晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 18号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『弱虫ペダル』から、巻島裕介さんです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。シールが付録に。残り500メートル。激走を続ける5人。最終局面は、ゴール前に設けられた2つのコーナーをどう攻略するか。御堂筋は、ここで超前傾フォームになり、黒田もコーナリングに自信がある様子。今泉は、あっさりと鳴子に託したな。

・刃牙道/板垣恵介
一撃を受けてダウンする武蔵だが、すぐに九節鞭の特徴を見抜き、烈から奪い取ってしまう。烈は、次の武器を用意しているのかな?

・実は私は/増田英二
委員長と桃地さんに終始振り回され、最後にはなぜかフラれた形になってしまう黒峰。どうやら桃地さんは、凛ちゃんと同じく未来人の様子。でも、そうすると委員長が、未来で忍者になるということになってしまうけど……。どうなんだ?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
仁王が空流親方の墓前でマゲを切り落とし、部屋で鯉太郎らに親方就任の決意を伝える。今回で宝玉光編は12話目。次回は宝玉光の罵りターンだろうから、最短でもあと2~3話はかかるか。

・Gメン/小沢としお
センターカラー。伊達が、勝太をツーリングに誘う。そして、梅田が伊達の『本当の恐ろしさ』を語る。まさか『Gメン』のGって『Gay』のGだったのか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
夜更かしがたたり、昼夜逆転生活になってしまったイカ娘。最終兵器としてシンディーが投入されるが、水着以外の服装は意外とレアか?

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
バド部入部を賭けてレオと よっち(口ひげ金髪デブ)の試合が行われることに。しかし、もともと感覚で打つタイプなのに1年のブランクがあり、女の子との約束というモチベーションもない状況なので、一方的に押されてしまう。鈴蘭さんのひと言からの逆転のスマッシュ(アウトだけど)の見開きの迫力が良かった。これで入部できたし、次回からは改めてバドミントンの基礎を学んでいく展開か。

・囚人リク/瀬口忍
拘禁部屋から出されたリクたちは、トンネル掘削の重労働を課せられることに。そして、極楽島が関東平野の一部を立ち入り禁止(=陸の孤島)にし、造られたケシ畑の巨大プラントだと明らかになる。田中も言っているけど、自分の悪事の本丸にリクたちを放り込んだ鬼道院の意図は何なんだ? そして、どこに向かってトンネルを掘っているのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
下平のレギュラー入りに大船が異を唱えるものの「インターハイで優勝」という言葉で、逆に部が一致団結する。そして、合宿を経て東京予選がはじまる。相手の冬樹高校にも良いサーバーがいるみたいだけど、かませ犬にされるんだろうな。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
大食い2大巨頭のノムさんと、不二矢ペロが遭遇。5キロのカツカレーを共に完食する。ビジュアル面に大きな差はあれど、共通の趣味?を持つ者同士として打ち解けたのが良かった。それが今後も続くかは分からないけど。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
赤一郎は初球に盗塁を試みるものの、二塁で刺されてしまう。続く2回裏のスターズの攻撃で、ついに剛球仮面がストレートを解禁(not剛球)。しかし、山田は直球を投げる時のクセ(右足の跳ね上げ)を見抜いた様子。一気に畳み掛けるか?

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
最終回。行徳(GKT)の良いところを48個あげてみる。しかし、最後のアオリが『次の仕事は漫画か、それとも……!?』は、ヒドイだろ。事実上の最後通告なのかな。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
マジカル・パートナーのサボちゃんによって、簓の能力は『特になし』ではなく、制御不能の強すぎるものであり、初使用後は発動していないことが明らかに。スカンクの臭気のなか、あきらめかけたところで、分身ハーピーを退けた雫たちが助けに来る。次回は、反撃か。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
スマホを取引材料にし、死神と桐島さんの命を賭けて勝負することに。生きていた時代の差を活用した、いい作戦だった。そして、意識を回復した桐島さんから、圭一と調べていた未捜査案件の概要を聞くことに。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
ゲーム中の“ハリウッドの宝石”ローラ・ビアスはジャングル内で、ココら3体のゾンビと遭遇してしまう。いっぽうトミナガ&マユは、サバイバルを楽しんでいる。そして、イネスはスクリュー魔人に苦戦中。各パートの明暗差がスゴイ。

・クローバー/平川哲弘
ハヤトの飛び膝蹴りや右ストレートが決まっても、楠は何度も立ちあがり続ける。もう勝敗の行方は見えたので、あとは春木の心がどう変わるかの問題か。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
海編がスタート。終始テンションが高すぎる女性陣とは裏腹に、優はローテンションのまま。気になるのは、早乙女が言いかけた言葉か。あと、水着披露に6ページ使ったのは評価したい。

・私のお兄ちゃんはサイボーグです。/福地カミオ
短期連載1話目。不慮の交通事故によって死んでしまった兄・渡が、通りすがりの天才科学者によってサイボーグ化されて復活。かねてより憧れていたヒーロー活動を始めようとするが、世間体を考えた妹の和に止められてしまう。今回は、キャラの顔見せという感じ。サイボーグネタというよりは、兄弟愛の方が中心になりそう。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
試合は、一気に9回表の麻生西の攻撃に。八紀が永源への思いと意地を込めた一打で、二死から出塁する。まさか、終わりに向けて巻きに入ったのではあるまいな。

・黒虎/鈴木快
雪丸とのバトルの中で、虎鉄は『全部守る。何も見捨てない』という、主人公理論を発動させる。一発入れることもできたし、これで雪丸を説得できたかな? あと、ガレといる彦十郎がポイントになるか?

・木曜日のフルット/石黒正数
頼子が、動物の気持ちが分かるアプリをフルットで試してみる。枠外で『架空のアプリケーション』って断っているけど、こういうのって実際になかったっけ?





次号から、渡辺義彦の新連載がスタートです。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/04/03(金) 17:53:57|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad