晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 44号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年 10月 16日号週刊少年チャンピオン 2014年 10月 16日号
(2014)
不明

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙は弱虫ペダル。今週から3週連続で表紙です。


・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。アニメ2期開始ということで、クリアしおり、クライマー集合ポスター(裏面はストーリーの振り返り)、アニメ&ゲーム情報付き。本編は、物凄い勢いで集団まで追いついた坂道。ゼッケン1に敬意を表して他校の選手が道を譲るシーンはビミョーな感じだったが、その前に立ちはだかったのは御堂筋! ここで来たかという感じ。

・刃牙道/板垣恵介
武蔵は、例の決断前『0.5秒前のシグナル』を感じ取って、刃牙のジャブを封じ袈裟懸けを見舞っていた。このまま、街に出ちゃうのか?

・実は私は/増田英二
修学旅行から戻ってきた紅本先生。いつもと違う態度で出迎えた茜ちゃんに、不安がよぎる。ちゃんと『中年少女 まじかる☆あかりん』のロゴをデザインしているのがスゴイ。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
休憩室にある低反発マットと、春巻が一体化。みなみ先生が救出しようとするが……。習字に『沼』『純』とあるけど、NJが帰ってくるのか?

・囚人リク/瀬口忍
田中の頭脳でも、この状況を覆すアイディアは思いつかない。そして、迫ってきた内海看守の銃弾が周龍を襲う。動かないエレベーター、姿が消えた沢田、調子に乗っている内海看守が、逆転のためのピースか。

・クローバー/平川哲弘
真田と多門のスピード対決。いい場面でエリナが見つかってしまい、真田が痛い一撃をもらう。ここは負けかな。

・侵略!イカ娘/安部真弘
相沢家の庭先から、次々と見つかる人形の手足や目。たまにくるホラー絵の迫力が高いのが、より不気味度を上げている。

・ハリガネサービス/荒達哉
センターカラー。2セット目。さっそく松平 → 間白の攻撃が決まる。どうやら、1セット目を外から見ていて分析は済んでいる様子。ここは、1年組の実力を見せるターンか。

・黒虎/鈴木快
猪頭家は当主の進兵衛を中心に“黒船狩り”を行っていた。しかし、佐之助はそれを「無意味なこと」と切り捨てる。『黒船の深淵』ってなんだ?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
安保も、昔は夢と希望を持っていた。しかし弐敷の加入で、やる気を失ってしまったことが明らかに。ここから、また前のようにプレーするにはどうすればいいのか? そして港南と蔡理に決勝が始まる。優勝は港南なんだろうけど、蔡理の負け方が難しいな。蛮堂のケガとかかな。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
五色君を狙ったルチアを、ニーナが返り討ちに。2人の友人の間で葛藤する。でも、五色君がドアにぶつかる223P1コマ目がどういう構図なのか、よく分からない。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
力動にはきわどい打球を打たれるものの、続く東海の竜と信長を打ち取って、本領は9回表を0点に抑える。そして裏のスターズの攻撃。先頭打者の殿馬は左の打席に入る。やっぱり山田の一発でサヨナラかな。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
インリンの後輩のハオ・プトロレが登場するが、ジャケットを着ているヤスを先輩と勘違いしてしまう。褐色長身運動神経良しと、これまでにいなかった特徴を持ったキャラだな。

・喧嘩村/滝口翔太
短期連載6回目。増長天の必殺技が決まるものの、戦いは終わらず。力也の反撃が始まる。使う武器は花火なのか?

・チカカラチカ/天山まや
スーツ姿でいるので勘違いしていたが、お姉さんの逢さんは働いていなかった。っていうか、凄腕のギャンブラーだった。よくある『子供たちだけで生活しているけど、家計はどうするの?』問題を、こういう力業で解決してくるとは。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
夜の公園で、祭田と紅林は和解。そして、他の立学部員たちの行動から、団体戦一本に絞る決意をする。あと、日下部はシレッと希にも触っているな。

・ファッキン・ヒットマンベイビー/鈴木優太
3週連続読み切り掲載その1。ターゲットを目前にして背後から撃たれ、仕事を失敗してしまった殺し屋。その無念から赤ん坊として生まれ変わりを果たすが、父親はターゲットの男だった。転生モノと思わせてのタイムスリップオチが良かった。相変わらず荒木飛呂彦系の作風を隠す気配もないが、実際ショットガン → チェーンソーの所は不気味さがあった。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
荊を追いつめたものの、白雪さんと臥美が追って来たことで、辻の手が止まってしまう。なんとなく告白っぽいこともしたし、ラストも近いのか? あと、ノギス片手にウロウロする小鹿さんのヘッポコぶりも見逃せない。

・私のマカロン/しまだ
読み切り。自分に自信が持てず失敗ばかりの科学少女・雨水地味子さん。ある日、奇跡的に成功した薬品を口にしたことから、正反対の性格を持つ派手子が誕生する。爽谷家(さわやか)君とか、愛凛(らぶりん)ちゃんとかキャラの名前の付け方もそうだし、基本的に勢い任せで上手くいったという感じ。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
2週続けて枷井が主役。人間マンのレアシールを、椿ちゃんの弟から入手しようと策をめぐらす。あとプラモをパクられたってのは、作者の実体験なんじゃないだろうな?

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩に仕掛けられた、壮大な心理ドッキリ。白川先生はともかく、沢村さんまで協力してくれているのが、なんかイイ。





次号はバキどもえの特別編のほかに、サブが帰還です。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/03(金) 16:53:59|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad