晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 4+5号の感想


週刊少年チャンピオン2015年1月12+15日号(4+5号)週刊少年チャンピオン2015年1月12+15日号(4+5号)
(2015)
不明

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は弱虫ペダル。坂道、鳴子、今泉の3人が、着物でお雑煮を食べるという、実にお正月らしい雰囲気になっています。


・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。ついに1日目のゴールを目指した戦いが始まる。黒田のアシストで葦木場を出した箱学に対し、総北はオールラウンダーに転向した鳴子が、今泉を引く。ただ、このマッチアップのまま最後まで行くと、坂道は初日に何もしていないことになるが、どうなるか? 今週は、クリアしおりとトレーディングポスター(今泉&福富)のほかに、総北ボールペンセット(金城キャプテン時代)の応募者全員サービスも。2015年も、弱ペダ推しは続きそう。

・侵略!イカ娘/安部真弘
海の家れもんでVIP席を設けることになるが、その場所は屋根の上。オチは、久しぶりに声を出して笑った。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。改めて、武蔵と烈の対戦が正式に決まる。どんな武器を選ぶかという他に、3日というインターバル期間をどう使うかもカギになってきそう。しかし、烈はYou Tubeを見ているのか。なんか、ショックだな。

・実は私は/増田英二
緑苑坂先生の秘密は吸血鬼だということだけでなく、源二郎最後の刺客 = 源二郎本人ということも明らかにッ! まぁ、ここは黒峰が男を見せて認めてもらう流れかな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
飛天翔の全てを出し切った張り手を受けきった鯉太郎は、そこから一気の電車道で寄り切って勝つ。次回は、飛天翔から引退の話を聞いて、どう反応するか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
春巻が、全財産(5000円)を投入して願掛けしようとする。逆わらしべ長者のような流れが良かった。

・ハリガネサービス/荒達哉
練習試合が終了。それぞれが、課題と問題点を見つけた様子。ラストは、下平がバスに轢かれそうになったのかと思ったけど、強豪・駿天堂の選手の様子。新展開か。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
1回裏。ストレートしかない之路は、狙い撃たれて無死一二塁のピンチに。ここまで直球にこだわってきたが、曲りの小さなスライダーをはさむことで、ストレートの効果を最大限に引き出す。ただ、麻生西の3番・八紀(ぱちき)は名前も見た目のインパクトも大きい。

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
妹先生の、園児をお散歩しているときの苦労の話。なんか『身近なところからネタもらってきました』感が大きい。ここから、NJなりの工夫を加えていかないと。

・囚人リク/瀬口忍
ヘリに積まれていた輸血用血液(AB型)で、レノマは難を逃れたと考えていいか。そして、今度の障害は対空ミサイル。電球で火炎瓶を作っていたということは、ミサイルは熱源を感知するタイプなのかな?

・クローバー/平川哲弘
ハヤトに対し“借り”を返そうとする吉良の執念のハイキックが決まって勝負あったかと思われたが、それでも春木は突進をやめない。どっちが勝つか読めないな。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
優は何もできなかったが、モンゴリアンデスワームのミイラを壊された辻浦さんの怒りの拳3連発が、ナンパ男、世紀末(あだ名)、爪男(あだ名)に決まって、無事解決。しかし、この辻浦&奈々子連合は強力そう。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
センターカラー。武藤は中途半端なスイングの三振で倒れるが、その後広島打線が爆発し、天谷の代打逆転3ランでカープが勝利する。そして準決勝の朝、傷心の武藤の前に現れたのは、水原勇気! そのまま広島に加入!

・Gメン/小沢としお
瀬名の前に現れた優菜は顔を腫らしており「勝太にやられた」と言う。これで瀬名の怒りに火がつき、勝太にキツイ一撃をお見舞いする。まぁ最終的な流れは予想できるものの、その中で晴太の強さの秘密みたいなモノの片鱗でも明らかになってほしい。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
見場創太は、自分の外見や性格、病気を抱えていることを最大限に生かして、他者を追いつめていた。状況を理解した蛍は、志田ちゃんと塞田先生に協力を仰ぎ、逆に見場をハメようとする。とりあえず、あの目の化物もどうにかしないとな。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
秋元さんとルチアの仲が良くないと考えたニーナと赤城さんが、2人の仲を取り持とうとするが……。なんか、もう秋元さんの裏の顔ってクラスの人にはバレている気がする。

・黒虎/鈴木快
傷心の虎鉄を佐之助が追いつめる。虎鉄がブチ切れる理由を『十二支神将だった母親を侮辱されること』と定義づけてくれたのがスッキリした。佐之助は、御堂筋君ぐらいまで成長するポテンシャルを秘めているな。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
真は決着早々、リョオのタイマン現場へ。片目が見えないという鳳蓮の弱点をついた戦いをするリョオだが……。あとバイクは担がないで、真を乗せてやれよ。足にナイフが刺さってたんだぞ。

・チカカラチカ/天山まや
地底子が、チカサーティーンと遭遇。その変わりように衝撃を受ける。ただ、13は扱いづらいキャラな気がする。17ぐらいまで脱皮しないかな。

・ひざまずけ豚野郎/中村勇志
読み切り。新人まんが賞大賞受賞作。相手を縄で縛り、罵りながら鞭で叩く『江素衛無除霊』を受け継ぐヒロインの絵真。まるでSMのような除霊法に抵抗を感じていた絵真だったが、好きな相手の雅弘君が鬼に取り憑かれていることを知り、その隠された才能を開花させる。特に、後半の水晶玉を口に入れてのパンチ → 「やめねぇよ バァーカ」 → 鞭打ち連打のコンボが素晴らしかった。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
課長の戦闘力は圧倒的。バニー、リコス、ハオを圧倒する。そして、事の元凶がさゆりちゃんだということに気づく。この流れは、まとめに入っているか……。

・木曜日のフルット/石黒正数
1年の終わりで物事を区切って考えるか…という話。ノラ猫たちは『独立』を目指すが、フルット以外の2匹は少なくとも自立はしているだろうに。



合併号なので、次号は年明け8日の発売。こーへーの読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/12/26(金) 14:50:46|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad