晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 42号の感想


週刊少年チャンピオン 2014年 10月 2日号(42号)週刊少年チャンピオン 2014年 10月 2日号(42号)
(2014)
秋田書店

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙は弱虫ペダル(アニメ2期)。箱根学園の名場面&名言集が、とじ込み付録になっています。

・チカカラチカ/天山まや
新連載巻頭カラー。一挙2話掲載。タイトルの通り、日本の地下にある『地下日本』の姫であるチカが、世界地下大戦を終結させる手段を探すために地上へ。そこで出会った、底辺高校生・御屋形圭のお世話になることになる。基本的に恥ずかしがり屋で、特に頭の花を見られるのが最も恥ずかしい → なので下半身への注意がおろそかに。というパンチラへの意欲には頭が下がる。前回の短期連載時より絵柄は向上しているし、男女のキャラとも自分から動くタイプなので話は作りやすそう。あとは、恥ずかしさがMAXなったときに脱皮してキャラが生まれ変わるという設定を、今後も使ってくるのか。

・弱虫ペダル/渡辺航
手嶋vs真波。とにかく実力差が描かれるが、これは前フリなのかな。手嶋はギリギリな感じだけどしっかりと加速についていけているし、富士川の大観寺を抜いた時の描写が伏線になっているのか?

・囚人リク/瀬口忍
内海看守は、回収したロープを発見し、325房に残された囚人たちから電子手錠を外したことを聞き出す。そして、屋上へ向かうリクたちを監視カメラが捕らえる。これはかなりのピンチだな。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
小鉄から『巨大なウンコ』の話を聞いた裕太が、友だちとともに見に行くスタンド・バイ・ミー的な内容。それにしても、まさくんは橋本真也そのものだな。

・ハリガネサービス/荒達哉
桐城は新人戦で善戦された屈辱をはらすために、事前に豊瀬のデータを研究してきた。圧倒的な実力差を見せつけるが、ということは逆にデータにないメンバー = 1年生。特に下平が活躍するフラグなんだろうな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
センターカラー。マウンドに登った火浦健の眼光に打席の岩鬼は、かつて生死をさまよう母親を救ってくれた武蔵坊数馬を重ねていた。いつになくシリアスな雰囲気でバットを振る様子が良かった。ただラストの1球は『グワァキィン』だからHRではないか。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
最終回。教職を志す脇坂が、母校に戻り黒木と会話を交わすという内容。アツいけど切ない、この作品らしい締めくくりだった。古谷野先生、おつかれさまでした。

・実は私は/増田英二
いったんは、白神さんを応援する形であきらめようとするものの、何かを感じた黒峰が引き留めるのが良かった。でも、目にアイスから海水で洗顔したら、すごいベトベトしそう。

・侵略!イカ娘/安部真弘
愛子先生が、子供たちの宿題を見ることでポイントアップを計ろうとするが……。しかし、シンディーは英文読めないって、ヤバくないか?

・黒虎/鈴木快
旅の道中での虎鉄と佐之助の会話で、ハルシオンのおおまかな組織図が明らかに。総督(ゼネラル)の下に天廻十傑(アストロギア)という幹部がいるということ。それぞれの天廻十傑はあまり連携をとっていないことが分かる。虎鉄は次の目的地を『亥』の猪頭家と定める。そして、佐之助が仕えていた天廻十傑のプルートも動き出す様子。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
1日目の練習が終わり、國尾―之路と清作―左薙の会話。そして、ここに篠武も絡んでくる様子。しかし、國尾さんは、ちゃんと自分の性質がどう思われているかを理解しているんだな。

・クローバー/平川哲弘
激闘の末に、真木が飛田を下す。これでハヤトチームは連勝したわけだが、これで王手をかけたとならないのが、今回のルールの難しいところか。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
調理実習回。自らの班をトップにするため、ニーナが他の班を邪魔していく。ポイントは、座っている赤城さんの効果音が『ポツリヌス』だったのと、福澤さんの華麗な縄さばきかな。

・ぽかぽか おふろちゃん/岡春樹
読み切り。銭湯愛にあふれる主人公・檜大留は萌え路線に活路を見出し、洗い場に溜まっていた垢や排水溝につまった髪の毛を利用して作った等身大フィギアを作るが、目を覚ますとソレが動き出してしまう。垢で出来ているんだから、何も隠す必要はない! という潔さがイイ。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
祭田と紅林の回想編。どうやら次回はヒューマの口から、紅林が団体戦を辞退し祭田とのあいだにミゾ生むキッカケになった出来事が明らかになりそう。なんか、まとめに入っているのかな?

・UNI/藤田勇利亜
短期連載3回目。Dr.ホーキンズは、すべての状況を全てわかったうえで殺される覚悟をしたが、ユニが思い通りにはいかせない。ただ、そこに戦闘用アンドロイドに改造されたソーカー・バレルが立ちはだかる。なんか、細かいところのギャグ描写が気になった。

・喧嘩村/滝口翔太
短期連載4回目。今回の相手は、力也を育ててくれたおばさん(父親の兄)。喧嘩村に行かせまいとする親心を乗り越える。そして、ついに増長天と対面する。次回で終わりかな?

・最強少女さゆり/福田やすひろ
生き抜くために、スーパーでバイトするインリン。そこに、さゆりちゃん&リコス&バニーが買い物に。3人のいろいろな行動をいちいち誤解してしまう。ただインリンは、オデコ出さないほうがいい気がする。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
照屋さん回。照れ屋の彼女が男子と会話できるようにしようと、イマキマキ&椿ちゃんが手助けする。技野じゃなくて「ティティ~ス」の人のほうが適役だったのでは? 掃除をサボった男子のひとりが『どんくん』なのが、ツボ。あと406~407Pの吏毘堂&枷井がイイ。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
荊の彫刻刀と、小鹿さんのノギスの対決。この世界のDIY用具の攻撃力の高さは異常。そして荊が壊れた原因に辻の父親が関わっているらしいことが明らかに。これも、まとめに入っているのかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、富竹さんのラーメン屋をプロデュースする。『富竹』の名前が申し訳程度に書かれたか看板が、なんかかわいそう。



次号は鈴木優太の読み切りが載ります。そして刃牙道も連載再開。板垣先生が負傷したのが左手で、目次コメントによると細川先生の左目が腫れている様子。これが意味するモノとは……?






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/19(金) 15:48:39|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad