晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

とっかぶ 第4巻の感想


とっかぶ(4) (アフタヌーンKC)とっかぶ(4) (アフタヌーンKC)
(2015/03/06)
桑原 太矩

商品詳細を見る


理想の放課後ライフ『とっかぶ』の感想です。最終巻となります。

#18 ロマンスリッパー
サワの下駄箱に、いまどきラブレターが入っているという事案が発生する。いつもは、ガンガントラブルに首を突っ込んでいくスタイルのサワが自分の事、しかも恋愛関係ということで、ダメダメになってしまうのがカワイかった。しかも、部室に置き忘れたラブレターをクラゲが読んで勘違いしたことから、いろいろとややこしい状況になってしまう。ところで、サブタイトルは『ロマンス・リッパー』と『ロマン・スリッパー』のどっちの意味なんだろう? 両方?

#19 徒歩2分のダンジョン
校長が先代から譲り受けた蓑亀『ため吉』が、校内で行方不明に。特課部が、その捜索を(イヤイヤで不本意ながら)依頼される。サカヤキが嗅ぎつけた先にあったのは、謎の地下水路。そこで待ち受けていたのは、1人の老人と巨大トカゲだった……。事件の解決を依頼され、3人で行動して謎を解決。という、お手本のような構成。もっとこういう日常の謎解きみたいなエピソードを、たくさん読んでみたかった。そして、この功績を校長が評価し、クラゲとユーリの更生期間が短縮され特課部活動が終了することに。

#20 とっかぶ
特課部から離れたものの、やはり心のどこかでモヤモヤのあるユーリとクラゲ。なんだかんだと言い訳を作りながら、部室に顔を出そうとする。そして、屋根のペンキを塗り直していたサワが落下 → ペンキで汚れたユーリが壁に手形をつけまくる → クラゲがそれを隠すために『とっかぶ』と書くという流れが良かった。タイトルロゴをこういう形で生かしてくるとは。そして、この“落書き”を翌日までにキレイにできなかったので、ユーリとクラゲは再び特課部として活動することに。

#21 それぞれの学園祭
学園祭がスタート。サワはステージでのヒーローショーを企画したものの、丘町さんにあっさりと却下され終日警備を言い渡される。この話は、学園祭の楽しそうな雰囲気と丘町さんからアサリちゃんへの“引き継ぎ”、サワが作った衣装を着て部室に泊まる3人が見どころといった感じ。あと水卜先生は、化物語的なことをやりたかったのかな? あれがデネブ・アルタイル・ベガ……。

#22 ヒーローショー
間倶楽高学園祭伝統の裏行事『祭り男』が出現。コロッケそば60杯分の食券を賭けた紙風船割り合戦・バルーンファイトが勃発する。もちろん特課部も参戦し、各部活と連携・敵対しながら、祭り男が待つ屋上を目指すことに。剣道部や弓道部など、協力関係になった部活と事前に係わるエピソードがあれば、この辺の盛り上がりも違ったと思う。そして、クラゲらが陽動役となり、ひとり別ルートで屋上にたどり着いたサワが、祭り男の紙風船を割ってみせる…ッ!

#Final それぞれのカラーで
最終回。祭り男の正体は、生徒会長の栄村。彼にとどめを刺したユーリが、次期生徒会長に指名されることに。渋るユーリを説得するクラゲの「やったもん勝ちって案外ウソじゃない」というセリフが、この作品全体で言いたかったことかな。そして時間が経過し、エピローグへ。ユーリは間倶楽高で教師になり、クラゲはスパイ事務所(not探偵事務所)を開設。そして、サワは……。栄村会長と丘町さんが弁護士と検事になって対決したり、アサリちゃんがアナウンサー、カオルコが女優、大浦さんが特殊メイクアーティストの道を進んでいたり、それぞれのキャラの成長した姿が見れたのが良かった。


想像していたよりも、いいエンディングでした。間倶楽高に進学し特課部に入ったメロちゃんたちが、逃げたブタを追う190Pあたりは、映画だったらエンドロールが流れていると思う。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/03/08(日) 14:30:07|
  2. とっかぶ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad