晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 51号の感想

チャンピオンの感想です。輸送トラブルで購入が遅れました。表紙は『弱虫ペダル』から小野田坂道さんです。


・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
新連載巻頭カラー。大家族の家事を一手に引き受ける主人公の赤木蛍は、ある日、失踪した兄の圭一の幽霊(ガイコツ姿)が見えるようになる。そして、進学した高校のクラスメイトの中に、近々死んでしまう人間がいるという。生前は優秀な警官だった兄が推理し、妹が実際に捜査するという分業制になるのか。死者は死者、生者は生者しか触れられないというのが、様々な局面でポイントになっていきそう。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。京都伏見&他校の名言小冊子付き。トップに立った手嶋だが、そのまま逃げずにチェーンが外れた真波を待っていた。ロードレースのルールはよく知らないが、こういうのもアリなのか。手嶋個人としてはともかく総北のキャプテンとして、この判断はどうだったんだろうな?

・刃牙道/板垣恵介
武蔵は「舞踏り」と言ったことを謝るものの、やはり二人の実力差は明らか。ただ、どうしても武蔵の見えない刀にビビるような形の決着になってしまうのは、どうにかならないものか。

・実は私は/増田英二
藍澤さんに、本国から強制送還命令が。処刑(お尻ペンペン)を恐れた藍澤さんは、獅穂さんに美尻にしてもらうように頼むが、いつのまにか痴女特訓に。ただ、この情報が兄から、しかも4月1日に知らされたというのが、全てのオチのような気も。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
ロッテの成績が悪かったので、涙の野球愛が消えてしまう。パTシャツを着ていない姿は、なかなか新鮮。そして、タイガー軍団の登場は、もっと新鮮。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
初日の対戦相手は、石川改め飛天翔。鮫島と同じく小さい体で相撲を取ってきた彼の身体にもダメージが蓄積し、引退寸前の状況に追い込まれていた。どうも、普通では対戦しないくらい二人の番付が離れているようなので、鯉太郎は前頭の上位ぐらいにいるのかな?

・囚人リク/瀬口忍
沢田の凶刃がレノマを襲う。腕からの大量出血で、もう動くことができない様子。看守は迫り、沢田が天野を人質にとってヘリの離陸をうながす。リク自身にできそうなことが何もないというのが、余計に辛い。

・侵略!イカ娘/安部真弘
侵略者の敵である、警察官の古川さんに密着取材をするイカ娘。なんか、すごい淡々と展開して終わっていった印象。

・ハリガネサービス/荒達哉
山縣先生と松方からの言葉で集中力を得た下平は、無回転サーブで1点をゲットする。この場面で、タイトルの意味が分かるのが良かった。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
水島先生旭日小綬章受勲記念センターカラー。インタビューもあり。ウォーリアーズとバファローズの対戦。不吉のプレーに惑わされるものの、花園のツーランHRで勝ち越した状態で、9回裏のマウンドに中西球道が登る。250Pの解説している豆タンのポーズが鼻につく。
  京都      大阪
先斗  投 1 左  不吉
沖田  中 2 中  坂口
真田  遊 3 遊  大引
微笑  三 4 一 T-岡田
牛之介 一 5 三  高橋
才蔵  右 6 二  安達
堀田  二 7 捕  伊藤
花園  左 8 右  駿太
呉   捕 9 投   西

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
今回は、イトが公園でたたずむOLさんから『目立ちすぎないことの難しさ』みたいな話を聞く。取材した成果と、マンガの面白さが上手く結びついていないような。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
“前・学園の女王”橘みどりさんが、辻浦さんからその座を奪い返すべく、嫌がらせをする。こうやって、ある程度キャラを増やしていってほしい。

・黒虎/鈴木快
プルートのノヴァの攻略法は、ダメージを逃がす場所の無い空中に放り投げることだと思っていたけど、そこからさらに地面を割って追撃を加えるというのは、予想外だった。これ、主人公抜きで勝つんじゃね?

・極悪バンビーナ!/中島こうき
ニーナに悪事を覚えさせようというルチアは、遠足の最中に秋元さんのお菓子を盗むという、極悪ミッションを課す。ただ、遠足というシチュエーションが必要だったかどうかは疑問の余地が残るところ。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
家で自分の試合のチェック(主にチーム内のライバルたち)をしている兄を見て、自分に甘えがあったことに気づく弐敷先輩。しかし、弟がダラダラたらしたヨダレを兄が凍らせるマンガなんて、世界中探しても他にないだろ。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
景寅の時間稼ぎの間に蘇生した真は、2発目のトールハンマーに対し噛みつきで対抗する。というところで、次号休載。掲載ペースが安定しない。

・チカカラチカ/天山まや
チカに仕えていた、地下くノ一の地底子が登場。チカツーの堕落しきった生活に愕然とする。でも、この子が脱皮した場合、名前の変更はどうするんだろう? 次号休載です。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
武蔵原vs立学の決着は、代表戦で決められることに。立学からは紅林が、そして武蔵原の代表にはレンが選ばれる。これが、ラストの対戦かな。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
連載再開。バニーが風邪をひく。看病していたリコスが思い出す、犯罪に手を染めた理由。「おかねが ただ“ほしかった”のか“ひつようだった”のか…」というセリフは、イイな。

・テツねこ/栗元健太郎
短期連載最終回。犬の能力を得た雅也に圧倒されるテツ。しかし、猫又が限界まで怨念を引き渡したことによって、逆転に成功する。短期連載としては悪くないけど、ここから正式連載に…となると、ちょっと難しい印象。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
吏毘堂たちが、枷井&鎮君を探すために様々な場所に行きいろんな人から話を聞くのは、これまでの総集編的な意味合いか。次回が最終回とのことだけど、ラストに一発かましてほしい。それから、やけに長い『前号のあらすじ』は、どんな意味があるのか?

・木曜日のフルット/石黒正数
突然、炊飯ジャーの隠しコマンドが実行され、窓の外に飛び出してしまう。鯨井先輩も陰謀論が好きなのね。


クローバーがお休みでした。次号から、小沢としお先生の新連載がスタート。ニャロメロンの出張連載も始まります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/11/22(土) 11:58:52|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad