晴耕雨マンガ

12月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ゴールデンカムイ。

木曜日のフルット 第4巻の感想


木曜日のフルット(4) (少年チャンピオン・コミックス)木曜日のフルット(4) (少年チャンピオン・コミックス)
(2014/09/08)
石黒正数

商品詳細を見る



ネコとニンゲンのダメかわいい日々『木曜日のフルット』の第4巻が発売されました。第3巻の発売から1年2ヶ月、刊行ペースが速くなっていますね。


・フルットでは、よく世相を反映したり皮肉った内容のモノがあります。この巻では『2020年東京オリンピック開催決定』『佐○河内氏、小保○氏の問題』『セクハラ野次問題』や諸々の詐欺ネタなど、読み返すだけでココ1年の出来事をかるく振り返ることもできます。ただ、民主党政権時の消費税を上げないというマニフェスト破りを扱った『サナちゃんの巻』が、3巻に続いて収録見送りに。これはリアル鯨井先輩に続いて、お蔵入りと考えていいのかも。
フルット お蔵入り?

・この巻の個人的なお気に入りは、フルットの男らしさが光る『かっこいい猫の巻②』。編集の沢村さんに白川先生が翻弄される『ハシラの男の巻』。圧倒的存在感『カッパの巻』。白川先生の才能の一端が明かされる『白川先生の巻⑧』。鯨井先輩のツッコミが冴えわたる『4コマの巻②』。トラの復讐の戦いとフルットの優しさが光る『トラの巻』。フルットの前に最凶(?)の存在が現れる『ジェンドの巻』。白川先生の大失態『白川先生の巻⑨』。といったところでしょうか。ベストは『ビデオの巻』です。夜中にフルットと鯨井先輩の寝る場所が入れかわってしまう謎を、フルットだから許される2ページだからできる力業で解決する反則級の一作です。
イリュージョニスト

・MVK(最優秀鯨井先輩)は「たすかりマックス」。
たすかりマックス




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/10(水) 12:15:20|
  2. 感想
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad