晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

週刊少年チャンピオン 46号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年10.30 46号週刊少年チャンピオン 2014年10.30 46号
(2014)
秋田書店

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙は、3週連続で弱虫ペダル。今泉がラストを飾っています。


・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。今週もクリアしおり(総北vs京伏)とポスター(オールラウンダー集合)が付録に。いろは坂での真波と手嶋の攻防。カーブで風向きが変わるタイミングを利用して真波が引き離しにかかるが、あたり前のことをひとつひとつ実践して手嶋が差を詰める。かなり消耗しているけど、2日目以降はどうなるんだろう。

・刃牙道/板垣恵介
改めて、武蔵に敗北を喫したことを噛みしめる刃牙。そして、気持ちは『人類史上最強』は誰か?という方向に向いていく。となると、もっと歴史上の偉人に参戦してほしいけど、無理かな。

・実は私は/増田英二
前回のことを受けて魂が抜けてしまったような黒峰を、岡たちがなんとか励まそうとする。同じコマ割りをくり返すことで、ギャグの威力が倍増されている。そして、岡たちに励まされた黒峰は白神さんへ告白しに向かう。クライマックスっぽい雰囲気はあるし、新連載攻勢が始まるタイミングでもあるけど、どうなるか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
男子が、学校でウンコをしていないということが気になるあかねちゃん。習字の『下駄箱』『が』『軽井沢』が気になりすぎる。

・侵略!イカ娘/安部真弘
肝試しの話。悟郎と千鶴さんが、それぞれ男らしい、女らしいところを見せようとするが……。イカ娘のセリフは2個、早苗は0個。登場する意味はあったのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
松方には、コートにいながら相手のデータの集計・分析ができる『アナリスト能力』を持っていた。その作戦がハマり、相手の攻撃を封じてみせる。これで、お互いがデータを持った状態での対決になった形だけに、それ以外(桐城のレギュラーや下平)が出場したときの対応力の勝負になるか。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
前回で心折れたルチアは、女子力をアピールする路線にチェンジ。いっきにモテ始める。結果的には、友だちが増えたよ! という状態だが、気づいたら五色君といっしょにランチを食べる仲になっているのか、ニーナは。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
蓬莱の一打に、蛮堂も続く。「桃ちゃああん」と声でスタンドまで持って行った印象。その裏の港南の攻撃では、氷属性の弐敷義壱と炎属性の蛮堂が対決。ここは、義壱に軍配が上がる。これは、かなりの好勝負になるのでは?

・黒虎/鈴木快
黒船狩りに同行した虎鉄は、そこで因縁の相手、マルスと再会する。今回は理由は分かるけど、どうも虎鉄のブチ切れ方が急すぎる。次回は、天廻十傑のお手並み拝見といったところか。

・囚人リク/瀬口忍
椿は柱を滑り降り、内海に同行していた遠山から手りゅう弾を奪う。それを使えば、屋上への窓を爆破が可能だと告げる。これは、1人ずつ足止めになっていくパターンか。次はエレベータで登ってくる看守たちを止めなきゃいけないから、史郎あたりが体を張るのか?

・ジョギリ屋ジョーがやって来る/フクイタクミ
09年に短期連載された作品が、電子書籍化されることを記念しての特別読み切り。オサムは、ネットに投稿した小説の評価を気にして、他人とのあいだに溝が生まれてしまう。そんなときに、人が切ってしまいたいと思うあらゆるモノを、巨大なハサミで真っ二つにしてしまうジョーという男の噂を知る。いちど救いがあったと思わせてからの、突き落としオチが良かった。でも、これは電子書籍には含まれないわけでしょ? そのへんを、もっとうまくやってほしいと思う。

・クローバー/平川哲弘
とても応援しているとは思えないエリナの声援に後押しされて、真田が多門を撃破する。このまま勝ったとして、ハヤトチームは60ポイントをゲットしたことになるはず。で、吉良○ハヤト×だった場合100対100の同点になると思うけど、その場合はどう決着をつけるんだ?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
星王は、低めにコントロールされたストレートを思いっきり叩きつけて、内野安打で出塁(代走に桜木)。ここで打席には、山田。YYSの条件がそろったか。

・チカカラチカ/天山まや
チカツーが『アルティメットシャイニングエターナルブラックプリンセスローブ』を無くしてしまう。それを、圭と探しに行く。なんか、マント屋のは後に重要人物になる気がする。(気のせい)

・喧嘩村/滝口翔太
短期連載最終回。力也が決死の反撃で増長天を撃破する。だけど、反撃の一手目のヒジでのカウンターが見にくかったのが残念。ラストでは、他にも喧嘩村があることが判明しただけに、もう1シリーズ見てみたい。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
作中の季節は夏なのに、急に雪が積もる。さゆりちゃんたちはかまくらを作って遊ぶが、この異常気象の原因はタマちゃんのジイサンにある様子。久しぶりにバトルする展開かな?

・ウチコミ!!/村岡ユウ
都大会前で、練習に気合が入る。いまさらだけど、登場人物ほぼ全員がスマホ持ちというのが、時代を感じさせる。紅林とか持ってなくてもいいだろ。それが、祭田をLINEの友だち登録するとは。

・出っ歯の女の子/鈴木優太
読み切り連続掲載シリーズだったはずが、いつのまにか短期連載に昇格。今回は、学校に住み着く出っ歯の女の子の幽霊と霊感のある少年が、学校にいるらしい悪霊を退治しようと考える。段々と、荒木飛呂彦要素が薄くなっていると思う。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
辻は、白雪さんを探して街中を走り回り、母校の中学校で再会。2人の気持ちを確かめ合って、次回が最終回ということなので、どっちかが無残に殺されてほしい。あと、第1話で殺された高倉さんの名前が出てきたのが良かった。っていうか、そのまま敷地内に埋めていたのかよ。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
体育祭。技野がリレーの選手に選ばれ、秘かにやる気を見せるが……。本筋より、枷井の安保パロが凄まじかった。フキダシの形までソックリじゃないか。

・木曜日のフルット/石黒正数
家の中でもトレーニングを欠かさないフルットだったが、知らないあいだに掃除機の役目も果たしていた。でもフルットが居なかったら、どんだけ汚くなるんだ鯨井先輩の部屋は。




次号から、櫻井あつひとの新連載がスタート。佐藤、木々津先生の新連載、ギャングロードの復帰もこのタイミングだろうから、思春鬼のほかにも終了する作品がいくつかあるかな。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/17(金) 12:58:23|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad