晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 6号の感想


週刊少年チャンピオン 2015年 1月 22日号週刊少年チャンピオン 2015年 1月 22日号
(2015)
秋田書店

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。悪天候などで購入が遅れました。表紙は刃牙道から範馬刃牙さんです。


・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。4巻の着せ替えカバー付き。宮本武蔵の解説ページあり。強烈な闘気を感じ取った烈は、義足を折られながらも顔面に蹴りを入れて、武蔵から初ダウンを奪う。そして、武器解禁の報せを聞いた本部は、烈にマシンガンを所持させるように助言する。だったら、守護るために自分が前面に立ちなさいよ。

・弱虫ペダル/渡辺航
鳴子が、必殺の『スーパーピラピラダウンヒル』で箱学との差を詰めるが、届け屋としての才能を開花させた『黒猫』黒田が、再びリードを広げる。山岳リザルトを争ったメンバーを追い越すあたりが、ひとつのポイントになりそう。

・クローバー/平川哲弘
吉良vs春木がついに決着。最後の力を振り絞ったハイキックが、炸裂する。これでハヤトチームは100ポイント。仮に大将戦に負けても同点ということになるけど、もう一回ルール変更があるかな?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。金鉄サイレント回。小鉄の習字を見つけたところから、様々なアクシデントに巻き込まれていく。ラストのタコまみれは、本当に地獄絵図のよう。

・実は私は/増田英二
あくまでも自分は、緑苑坂弓だとシラを切りとおそうとする源二郎だが、そこに茜ちゃんもやって来て、事態はさらにカオスな方向に。オチから考えるに、確かに女教師に変身する必要はなかったんだよな。

・黒虎/鈴木快
センターカラー。虎鉄の身体が回復。これまでの考えを改め『己の武士道』を求めていくことを誓う。そして、十二支神将の筆頭・子の門の根津大国守忠吉から、十二支神将の宝『真剣・叢雲』を渡される。これからは、仲間集めと宝集めを並行して行っていくのか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎と飛天翔の別れ。兄弟子から病気のことを伝え聞いた鯉太郎だったが、それを引きずった感じを全く見せなかったのが良かった。なんか、青春っていう感じ。さて、二日目の相手は誰になるのか?

・囚人リク/瀬口忍
ミサイルの追撃を受けるものの、前回作った火炎瓶で誘導レーダーを破壊し、ついに極楽島刑務所の壁を越えることに成功する。このまますんなり極楽島も脱出できるとは思えないが、脱獄は成功した!

・ハリガネサービス/荒達哉
前回バスに轢かれそうになったのは、駿天堂にいる日本一のリベロ・羽座川扇だった。その天然さとプレーレベルの高さを見せつける。そして、下平がバレーを始めるキッカケとなった人物ということも明らかになるが、そこには何か因縁がある様子。でも、この回想は後々まで温存されそう。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
クラスメイトの夏目くんの家の古本屋で、バイトを始めたニーナ。そこでの悪事を企むが、なぜかお店の業績をアップさせる結果に。でも、ラストではネローニファミリーの経営難が判明する。終わりが近いのかな?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
之路は4番の田市を抑えるものの、変化球のコントロールをミスして先生を許してしまう。その後も失点を重ねることに。いっぽう攻撃陣も4番争いが頭にあって、いつものバッティングができていなかったが、6回になってやっと反撃開始。でも『打球がランナーに直撃したらアウト』なんてルールがあったっけ?

・侵略!イカ娘/安部真弘
口笛が吹けないことに悩むイカ娘。夜に吹くことを注意した栄子の『人さらい』のイメージが早苗って、ちょっとヒドイな。

・Gメン/小沢としお
ブチギレ瀬名の迫力は、取り巻き女子たちも声を失うほど。ただ、濡れ衣を着せられた勝太も黙ってはいない。誤解を解くには、優菜本人がこの場に現れるのが一番だと思うけど、どうなるか。あとリサは鼻毛が出ているじゃないか。

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
今回は大家さんの話。NJを勧誘に来た宗教の人を撃退しようとする。こういうお仕事紹介路線なら、もっと編集部が協力して、どこかの工場とか会社の取材アポでもとってあげればいいのに。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
武藤と水原勇気が、出会ったころのことを回想する。これは、新規読者に対する説明という側面が強いか。ただ、東京メッツというチームが、現在どうなってしまったのかというのは気になるところ。そして、山田&里中の前に姿を現した野宿男は、何者だ?

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
辻浦さんがツキヨタケを食べてお腹が痛くなったので、学校を休むことに。これで、優の学校での孤立っぷりが浮き彫りになることに。ひとり弁当を『孤独のグルメ』風に乗り切ろうとするところが良かった。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
鳳蓮の全力をこめた左パンチに対しリョオは、腕折りから延髄に膝をたたき込む荒業で勝利する。ただ勝ち方に納得のいかないリョオは、すぐさま真に宣戦布告。一気に準決勝開始か?

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
蛍の作戦(乱暴される現場を隠し撮りして、悪事を暴く)を見抜いていた見場は、人目のない場所で蛍を殺そうとする。いっぽう圭一は、目の化物 = 見場の善意の中に入り、現在の性格が形成される原因になった出来事を知る。蛍が粘っているあいだに、圭一が原因を取り除くという流れかな。

・チカカラチカ/天山まや
チカサーティーンは、射撃も運動も苦手。しかし、意外な特技が発覚する。でも、サーティーンは、いつ自分が『プロレスが得意』と自覚するチャンスがあったのか?

・黒緋/こーへー
読み切り。新人まんが賞佳作受賞作。『鶴の恩返し』方式で、クモの巣に捕まったのを助けてもらったスナの家に来た、ドラゴン娘のクロアケ。しかし、お礼を言うためではなくスナをペットにするためで……という内容。角が生えていてまつ毛が炎というクロアケのキャラデザもいいし、絵は全体的に特徴があってカワイイ。見せ場の400~401Pはちょっと見づらかったが、全体的なレベルは高いと思う。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
さゆりちゃんのパワーを見抜いた課長は、さゆりちゃんを宇宙警察にスカウトすることで、事態の収拾をはかる。今回の終わり方からして、来週の最終回では『時は流れて……』パターンかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩入浴中に、地震が。しかし、ニュースで伝えられたことは……。これ『地震のニュース』と『自身のニュース』がかかっているのかな?




次号は、最強少女さゆりが最終回。そして、バイオハザードの新シリーズがスタートします。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/01/10(土) 14:40:25|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad