠時のポーズの5番目は、ただの前屈姿勢で体を休められるとは思えない。そして、双子の弟の能力が毒ガスと判明(つまり、ボールを身体から離さずにリフティングしているのは、本体の技術)。兄が左手で毒ガスを受け、それを右手で相手の口元に移す。というのが双子の必勝パターンだったが、定助がシャボン玉を使って連係を破り、戻ってきたカレラのサポートもあり逆転勝利する。ただ、定助の過去は不明のままだし、カレラの素性も明らかにならないまま。謎を残したまま次巻へ……。


ジョジョ4部のアニメ化が決定。4月から放送開始とのことなので、次巻は、その頃の発売か。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/21(月) 14:11:16|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

ジョジョリオン 第10巻の感想



早くも2ケタ。ジョジョリオン第10巻の感想です。
今回も、同時発売のウルトラジャンプの表紙とセットのデザインとなっています。でも、この巻で戦うのは定助ではなく、つるぎ&康穂コンビです。


↑画像では緑に見えるけど、実際は金色です。

・#039 ドゥービー・ワゥ その①
例のフルーツを介して、常敏と関係を持っていた謎の男の名前が大年寺山愛唱で、杜王スタジアムの職員であるということを、ペイズリー・パークが突き止める。康穂とつるぎは、2人で愛唱の動向を追跡。フルーツが老人に渡り、失われていた左脚と性欲が復活する代わりに、両眼球が石のようになって崩れ落ちる様を目撃する。たしかに9歳の子供には、目を背けたくなるほどショッキングな光景。ただ、このとき愛唱を追跡していたのは康穂のスマホをつるぎが折り紙にしたもの。つまり、ペイズリー・パークであると同時にペーパー・ムーン・キングであるという、かなり特殊なスタンド状態に。そして、オマケページで定敏のスタンド名が『スピード・キング』であることが明らかに。ただ、射程距離が10センチ程度って、歴代最短じゃないかな。

・#040 ドゥービー・ワゥ その②
愛唱に追跡がバレ、スマホガエルを踏みつぶされそうになる。しかし、PMKに触れたことで能力が発動。枯葉をカエルに誤認させることで、危機を脱する。しかし、愛唱のスタンドもまた『遠隔自動追跡型』だった。スマホガエルを踏んだことがスイッチとなり、謎のフルーツがあるであろう杜王スタジアムを目指す2人のところに、竜巻をまとった小型のスタンドが現れる。子供と女子大生という、ジョジョ史上でも屈指の体力の無さを誇るコンビは、切れ味鋭い風のスタンドから逃げきることができるのか? また、遠隔型スタンド同士の対決というのも、ちょっと記憶にない。はじめてかな?

・#041 ドゥービー・ワゥ その③
2階から飛び降りても、バスに乗り込んでも、愛唱の竜巻スタンドは追跡をやめない。つるぎが『吐く息』に反応してスタンドが出現していることに気づくが……。いっぽう定敏(モップを持っているので、#038で誤作動したスプリンクラーの後始末をしていた?)は、愛唱から謎のフルーツと、連絡が取れなくなった八木山夜露に関係している人間に心当たりはないか?と聞かれる。そのとき東方家にいないのは、定助とつるぎだけ。常敏は、なんとなく事情を察知した様子。定助はともかく、つるぎのためにどういう行動をするのか? あと、ここで例のフルーツの名前が『ロカカカ』と判明する。元ネタはなんだろうな?

・#042 ドゥービー・ワゥ その④
丸めた新聞紙を使ってバスの外に追放しようとしても、救急車に積まれた酸素マスクを使っても、呼吸をし続ける限り、愛唱のスタンド『ドゥービー・ワゥ!』の追跡は終わらない。そして、ついに愛唱がつるぎ&康穂の前に姿を現す。その傍らには常敏も……。岩人間である秘密を話した彼女に家を奪われたり、いくら夜露に連絡を取ろうとしてもダメだったり、愛唱は敵ながらどこか寂しさを身にまとっている印象。つるぎの『バスを定敏に錯覚させる』という勝ち方も、これまでと違って誤認対象の大きさの違いがかなりあるので、かなりの奇策というか力業という感じ。バスの運転手次第では、失敗する可能性も高かっただろうし。


次巻では、定助の過去を知る?謎の女性が登場します。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/07/19(日) 11:46:01|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

ジョジョリオン 第9巻の感想


ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 9 (ジャンプコミックス)
(2015/02/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


世界最高の虫相撲マンガ『ジョジョリオン』第9巻の感想です。
カバーは、踊っているようなガッツポーズしているような定助。これはウルトラジャンプ2月号とセットのようなデザインになっています。

ウルトラジャンプ 2015年 02 月号 [雑誌]ウルトラジャンプ 2015年 02 月号 [雑誌]
(2015/01/19)
不明

商品詳細を見る


・#035 毎日が夏休み その②
『フルーツ』の情報を常敏から引き出すために、パラワンオオヒラタクワガタ同士の虫相撲に挑むことになった定助。アゴを砕かれ頭がねじ切れそうになるものの、い草に仕込んでおいた『メスのホルモン』の効果によって逆転勝利する。承太郎も手に汗握ること間違いなしの、土俵際のかけひきッ! そして、敗者の常敏は片眉を剃り落すことに。「グロ注意ッ!グロ注意ッ!」とか、常に常敏側に立って、定助をディスる常秀の小物っぷりが良かった。

・#036 毎日が夏休み その③
虫相撲第2局。常敏が賭けるのは、愛車の『ランボルギーニ ガヤルド』。これこそが定助の真の狙いであり、帰国後に常敏が立ち寄った場所を割り出すことで『フルーツ』の樹のありかを探し出そうというのが、今回の作戦の目的だった。そして常敏が次に用意したのは、外側に開くようなアゴが特徴の『ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ』。勝ちグセがつき体格で上回る定助のパラワンが優勢に立つものの、ある時点からパラワンの動きが急におかしくなる。急いで康穂を呼びに行ったのに、ちゃんと「静かでもガヤルドだ!!」とダジャレをはさむことを忘れないつるぎが面白い。

・#037 毎日が夏休み その④
ローゼンベルグに脚を2本折られて土俵下に落とされたパラワンだったが、時間切れのために仕切り直しの第2ラウンドが行われることに。定助は、ローゼンベルグの体に仕込まれたワックスが高熱で溶けだしていることに気づき、それが常敏のスタンドによる『温度操作』のせいだと気づく。スタンドビジョンは、なんとなくカカシっぽいデザイン。そして、定助はデモンストレーションで使われたスズメバチの毒をワックス穴から流し込み、パラワンが逆転勝ち。ランボルギーニのキーをゲットする。現実でも「頂戴感謝いたします!!」って言ってみたいな。

・#038 東方定敏はスタンド使い
定助の鼻の一部分だけを高熱にし鼻血を出させることで、真意を聞き出そうとする常敏。しかし定助もシャボン玉で熱をスプリンクラーに移動させて誤作動を誘い、危機を脱出する。いっぽう、ランボルギーニの様子を見に来た常敏&常秀をやり過ごした康穂&つるぎは、ドライブレコーダーからは情報を引き出せなかったものの、道路に設置された防犯カメラから常敏が例の『フルーツ』の鉢植えの受け渡しを行っていた事実をつかむ。相手の男は、何者だ!? このエピソードから、康穂はスタンドの存在を自覚し、操れるようになる。ただ、ペイズリー・パークのほうも、康穂に『運命の選択』を迫るように変化する。



この巻、シャボン玉は使われたけど、S&Wは姿を見せなかった。



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/02/21(土) 14:23:47|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:2

ジョジョリオン 第8巻の感想


ジョジョリオン 8 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 8 (ジャンプコミックス)
(2014/10/17)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


第8部第8巻『ジョジョリオン』最新刊の感想です。

・表紙
なんとなく、第17巻を連想させるデザイン。いつのまにかペイズリー・パークがアバッキオみたいな見た目になっている。

・#031 『アイ・アム・ア・ロック』その①
定助&憲助vs八木山夜露。康穂の体についた『匂い』を憲助がキング・ナッシングで追跡し、定助が攻撃する。しかし、よく『オラオラ』するわりには、S&Wの攻撃力は低い。落ちていた石を拾って殴った方が効果的とは。岩であり人間である夜露は、農薬のボトルが集まってくる例の攻撃をしてくる。いっぽう康穂を巻き込まれたことに怒りを覚える定助は「しゃぼん玉での防御はオレはもうしないッ!」と宣言。反撃に打って出る。あと、ポイントになるのは33ページの夜露の「『吉良吉影』ではない……おまえに言っているんだぞ!」「生きのびていたいたようだが東方家に入り込んだところがおまえの敗北への道だったな」というセリフか。

・#032 『アイ・アム・ア・ロック』その②
定助は体に迫ってくる農薬も意に介さず、八木山夜露と海中へ。そこに憲助が投げ込んだ、漁業用の網を使って動きを封じていく。マジェントマジェントのように、そのまま海中投棄するのかと思いきや体から『何か』が落ちたとたんに、ボロボロと夜露の体が崩れていく……。しゃぼん玉で酸素を奪おうとしたり、海中での定助の追いつめ方には妙な迫力があった。もともと、こういう性格のヤツなのか? それから、つるぎが語った街に紛れる夜露の日常風景は不気味さがあったが、それを行方不明になった夜露のチンチンを定助に探させようとする憲助が上手く中和していた。「来週の朝はハワイ沖かな~~」の後につるぎが「来週ハワイかぁ……」と、続いているのもイイ。

・#033 定助!東方フルーツパーラーへ行く
夜露の持っていた謎の『フルーツ』が、全ての謎を解き明かすカギだと定助は考える。しかし、憲助も知らないその正体を調べるために『東方フルーツパーラー』の事務所に行くことになる。駅前の店の並びからパフェの容器に至るまで、憲助がドヤ顔で説明する流れが良かった(『どやっ!』という擬音付き)。定助がフルーツパフェをたっぷり堪能しているところに、帰国した常敏が突然現れる。相田みつをの詩を引用したり、パラワンオオヒラタクワガタを定助にプレゼントしたり、どこかつかみどころがない。しかし、落としたハンカチにキング・ナッシングが反応。あの『フルーツ』の形が浮かび上がる……。

・#034 毎日が夏休み その①
常敏が『フルーツ』関わる情報を持っていることを確信した定助は、つるぎの助言を受けてクワガタを使って揺さぶりをかけていく作戦に。デモンストレーションのパラワンオオヒラタクワガタvsスズメバチの一戦は、かなり迫力があった。しかし夜露戦のときといい、常敏を虫相撲の流れに引き込んだり、定助は口が達者になった印象がある。それからトビラの家族写真(#007で撮ろうとしたもの)にはいるものの、蜜葉の姿が見えないのが気になる。夫が外国から帰って来たのに出迎えた様子もないし。そもそも、つるぎの世話をしている風でもないし。



八木山夜露が去って、現れた東方常敏。定助は、彼から『フルーツ』の情報を聞き出すことができるのか? その方法は『クワガタ相撲』だッ!







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/20(月) 13:19:42|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:2

ジョジョリオン 第7巻の感想


ジョジョリオン 7 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 7 (ジャンプコミックス)
(2014/05/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る



『ジョジョリオン』第7巻の感想です。
第3部のアニメが放送中なので、前巻から2ヶ月のインターバルで発売です。まるで、週刊連載時代のよう。


・#027 東方憲助と東方つるぎと八木山夜露 その①
目を覚ました定助は、食べ物を持って『壁の目』の方に向かうつるぎを見つける。追跡しようとしたときに現れたのは、憲助。『孫を守るために』定助の質問に答えることになり、東方家に伝わる病を克服するために吉良吉影の助けを得ようとしていたことが判明する。笹目桜二郎の話によると吉良は『船医』だったそうだから、医学的な知識とスタンド能力を持っていて『治療役』にはピッタリなのか。改めて地下室に向かおうとした定助だったが、大きな植木鉢の陰から八木山夜露に触られたことによってスタンド攻撃の対象になってしまう。あと、康穂に便器のフタで殴られた常秀のダメージは、かなり深刻な様子。このまま、ずっと意味不明な言動をくり返したりして。

・#028 東方憲助と東方つるぎと八木山夜露 その②
植木鉢の破片が、定助の体の中心に向かって加速度的に集まってくる。一度はS&Wの能力で逃れるものの、小さな岩の陰から再び夜露に触れられたことによって(今度は憲助も)、無数のイガグリが襲ってくる。『岸部露伴は動かない』のアワビといい、ひとつの食材でここまで緊迫感を演出できる人は他にはいないだろう。あと、定助が康穂のことを「この世でオレが知っている人は…… 彼女…ただひとりだけだ」と言ったのに対し、憲助が「おまえのことを思っている人がこの世に誰もいないと考えるのは違う オレとかもいるだろ……」と答えたのが良かった。憲助は中ボスのような立ち位置だと思っていただけに、意外な言葉だった。

・#029 東方憲助と東方つるぎと八木山夜露 その③
つるぎは、夜露から病気の治し方を教えてもらうために、定助のことを妨害していた。まあ、これは夜露にダマされているのは確実なんだろうけど、病気への恐怖心がある9歳の男の子にソレを判断をする力はないか。S&Wでクリのトゲから水分を奪って時間を稼ぎ、ハッチを閉じているチェーンを破壊して地下室に入る。S&Wはもちろん、憲助のスタンドも遠隔操作型でパワーはない。なんとなく、第7部ぐらいからパワー型のスタンドが減っている気がする。『魔術師の赤』とか『ザ・ハンド』みたいな、“大砲役”みたいな仲間がひとりは欲しいところ。そして、憲助のフラッシュバックで母親の伴子の姿がチラリと描かれるが、第4部の朋子さんとはすいぶん雰囲気が違うな。

・#030 キング・ナッシング
つるぎが夜露を信じるようになったキッカケが明らかに。#022に出てきたあの犬には、こういう意味があったのか。そして地下室からさらわれた康穂を『「匂い」が見える』憲助のスタンド『キング・ナッシング』が追跡する。ジグソーパズル柄のスタンドが、1コマだけ康穂の花モコモコスカートになっているのが面白かったが、1回崖の先端に行ってから、ぐるりと戻ってくるコマは不気味さがあった。そして定助は、体を岩のようにした夜露に三度触れられてしまう……。それから気になるのは、163ページの憲助の等価交換の説明のコマ。子供のころの憲助と伴子の間の矢印は病気を受け渡したということだから、理解できる。でも、吉良←→憲助と伴子←→定助の間の矢印には、どういう意味があるんだ?


岩人間の夜露の正体とは? そして初登場時に康穂に仕掛けたラップ攻撃は、いったい何だったのか?











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/05/21(水) 17:39:32|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

FC2Ad