FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ヴィンランド・サガ。

週刊少年チャンピオン 50号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年 11月 27日号(50号)週刊少年チャンピオン 2014年 11月 27日号(50号)
(2014)
秋田書店

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は範馬刃牙さんと鮫島鯉太郎さんです。


・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
新連載巻頭カラー。『バチバチ』『バチバチBURST』に次ぐシリーズ第3段で、幕内編。身体が100キロ近辺から大きくならない鯉太郎は、自分が『相撲に選ばれていない』と考え、全ての取り組みを最後だと思い全力を注ぎこんでいた。今回は序章ということで、本編の二場所前に行われたベテラン大関・明王山との取組の様子が描かれる。鯉太郎の身体はいたるところにテーピングやサポーターがあり満身創痍という感じ。最後となる場所で戦うことになる十五人は誰なのか? 天雷や王虎、仁王などは現在どういう番付にいるのかも気になる。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。対決前に独歩がコンクリートブロックやビン、木材を試し割りしてみせる。が、武蔵には、その意味が分からない。実際に拳を交える前に『空手とは何か?』みたいな話になっていくのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
現行箱学メンバーのポスター付き。残り400メートルというところで、真波のチェーンが外れてしまうまさかのトラブル。この隙に手嶋が逆転するのか? ここまでガマンしてきた対価と言えるのかもしれないが、主人公チームの勝ち方としてはどうなんだろう? となると、3位に転落した山形最上の川原群平の大逆転の可能性もゼロではないのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
フグオが幻のバナナを持ってくる。そのメチャクチャ滑る皮を踏んでしまったあかねちゃんを、なんとか守ろうとする。勇子ちゃんには、新井復帰ネタをやっていただきたいところ。

・侵略!イカ娘/安部真弘
『エビで鯛を釣る』ということわざを知ったイカ娘が、さまざまな人に親切してみる(そしてリターンを期待する)。気になるのは、侵略部の子の「お父さんのメガネを見つけたら千円もらった」という話の詳細。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
2週連続センターカラー。ひさしぶりにニーナが、イタズラをして悪人を目指す。ターゲットになったのは担任の紫先生だが、いつもは赤城さんやルチアがやりそうな役割を、南野さんが一手に引き受けていたのは何故なのか?

・囚人リク/瀬口忍
椿の死を知り感情が爆発するリクだが、レノマの苦悶の表情や田中の言葉で思い止まる。看守たちが迫るなかヘリに走り出したところで、ここまで姿を消していた沢田が動き出す。これは、レノマも脱落かな。

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
NJが、あんまり知り合いのいない草野球に参加することに。そこで、ドラマのエキストラをしている植田さんと知り合う。まだ、作品のポイントを絞り切れていない感じ。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
リョオの攻撃は、鳳蓮によってほぼ完封されてしまう。さんざん蓮の目がイイことを強調しているので『実は片目が見えません』という弱点かな。いっぽう皆月銅馬の必殺技をくらった真は完全グロッキー。負ける展開もあるのかな?

・実は私は/増田英二
3年生が卒業しても、華恋さんは学校に残留する。というわけで、生徒会長の仕事のひとつである『目安箱の悩み相談に答えるラジオ』の様子を、黒峰&白神さんが見学する。リスナーの『恋するSMD』が嶋っていうのはバレバレだったけど、もしかして『桜子』っていうペンネームで相談を送ってきたのは、さくらさんではあるまいな?

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
辻浦さんの趣味であるUMAのイベントが開催されている博物館に2人で行くことに。でもニセコイ路線だと、辻浦さんのチュパカブラ好き設定は邪魔になってくる気がするな。

・ハリガネサービス/荒達哉
桐城影のキーマンだった、リベロの三河中心のエピソード。他校がアタッカーとしてスカウトに来るなか、現監督だけがリベロとしての才能を買っていたいたということが描かれる。そして、この局面で山縣先生は下平の投入を決断。必殺サーブvs大型リベロというワケか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
柳田の打球はライトスタンドに飛び込み、ホークスが逆転。武田が完投でしめて、準決勝進出を決める。次の対戦は、バファローズvsウォーリアーズ。まぁ京都の勝利は固いので、新しいドリーム選手の登場を期待したい。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
まず、決勝は港南の勝利。7失点ということは、蛮堂はかなり打ち込まれたのか。桃ちゃんも「にゃあらー」は出せずじまい。そして國尾のアドバイスから、それぞれの長所を生かしたスペシャリストになろうとする桐湘の面々。やっぱり、安保の覚醒がいちばんのチーム強化になる気がする。

・クローバー/平川哲弘
引き続き春木の過去。他校のトップをタイマンで倒すものの、その後逮捕されてしまう。それが先輩と他校の生徒によるワナと知り、仲間を信頼することができなくなっている様子。もともとの育ちは良かったっぽいので、ショックが大きかったんだろうな。

・黒虎/鈴木快
プルートと猪頭親子の対決。ダメージが遅れてくるというノヴァの影響下でも、使い手であるプルートは特別待遇ということが分かり、ますます苦しい状況に追い込まれる。これは、虎鉄がフィールドの外にいるのがポイントになりそう。空間ごと斬るとか。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
祭田と紅林の激しい読みの攻防。内股 → 体落とし → 浴びせ倒し → 寝技と、激しく攻守が入れ替わる。立学のメンバーが寝技のはずし方をアドバイスしているシーンが良かった。そして時間切れで大将戦は引き分け。この場合は、代表を出しての決定戦かな?

・テツねこ/栗元健太郎
短期新連載3話目。前回のことでプライドを傷つけられた雅也は、研究中の新薬の力で犬の能力を手に入れる。魂が離れきれていなかったテツ&猫又が、再び合体して迎え撃つ。この対決で、ラストまで駆け抜ける感じか。

・チカカラチカ/天山まや
姉の逢さんのスーツがクリーニング中(1週間の特別コース)なので、御屋形家の収入が途絶える。チカツーもお腹が空いたと言っているけど、お前は水だけで平気だったんじゃないのか?

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
枷井がラッキースケベを起こしてしまい、クラスからバッシングを受ける。開き直ってすべての謝罪を拒絶したことで、完全に孤立してしまう。そんなときに、家を飛び出した鎮君(椿ちゃんの弟)と出会い、橋の下で夜を明かすことに。ここで、まさかの次回に続く。約2年の連載で前後編は初めてかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
女子会での夢にまつわるトーク。まさかのジョセフィーヌが登場。




次号から、木々津先生の新連載がスタートです。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/11/14(金) 12:55:21|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する