晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

トクサツガガガ 第2巻の感想


トクサツガガガ 2 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 2 (ビッグコミックス)
(2015/03/30)
丹羽 庭

商品詳細を見る


『トクサツガガガ』第2巻の感想です。
表紙は、仲村さんが獣将王の3人を撮影しようとしている構図ですが、構えているカメラを調べてみたら定価が10万ぐらいするじゃないか。

RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DA18-135mmWRレンズキット イエロー/ブラック 028 K-50 18-135WR KIT YELLOW/BLACK 028 11416RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DA18-135mmWRレンズキット イエロー/ブラック 028 K-50 18-135WR KIT YELLOW/BLACK 028 11416
(2013/07/05)
ペンタックス

商品詳細を見る



・第10話 理想の男性
第9話での母親との激闘の影響を心配した同僚たち(彼氏に別れ話をされたと勘違い)と、登山することになった仲村さん。さらに、チャラ彦の友人である山岳ガイドとイイ雰囲気だと勘違いされるが……!? しかし、今回仲村さんはメンタルダメージを負っていたとはいえ、かなり大胆な行動に出たな。近くにいた同僚に「なにしてるの?」と聞かれたら、なんて答えたんだろう? あと、例えに出た『特撮峰』って30話がピークなのは当たり前なのかな?

・第11話 聖地でトクサツメモリアル!?
中野(ブロードウェイ)に遊びに来る。しかし、様々な商品に目移りしているあいだに、吉田さんとはぐれてしまう。ここは探すべきが、それとも自分の目当てのモノを物色すべきか。悩んだ末に仲村さんが出した答えとは……!? 様々なお店や商品を美少女ゲームに例えた内容だったが、それよりも劇中劇パートでずっと大きな葉っぱを傘代わりに持っているチェルダのほうが、数倍カワイイ。

・第12話 「てれびくん」の買い方
ネタバレ回避のためにCMを見ていなかったので、児童向け雑誌『てれびくん』で応募できる、獣将王の特別DVDの存在を知らなかった仲村さん。第8話で登場した任侠さんに教えてもらった時には、すでにネットでもプレ値がついてしまっていた……! 任侠さんが『非実在甥(姪)戦法』で漢を見せる流れが良かった。特撮ファンは、こうやって日々戦っているんだな。今回は、同じ小学館発行の『てれびくん』が使われたけど、他社の雑誌ともコラボしてみてほしいところ。

・第13話 合体ロボ、タテガミ丸
合体巨大ロボには手を出さないと決めている仲村さんだが、獣将王に登場する『タテガミ丸』には心を動かされていた。しかも、購入を後押しするような条件がそろった絶好のお店まで見つけてしまい……!? いつもは、仲村さんの(特撮から得た)教訓を聞いて感心する後輩の小野田君の行動で、仲村さんがタテガミ丸をお迎えする踏ん切りをつけるという、通常パターンとは逆の流れが良かった。それから『悪夢の12体合体』の腰の部分が、どうしてもラジカセに見えてしまう。

・第14話 かけがえのない時間
土曜日に仕事に駆り出された仲村さん。しかし、暴風雨で交通網がマヒしてしまい帰宅困難者に。ニチアサタイムに間に合うのか……! オシャレヒールを履いてきてしまったがために、足手まといになっているチェルダ(仮)さんをかばう流れの中とはいえ「本を読みたい! TV観たい! 帰って寝たい!は なぜ『用事』として認められないのか!」という考えには、激しく同意せざるを得ない。

・第15話 イケメン星人
チャラ彦のルートで、別部署の女性2人(ユキちゃん&ミカっち)と一緒に特撮出身のイケメン俳優が出演する映画を観に行くことに。しかし、特撮星の仲村さんとイケメン星の2人のあいだには、想像以上の距離が開いていた……! 仲村さんのテンプレ恋愛映画に対する皮肉の回転数もスゴイが、ミカっちがパンフレットを見てニヤニヤが止まらないのを察して、共感し直すという流れが良かった。ただ、メンバーのほとんどが宇宙人(虫を食べる、触ったものを焦がす、夜発行する )という『ストレンジャーV』は、ちゃんと戦隊モノとして機能していたのか気になるところ。

・第16話 兄ちゃんの威厳
関西で売れないバンドマンをしている仲村さんの兄・望が、ライブのために上京してくる。その手には、VHSでしか発売されていない特撮映画をDVD化したのものが。いっしょに鑑賞するなかで、過去の思い出がよみがえる……。仲村さんが小3なので、17年前の出来事。ビデオ録画をめぐる家族間のパワーバランスとか、現在ではあまり見られなくなった光景か。この話でフィーチャーされている『エマ―ジェイソン』は、第1話で頭のデカいフィギアとかムック本が確認できるので、前々から登場させることを考えていたんだな。

・第17話 本物かニセモノか
吉田さんの代理カメラマンとして、トライガーが登場するグリーティングイベントに来た仲村さん。そこでダミアンと出会うが、トライガーがテレビよりも細身な事にショックを受ける。仲村さんは、このままダミアンの特撮卒業を見送ることになってしまうのか……!? 141Pの『2.5次元特有の取り払えないぶ厚い壁』、トライガーのキャラを完全に演じきった中の人、ダミアンの「本物じゃなかったよ…でも、ニセモノでもなかった……」という名台詞もあり、この巻のベストエピソード。

・第18話 仲間作りは狩りだ!
獣将王に銀色の追加戦士が登場。それと同時に、仲村さんの人生にも新たな特撮仲間が生まれるチャンスが……! 第15話で知り合ったユキちゃんに『ストレンジャーV』のDVDを貸すことになるが、その方法について吉田さんから鬼のような指導が入る。『布教』するのに、ここまでの苦労をしないといけないのか。そして、吉田さんへのお礼の品(獣将王の食玩?)をうっかりロッカーのすき間に落としてしまった仲村さん。コレを拾ったのは……?

・第19話 警告
DVD貸し借りの流れで、ユキちゃんの部署の歓迎会に参加することになった仲村さん。ただ、その会のメインである北代さんは、子供じみた趣味を全否定する人だった。そして、無くしたと思われた獣将王の食玩が、仲村さんのロッカーに戻されている事案が発生。この2つが意味するモノとは……? この回は、話がヘビーになりすぎないためか『前回までのあらすじ』のコマや、吉田さんに電話した流れで自分の席まで木彫りの熊を持ってきてしまう仲村さん、コマ枠に手を乗せるダミアンなど、遊び心がある絵が多かった。あと、銀色の追加戦士がシシレオーに攻撃するときの迫力もスゴイ。


この巻では、オマケページで獣将王の3人のキャラ紹介が。獣モチーフなので野山が主戦場なのはいいんだけど、隠れ家が『ゴミ屋敷』(第9話でチラリと登場)ってどういうことなんだ? ヒーローとして、それでいいのか?
次巻『トクサツガガガ』第3巻では、仲村さんが『あの虫』と対決! お楽しみに!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/04/03(金) 06:58:31|
  2. トクサツガガガ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad