晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 7号の感想


少年チャンピオン 2015年1月29日号 [雑誌]少年チャンピオン 2015年1月29日号 [雑誌]
(2015)
秋田書店

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は、弱ペダから小野田坂道さんです。


・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
新連載巻頭カラー。水着のアイドルたちが、サバイバルゲーム対決を行う『アイドルサバイバル』の撮影にADとして参加するために、富長タケルはソニドデ・トトーガ島を訪れる。しかし、到着早々姿を消したモデルのココは、仮面の男の銛攻撃によってゾンビ化してしまう。島ではブードゥー教の儀式も行われていて、不気味なムードが充満している。ストーリーはともかく、絵と印刷技術の相性が悪いのは前作と同じで、夜や森の中のシーンでは何が行なわれているかが分かりにくい。

・弱虫ペダル/渡辺航
トレーディングカード(巻島&真波)付き。黒田の脚の筋肉が、ロードレーサーなのかでも特別やわらかくしなやかだということが説明される。クライマーチームを追い越し、最後の勝負かというところで、後方から京伏が姿を現す。でも、1日目から3校の勝負をやるかな?

・刃牙道/板垣恵介
徳川公と本部の会話。ここまで、ちょいちょい本部上げの描写が入るということは、武蔵戦もやるのかな? あと、烈の演武に合わせて、トビラが17ページ目に来るのが良かった。

・侵略!イカ娘/安部真弘
渚のクラスメイトが、海の家れもんにやってくる。改めてイカ娘の危険さを知らせようとするが……。もう渚は、イカ娘のことを忘れて暮らした方が幸せになれる気がする。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
二日目の相手は、巨漢の力士・宝玉光。鯉太郎が、かつて付け人を務めていたらしいが、そこには空流部屋全体との因縁がある様子。今回は、取り組みの内容よりも、部屋の絆が強く描かれることになりそう。そして、大吉が序二段、常松(新しい四股名は松明)が前頭六枚目と、番付が明らかになる。松明は鯉太郎より上なのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
大鉄がタバコを買いに行こうとするものの、外は吹雪。それでも、喫煙欲が勝ってしまう。凍ってしまったタバコ仲間の浅野を助けてからの、オチまでの流れが良かった。

・実は私は/増田英二
あらためて、緑苑坂先生としてどう振る舞えばいいか? ということを悩む源二郎。黒峰との相談中に白神さんがやって来て、いろいろ大変なことに。あと5回で100話だけど、なにか記念企画はあるかな?

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
原稿明けのNJがタクシーの運転手と、つながリンリンする。1ページ目のデスマスクを連呼しているヨッパライが気になる。

・Gメン/小沢としお
勝太の一発で、誤解していることを悟った瀬名。あらためて優菜から話を聞き、黒幕が木場勇二だということが明らかになる。また瀬名が突っ走ってしまうが、梅田と薙のケンカの腕前も気になるところ。

・囚人リク/瀬口忍
遠ざかる極楽島を見ながら、それぞれ『自由』を噛みしめるリクたち。だからこそ、ここに椿がいないという事実が重くのしかかる。それから、沢田も同じ機内にいるということを忘れてはならない。

・黒虎/鈴木快
叢雲は気位が高く、力量の足りない者には刀身を見せてくれないという、なかなか厄介な刀だった。そこで、刃物を持たずに敵を切る月歌流体術を操る『卯の門』兎耳山家を目指すことに。祈&洋(&佐之助)と、新しい旅が始まる。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
山田と里中に味噌汁を振る舞った謎の男・金太郎は、水原勇気と知り合いだったことが明らかに、ということは広島に加入するのは間違いないか。土井垣の手袋を拾ったピノキオ鼻の男もいるし、カープがドリーム色に染まっていく。そして、準決勝の先発が里中ということは、スターズは決勝で誰を投げさせるつもりなのか?

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
前・学園の女王である橘さんが、改めて優にアプローチを仕掛けてくる。そして辻浦さんは、その現場を目撃してしまいドキドキ。ラブ分よりもコメディ分が多い方が、個人的にはいいんだけどな。

・クローバー/平川哲弘
大将戦・ハヤトvs楠高虎前のつなぎ回。いちおう、同点の場合は代表選を行うことが告げられたけど、さすがにハヤトが負けて来栖vs楠という流れには、ならないだろうな。

・ハリガネサービス/荒達哉
部のミーティングで大船の提案により、下平をレギュラー候補として扱うかという決を取ることに。そこで、ひとり手を挙げたのは、松平。下平のアキレス腱を切った足を『右足』だと確認したということは、左足一本で踏み切ってスパイクを打てるようさせる。ということか。でも、それだとブロックしにくくない?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
絶好のチャンスで打席に入った清作だが、三振に打ち取られてしまう。試合も、そのまま完封負け。児島や柊が4番をあきらめるなか、清作は蓬莱のバッティングから自分のバッティングに足りない物を見つけるヒントを探ろうとする。しかし、当の蓬莱はナックルボールを巨乳の女の子に例えるという自由っぷり。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
たとえ後ろ手に手錠をかけられていようとも、蛍のフィジカルは見場以上。そこに、圭一が見場の善意を連れてきて、無事解決。蛍が、これから立場がマズくなるであろうた見場を気遣うのが良かった。そして、圭一の後頭部が陥没骨折していることが発覚。この犯人を見つけるのが、最終目標かな。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
公式な試合ではないものの、真vsリョオがスタート。掌底やダイビング・ヘッドが真正面からぶつかり合う激しい戦い。バイオハザードも始まったし、シメに入っているのかな?

・最強少女さゆり/福田やすひろ
最終回。見開きトビラの全員集合から始まり、主要キャラが全員登場するハッピーエンドだった。次回作に期待したいです。

・チカカラチカ/天山まや
チカサーティーンがマジックを披露しようとするが、失敗。冷蔵庫の中に封印してしまった花の代わりに、いろんなものを頭に付けてみる。せっかく『LED電球』って言っているんだから、フィラメントを描かなきゃいいのに。

・木曜日のフルット/石黒正数
フルットが、ついつい怪談を盛ってしまう。でも、その後にブロンとウッドロウが目撃したのは……。ソレミテが終わって、心霊関係の発散場所がないのか。




バンビーナが休みでした。次号は、こいわ水色の読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/01/16(金) 13:05:00|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad