晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

ヴィンランド・サガ 第15巻の感想


ヴィンランド・サガ(15) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(15) (アフタヌーンKC)
(2014/10/23)
幸村 誠

商品詳細を見る



ヴィンランド・サガの最新刊が発売されました。もう、だいたい半年の間隔で発売されるペースで落ち着いた様子。表紙に描かれているのは、帯で『ヒロイン』と明記されている新キャラのグズリーズです。


・第101話 繋がれたアジサシ①
前巻ラストで詐欺と間違われたり、強烈なアッパーカットを喰らったりしたので出来なかった、姉弟の会話。頭の形を覚えていたということは、幼いころもトルフィンの髪はユルヴァが切っていたということか。そして、ぼっちゃん刈りにされヒゲを剃られたトルフィンは、この16年にあった出来事を家族に聞かせヴィンランド開拓の意志を伝える。そのためには資金が必要だが、アイスランドでそれができるのは第4話に登場した“鉄鎖”のハーフダンしかいない。

・第102話 繋がれたアジサシ②
ハーフダンの農場に来たトルフィンたちは、そこでレイフの義理の妹でありハーフダンの息子のシグルド(通称シグやん)の妻になる予定のグズリーズと出会う。メタルギアソリッドのようにタルの中に隠れて移動したり、いきなり“女の命”の髪の毛を切り落としたり、かなりブッ飛んだキャラという印象。

・第103話 繋がれたアジサシ③
凍った桟橋で転んで頭を打って気絶してしまったグズリーズ。船に運び込むその様子は、まるで人さらいのよう。目撃したシグやんも、当然そう考えた。未来の妻を救うために父親譲りの鉄鎖を振るうのも無理はないか。ただ、実力的にはトルフィンのほうが上。ハーフダンの介入もあり事態は収束する。ただ、ハーフダン家は、代々『鉄鎖術』を学ばなければならない掟でもあるのか?

・第104話 繋がれたアジサシ④
ハーフダンは、農場に金を貸す → 返済ができなかったら土地を接収する → そこの住人は小作人に。というやりかたで、規模の拡大を計ってきた。現代的な感覚ではそれほど悪どいというわけではないが(まぁ「誇りを奪って丸裸にするのが楽しみ」って言っているから性格は悪いんだけど)、当時の感覚やアイスランド人の気質からすると、受け入れにくい物だったのだろう。なんとなく、この話だけギョロ目が大人っぽく描かれていると思う。

・第105話 繋がれたアジサシ⑤
トルフィンとハーフダンの1対1の交渉。ハーフダンは担保と同額までなら出資できると提案するが、奴隷から解放されたばかりのトルフィンは一文無し。なにも差し出すものがない。言われるがまま靴をなめようとするトルフィンに一瞬、恐怖(?)を感じるハーフダンが良かった。カゴから出されたアジサシが、今後の展開を象徴しているのか? そして、シグやんの結婚式出席と引き換えに『イッカクの角24本』をゲットする。

・第106話 繋がれたアジサシ⑥
幼い日にレイフから聞いた『広い世界』の話。そのことからグズリーズは女らしく家を守ることではなく、船に乗って海に出ることを望むようになっていた。なので、花嫁修業にも身が入らない。でも、いいお妾さんがいるようなので、今後どういう展開になってもシグやんの将来は安心かな。そして、レイフはイッカクの角をギリシアのミクラガルド(現イスタンブール)で売りさばくことができれば、同等の重さの金に換えることができるという。一行は、かなりキツイ旅路になることを覚悟の上でギリシア行きを決意する。

・第107話 繋がれたアジサシ⑦
船乗りへの思いを断ち切ったグズリーズは、シグやんとの婚礼の儀式を済ませる。が、いざ初夜というところで無意識に体が拒絶。シグやんの足にナイフを突き立ててしまう。グズリーズが『ヒロイン』ということは、トルフィンたちの船に同乗することになるんだろうけど、そすするとハーフダン家とレイフ家、トルフィン家の関係が最悪なものになってしまう。そのあたりをどうやって解決するんだろうか? 


トルフィンたちは、北海 → バルト海 → ロシアの河を渡って黒海を抜けて、ミクラガルドを目指す航路を設定しているけど、このころはジブラルタル海峡は発見されていないということなのかな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/25(土) 16:01:32|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad