晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

別冊少年チャンピオン 4月号の感想


別冊少年チャンピオン 2015年 04 月号 [雑誌]別冊少年チャンピオン 2015年 04 月号 [雑誌]
(2015/03/12)
不明

商品詳細を見る



別冊少年チャンピオンの感想です。悪天候による輸送トラブルで購入が遅れました。表紙は、クローズZEROⅡから滝谷源治さんです。




・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
巻頭カラー。蘇生薬を完成させた忍だが、自分の身体を実験台にしたために病院に担ぎ込まれるが、その後暴走して街に飛び出す。いっぽう、白金宗の指令で蘇生薬の成分分析をしていた鞘野は何者かに襲われ、蘇生薬を奪われてしまう。そして、みかのは倉庫爆破の件を芥に問い詰められるが、こちらも取調室を爆破して逃走する。さらに、謎の女性も出現する。いろんなことが、同時に起きはじめた感じ。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
オールキャスト・ブックカバーが付録に。今回は熊本台一編。田浦の、ケガをしてしまった吉本への想いが描かれる。ただ『肥後もっこす』は、あいさつではないと思う。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
花山はリムジン内に逃げ込んだ国松を、そのまま一気に車ごと海まで押し出してしまう。このまま、G・Mと一戦交えるのかな。

・やさい学園/前原三十日
最終回。男爵はコロッケに、レンコン先生とトマト先生が結婚し、聖子ちゃんは風呂吹き大根に。という具合に、それぞれの進路が決まっていく。そして、シイタケは……。いい感じのラストだけど、やっぱり2巻は発売されないか……。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
センターカラー。ついに、鈴蘭vs鳳仙が開戦。いきなり源治と鳴海が激突するが、すぐに乱戦の波に飲み込まれてしまう。そして、最初のマッチアップは、忠太vs芝山の様子。筋肉対決か。

・サンセットローズ/米原秀幸
センターカラー。怒りに捕らわれたチェリーはバグロスに挑むものの、接近戦では歯が立たず。ボコボコにされ、弓も折られてしまう。ロストマインドの砦には何もなかったが、実はリグス・トルムから託されていた姫が、パキの言葉で瞳も心も開き器を渡す。バグロスは、最終対決を2ヶ月後に設定。まずは、折れた弓の替わりの新品を携えた師匠が現れる。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
センターカラー。篠塚が拉致られる前に、カナメが接触していたことが明らかに、その分、余計に助けられなかったという思いが強く、後悔の念が残る。エイスが待ち構える倉庫まで来たサンセット・レーベンズだが、そこを大量の警察の車両が取り囲む。タゴナカさんたちと合流するのかな?

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、ガチレンジャーの映画を観に来た矢部っち&ひとはの様子を、杉崎らが観察する。2本目は、松岡さんがメルアドの『ghost』のスペルを間違えてしまったことから、悲劇の伝言ゲームが生まれることに。しかし、宮下の観ようとした映画のB級感が、ハンパないな。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー。『せと』ってひらがなで書くと、人が殴られている絵に見える。という話。だけど、それぞれのモノローグというか、心の中のツッコミのテンポが最高だった。「身に覚えのない心ない誹謗中傷!」「煽る射幸心!」「和製ホラーの底力!」「自己保身からくる予防線!」とか、言葉のチョイスも最高。

・戦行の主夫/栗元健太郎
読み切り。家庭の事情と愛する人と結婚するために、主夫になることを決心した大森真悟は、全国有数のお嬢様学校のとなりに併設された『主夫養成学校』への入学を目指す。基本的には、ガチムチ男のグルメ物なのだが、食べたときのリアクションというか、料理を食べたことで起こる体の変化は、もっとブッ飛んだほうが良かったのかも。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
センターカラー。未来の世界を救えなかったアヴニールの後悔や怒りの念に引きずられず、自分がいた時代まで平和でいてほしいという祈りを受け取ったシオンは、歴代牡羊座の想いも聖衣を通じて受け継ぎ、カイロスにスターダストレボリューションを繰り出す。これで封印の地からは脱出できそうだけど、それで万事解決となるのかな?

・ガンロック/猪原賽&横山一
病院に立て籠もったダイヤモンドの星核兵の“説得”に向かったホームズは、そこでドクターM(車イスを使わず立っている)と再会する。一度ホームズが殺したという過去の因縁も気になるし、かなりストーリーの核心に近づいているのかも。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
センターカラー。坂井柚希は『崖っぷちの風船大好きっ子』に勝利し、謎の箱の中に入っていたトゲ付き鉄球型のグッズを手に入れる。そしてワビコの正体が、ユズルとトウヤの過去と関係のある女子高生・久美子だと明らかになる。ユズルたちは、祠を通り謎の空間へ。そこでついに黒幕のトウヤと対峙する。これがラストゲームの雰囲気だけど、顔が初公開された姉はどういう役割があるんだろうか? チョイチョイのチョイス。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
センターカラー。関東エロDVD採掘連絡会の会長の正体は、なんと行方不明になっていたゆいかの父親だったッ! 敵側にいる反町湖芽賀夫(そりまちんこ めがお。関東ボディペイント街角闊歩会所属)に、ゆいかがエロスを刺激され、逆転勝利する。でも、勝ったのにケベスクラブには入らないといけないのか。

・サクラサクラ/もりしげ
敷島と仲良くする花坂を見て、姫城さんのイライラがたまる。さらに「こういう人生も悪くない」=『御老人の思惑通り』という花坂の言葉で、姫城さんはガマンの限界に。しかし、夜になって強い風雨がテントを襲う。あと、522Pで花坂が「花坂さん」という誤植。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。風森さんと羽井さんが、休日に2人で映画を観る。さらに、お泊り会に誘うなど、いつもと違う表情を見せまくる風森さんの破壊力が高かった。しかし、魅重義の角に向かって躊躇せず板をフルスイングするインちゃんの無邪気さよ。

・妖怪事件/中斉翔
読み切り。新人まんが賞佳作受賞作。地中から、綺麗に管理された子供の白骨死体が発見される。幼いころから奇妙な事件に惹かれるリサ・スタントンは、仮面をつけたFBI捜査官のスミサキとこの事件を調べることに。使命感に駆られるリサと飄々としたスミサキの対比も良いし、全体の構成、犯人妖怪とスミサキのバトル、どの点を取ってもレベルが高かったと思う。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
花粉症のデンのために、対策を考えるフルットたちだが……。マスクをつけようにも、耳が上だから引っかけられたないのか。





次号は、脇山樹人と稲山覚也の読み切りが載ります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/03/14(土) 19:25:45|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad