晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 16号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は、範馬刃牙さん。グラビアとポスターはNMB48の山田菜々さんです。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。Tシャツの全プレあり。1000円って安いな。手裏剣を使い切った烈の次の武器は、自分の上着。ブンブンと振り回し、足元に散らばる様々な破片を武蔵に向けて飛ばす。あくまでも、遠距離からの攻撃に徹するのか。

・弱虫ペダル/渡辺航
鳴子と御堂筋は、ゴールまで残り1キロを切る。後続の3人は350メートル離れてしまい逆転は難しそうだが、葦木場にはまだ逆転の秘策がある様子。ただ「もう箱根学園に失うものは何もない」って、1日目のスプリントと山岳のリザルトを取ってるだろうに。

・実は私は/増田英二
藍澤さんが取材を受けた、母星のテレビ番組をみんなで観ることに。そのトンチンカンな番組内容も面白いが、いつも横にいる白神さんのマヌケっぷりも良かった。特に81P2コマ目は、ケンガンアシュラの『裁かれなければならない』の人みたい。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
仁王は、稽古で宝玉光を粉砕。弟子の成長を感じ取った空流親方は、上機嫌で飲みに行った帰りに交通事故に巻き込まれた様子。これで死亡(か親方を続けられないほどの重体)で、代わりに仁王が親方になったので、復讐を誓った宝玉光から『逃げた』ということになるのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。小鉄たちに賽銭箱を壊された、激怒神社のポセイドン笠原が賽銭集めの鬼と化し、自動走行賽銭箱で街を疾走する。でも、仁の家が神社というのは、ピッタリなんじゃないかな。勝手にお金を入れていってくれるんだから。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
シーマンは、プロデューサーというのはウソの肩書で、BWOの復活が真の目的だったことが明らかに。そして、モリオから生きのびたトミナガに、マユは自分の正直な気持ちを明かす。さすがに、正ヒロインがビッチのままなのはマズイからな。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
ウナギ型モンスターに食べられてしまった狼一。内側からの脱出は不可能とあきらめかけたときに雫が現れた(助けようとして飲み込まれた)ことで、気持ちを奮い立たせ反撃に出る。今回は、スク水溶け描写があったので満足。というところで、謎の3人組の姿が。っていうか、簓の家にちゃんと行ったのかな?

・囚人リク/瀬口忍
全裸で目を覚ましたリクたち。鉄格子のすぐ向こう側が岩肌という牢屋で目を覚ます。共に投獄された周龍を殺そうとするレノマを、リクが制止する。まぁ、気持ちは別にしても、看守が来るかもわからない牢屋内に、死体を転がしておくわけにもいかないからな。一気に閉塞感が高い話になった。

・侵略!イカ娘/安部真弘
ダイエットに成功したと思って、上機嫌の千鶴。イカ娘は遠回しに、体重計が壊れていることを伝えようとするが……。いくらなんでも、40キロっていう時点で気づけなかったものか。

・Gメン/小沢としお
怒りに燃える勝太は5人をブッ飛ばし、八代も圧倒する。しかし、そこにエイトボール最強の金山淳が到着する。「殺スゾガキ」というセリフひとつで、頭の悪さを表現している。このまま勝太1人で相手をするのか、伊達が手を貸すのか?

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
コンサートに行った蛍は、桐島静香さんと出会う。一時期、圭一とつき合っていて、いっしょに未捜査案件を調べていた彼女が、参加していた退職する警察官の壮行会場で意識を失ってしまう。いっしょに喫煙室に入ったという『黒づくめの男』、そして圭一が目撃した男。容疑者は2人か。

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
工事現場を前にして『どんな建物ができるのか?』と、妄想するNJ。ここまでゲームセンターが好きなら、そっちのマンガを描いてみても面白いんじゃないだろうか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
期待された武藤だが、三球三振。続く金太郎もワンボールツーストライクまで、打席でピクリとも動かず。この後は三つ子と剛球だから、広島は打線が弱いんじゃないか?

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
前回のハプニングに対する辻浦さんのリアクションは、意外と乙女なモノだった。優もミョーに意識してしまう。しかし、早乙女君は、早くも恋愛戦線から脱落してしまった感じ。次回からは、夏休みがスタート。

・クローバー/平川哲弘
楠の、怪物が故の孤独な心情が語られる。自分に会いに来てくれた春木への恩返しの思いから猛ラッシュをかけるが、ハヤトは大木への一本背負い → 顔面蹴りというコンボで逆転に成功か!? 次回、休載です。

・はらまき/小川真孝
短期連載最終回。今回は、主要キャラ総登場だし(先生含め)、絵も丁寧だったのが良かった。再登場に期待したいです。

・ハリガネサービス/荒達哉
紅白戦が続く。松方のトスを読むのではなく『松方を騙せ』というアドバイスを受けた下平。今回は、MBとしての成長が見れたのと、手首を固めるハリガネのイメージが、ブロックにも生かされたのが良かった。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
永源の後続は、之路が打ち取る。その後は両校とも得点がなく、4回裏の桐湘の攻撃。2順目に入ったことで投球の組み立てを変えた永源の前に、柊と清作が倒れる。そして、弐敷もツーストライクに追い込まれてしまう。335P5コマ目の観客の絵柄が、どこかで見たことがあるような気がしてモヤモヤする。

・黒虎/鈴木快
前回登場した異形の戦士、ガレ・ガラティアは黒船のポセイドの側近だということが判明する。様子をうかがっていた佐之助をあっさりと見つけ出し圧倒するほどの力量の持ち主。カギである叢雲と獣鉄を狙っており、人質にとった夏夜との交換を迫る。能力も、ただ透明になる以上のものがありそうだし、かなりの強敵っぽい雰囲気。

・私を食卓に連れてって/しまだ
短期連載7話目。下赤塚がいきなりブッ倒れて、ご飯の聖母が生き返る。これまで下赤塚が素晴らしい料理を作ることが出来た理由が明らかになるものの、柳瀬川さんによって『なぜ、生き返ることが出来たのか?』という疑問が提示される。次回、最終回です。

・夢を犯せ旅人/こーへー
読み切り。他人の夢の中に入ることのできる能力を持つアリスは、嫌いな相手の夢の世界に入り込み、メチャクチャにすることでストレス発散していた。いつも嫌なことを言ってくる池面美男(いけづら よしお)をターゲットに定めたアリスは、校内で居眠りをする池面の夢に侵入する。いい意味で厨二病全開の内容。独特な絵柄と夢の中の雰囲気もいい。ククリナイフは最近事件に使われたけど、問題ナシなのかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
小学生時代、服のバリエーションが少なかった鯨井先輩。そのことをからかう男子がいたが……。タイトル下のフルットが、忍者じゃじゃ丸に見える。





次号から、石坂リューダイの新連載が始まります。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/03/20(金) 14:13:22|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad