晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

週刊少年チャンピオン 48号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年 11月 13日号(48号)週刊少年チャンピオン 2014年 11月 13日号(48号)
(2014)
秋田書店

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道から範馬刃牙さんです。


・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。武蔵が警官を圧倒する様子を伝えるニュースを見る、愚地親子、ジャック、渋川ら。そして、まず動く決断をしたのは、意外にも本部以蔵。ただ、ニュースキャスターのモデルが滝川クリステルなのか、夏目三久なのかが気になる。

・侵略!イカ娘/安部真弘
イカ娘が、顔出し看板にハマッって抜けなくなる。イカ娘の顔に様々な液体をブッかけたり、白椙さんの描いた絵がポポポポーンだったり、ツッコミどころが多い。

・弱虫ペダル/渡辺航
今週にもクリアしおり(総北サポーターズ)が付録に。段竹あたりは、もしかするとコレが唯一のグッズ化になるかもしれない。本編では、ついに坂道がチームに合流。すでに4分半の差が開いているが、それでも先頭を追う。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
Q最近クラスが平和なのはナゼ? A赤城さんが大人しくしているから。ということで、ニーナと秋元さんが赤城さんの自信回復をはかる。図書室でポツリヌスしている赤城さんが切ない。

・実は私は/増田英二
黒峰の告白から、白神さんも素直に自分の気持ちを打ち明けて、見事カップル成立。見開きの小さな茜ちゃんが良かった。なんか、この感じのまま卒業まで続きそうだな。

・行徳の漫画家とイトの日記/沼田純
新連載センターカラー2本立て。売れない漫画家のヌマタが、急に喋り出したスマホのイトとくり広げるアレやコレやという内容。漫画家マンガ×スマホ擬人化だから、流行に乗ってるっていえば乗ってるんだけど、あまりそういう感じはしない。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
イジメられっ子の闇内カケル君が転校してくる。その『うらみはらさでおくべきか』な気持ちが、あかねちゃんに向けられるが……。効果音から背景のモブまで、藤子不二雄Aづくしだった。

・囚人リク/瀬口忍
リクたちは、ついにヘリポートに到着。ヘリの重し用のテトラポットを落とすことで、エレベーターの足止めに成功する。その隙にレノマは椿の救出に向かう。仮に救い出せたとしても、再合流はかなり厳しそう。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
改めて、辻浦さんからの告白。ただ、その理由はネコかぶりモード中に男を遠ざけるためにカップルを装うことだった。チャンピオン版のニセコイってことか?

・ハリガネサービス/荒達哉
桐城は、双子のセッター置鮎兄弟と、キャプテンの鯨川を投入。さっそく鯨川がその巨体を生かしたスパイクで大船をフッ飛ばす。一気に流れを引き戻されたか。

・テツねこ/栗元健太郎
短期新連載センターカラー。ある製薬会社の御曹司・大葉雅也のために局地的な治安悪化地域となった街が舞台。重傷を負わされた弟の復讐を狙う小塚テツだったが、先祖に恨みを持つ猫又に襲われてしまう。しかし、この2人(?)がイヤイヤながらも手を組むことになる。猫又が憑依したテツの姿は狙いすぎな感じがしないでもないが、それでも新連載の出だしとしては、かなりイイと思う。

・クローバー/平川哲弘
春木は、どんなに殴られてもガードもせずに前に出続ける異様なファイトスタイル。これは、吉良でもさすがに分が悪いか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
山田は、5球目のストレートを打ち返す。ライナー性の打球がレフトポールを直撃して、スターズが2試合連続サヨナラで準決勝へ進出。背景が暗転する見開きが素晴らしかった。

・黒虎/鈴木快
プルートのノヴァが発動。閉鎖空間内でのダメージのなすりつけ合いという能力で、今回は説明が主な内容。ただ、幹部が持つにはまどろっこしい能力だな。

・おいなりさんのいいなりさん/八谷美幸
読み切り。神社大好きっ娘の朱子を不慮の事故から救うため、キツネが憑りついてパンツを脱ぐ。設定も相変わらずだけど、それを説明し終わった後の316Pぐらいからの適当な疾走感がスゴイ。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
穂村は蛮堂も三振に切って取る。その裏の港南の攻撃。ヒット→盗塁→死球で無死一二塁のチャンスで打者は弐織義壱。しかも「にゃあらー!」しようとした桃ちゃんを凍らせるという頭脳プレーも見せる。ここは蛮堂の愛の炎が必要か?

・チカカラチカ/天山まや
圭と娘二人が、大型スーパーに買い出しに。チカツーとアンフォースは、地下戦争を終わらせる何かを探し回る。まず、そのプラモの知識はどこから入手したのか。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
一気に副将戦までを消化。1勝1敗2分けで、大将戦・祭田vs紅林戦にすべてが賭けられることに。このハイペースの巻きは、やっぱり終わりが近いということか。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
まろ美宅で、誕生日パーティーが開催される。基本的には、まろ助vs枷井ていう感じなんだけど、途中の捨てられたマネキンが不気味すぎて…。伏線は、もっと分かりにくくしようよ。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
ついにインリンとハオが合流。ヤスも痛い目を見て、ちょっとスッキリした。さゆりちゃんとリコスは未登場。バニーも申し訳程度。

・木曜日のフルット/石黒正数
フルットが、頭を使って生意気な飼い猫に勝利する。『クローバー』の吉良戦に合わせた登場なのか?



次号から、ギャングロードの連載が再開。橋本健太郎の読み切りも載ります。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/31(金) 12:32:41|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad