晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

週刊少年チャンピオン 47号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年 11月 6日号(47号)週刊少年チャンピオン 2014年 11月 6日号(47号)
(2014)
秋田書店

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、HKT48の宮脇咲良さんと兒玉遥さんです。


・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
新連載巻頭カラー。可憐な美少女転校生・辻浦めぐみさんの、実は危険度MAXのケンカっ早さとチュパカブラを信じる変人であるという秘密を日常無関心系の優君が助けるという、別チャン1月号に読み切り掲載されたもののを踏襲した内容。ただ連載するにあたって、そこに恋愛要素を加えてきたみたいだけど、言葉通りの意味にとってもいいものか。期待はできそう。

・弱虫ペダル/渡辺航
今週もクリアしおり(スプリンター対決&クライマー対決)が付録に。本編では、意識が飛びかけながらも手嶋が真波に喰らいついていく。山岳リザルトまではあと4キロだが、京伏の山口君がたった1コマで坂道に抜かれてしまっているのが切ない。

・刃牙道/板垣恵介
刃牙は、武蔵に勝つために自分の『型』を追い求める。いっぽう街を散歩中の武蔵に厳戒態勢の警察。コレ、どうやって止めるんだ? 本人があきるのを待つしかないか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
センターカラー。絶妙なコントロールで低めにストレートを投げ込む火浦。山田は、それをすべてファウルにしていく。そして5球目。桜木が走ったことに、どんな意味があるのか?

・実は私は/増田英二
いつも通りのギャグ展開があったものの、最終的には黒峰が自分の想いを白神さんに告げることができた。タイミング的には、このままハッピーエンド。もしくは、いったん休みをはさんで改題再スタートということもありうるか。

・囚人リク/瀬口忍
椿はブーツをフェイクに、抜群の身体能力で一気に内海を倒す。と思いきや、まさかのダメージを負うことに。最初はキレ者看守だったのに、そこから手柄を焦るマヌケになり、ついにはゲス野郎にまで堕ちてしまった印象。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
台風によって、屋上にある秋元さんのガス抜きスペースが壊滅的な被害を受ける。それを、ニーナ、ルチア、五色君のバックの会社の力を使って劇的リフォームする。今回は、ふつうにコメディとして面白かった。ヒットマンとかいらんかったんや。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
ハロウィン回。あかねちゃんの提案で、女子全員がコスプレ登校することに。それに対抗する男子は……。208~209Pにリコーダーが描かれているのが地味に怖い。あのマスクの中に、笛男が混じっているんじゃないだろうな?

・ハリガネサービス/荒達哉
松方が、倉光にセッターとしての格の違いを見せつける。「なにもここまで」というぐらい叩き潰した印象だが、逆に再戦があった時に痛い目を見そうな気がする。

・侵略!イカ娘/安部真弘
侵略部のコーチに渚が就任。過酷な訓練をイカ娘たちに課す。ただ、腹筋は回数よりも砂浜の上という場所がキツイ気がする。

・クローバー/平川哲弘
中堅戦は、真田の勝利。そして、ついに春木が2年ぶりにトーナメントの舞台に立つ。ここは、さすがに吉良が負ける展開かな。

・黒虎/鈴木快
マルスは、7年前の出来事をまるで覚えていなかった。でも、刀を折り虎鉄を返り討ちにする。ここは、猪頭父娘vsマルス&プルートという対決になりそう。そしてバックレようとした佐之助も、プルートの側近カロンに見つかってしまう。バトル展開だな。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
本来の投球の切れ味を取り戻した穂村は、蓬莱をふくむ5者連続三振を達成する。次の打者は蛮堂だが、どういう勝負になるか?

・チカカラチカ/天山まや
圭にコーラの買い出しを手伝ってもらったアンサードが恋に落ち、そのまま脱皮。アンフォースとして圭の娘になることに。ハーレム物になっていくの?

・ウチコミ!!/村岡ユウ
都大会がスタート。先鋒戦でレンは、強豪・富士森を下す番狂わせを起こす。タイミング的に、この対戦がラストバトルになるのかな。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
じいさんが造り、タマちゃんが暴走させてしまった巨大シロクマロボを、リコス&バニー&源さんが協力して強制停止に持ち込む。一回ズッコケた後に、リコスの胸元に雪玉がくっついているのが細かいと思いました。

・不死身症候群/鈴木優太
読み切り連続掲載シリーズ最終回。廃墟で暮らす『超攻撃型人拒絶症候群』の女性。その前に現れた、どんなケガでも1日で治ってしまう『不死身症候群』の男性。その目的とは……。オチのどんでん返しが、ちょっと多かったように思う。再登場を期待したいです。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
最終回。辻は、WCOの規定通り18歳までお掃除人を務めました。白雪さんも一緒に。というハッピーエンド。やっぱり、どっちかに死んでほしかったな。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
遠足でテーマパークに来た吏毘堂たち。話の本筋は、校長の暴走なんだけど、モブを森田将文と川地和樹が描いている方に気を取られてしまう。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩と頼子がハロウィンをしてみるが……。でも、なにかしらのイベントに参加しないと、こんな感じになりそう。
※追記 頼子の「今晩 ハロウィン やりましょう ハロウィン」というセリフが、なんだか不気味に感じる。そうすると、オバケの仮装をした頼子を正面から描かないのにも、何か理由がある気がしてくる。




次号から、沼田純と栗元健太郎の連載がスタート。八谷美幸の読み切りも載ります。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/24(金) 15:50:12|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad