晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

わたしの宇宙 第2巻の感想


わたしの宇宙 2 (IKKI COMIX)わたしの宇宙 2 (IKKI COMIX)
(2014/08/29)
野田 彩子

商品詳細を見る



『わたしの宇宙』完結となる、第2巻の感想です。



・デザイン関係
この巻でもカバーは、カラー・ペン入れ・鉛筆書きのキャラが同居している構成。第1巻が原稿用紙に描かれたものだったのに対し、この巻では掲載誌IKKIに載っているという設定で欄外の読者コメントもそのまま、折り返し部分にも仕掛けがほどこされていて、とても秀逸なデザインになっています。ノンブルも、書体、濃さ、大きさ、英数字・漢数字、向きが入り乱れています。

・第九話 おかえりなさい
この世界がマンガなら、コマ割りの形式も自由になる。というわけで、ほぼ全編4コマ漫画の構成になっています。話の内容に合わせて、タイトルロゴやアオリの文体、ノンブルの書体などがポップに統一されているのも芸が細かい。そういう軽いノリで宇宙くんが帰ってくるのかと思ったら……。ただ、4コマになると千代子の祖谷くんへの一途さが、いい感じに暴走していた。

・第十話 我田引水
姿を消した宇宙くんは、アリス、祖谷くん、千代子の名前をヒントに徳島県に来ていた。そこにいたのは、このマンガの『作者』。その人(黒髪、黒セーラーのアリスのような外見)が語る、このマンガの成り立ち。ボツネタや背景のグチ、猫に対する隠語とか、メタネタが炸裂しまくっている。それが普通のセリフとは違う手書き文字で書かれているので、ちょっと異質さがある。

・第十一話 天涯にて
引き続き、作者と宇宙くんのやり取り。「宇宙くんの アルバムみたいな ものだから。」と言って単行本1巻を手渡すシーンは最大のメタネタなのだが、同時に作者以外にもデザイナーとかマンガの外の世界の人間がいることに宇宙くんが恐怖しているというのが、スゴイと思う。2人で祖谷地方の名所『かずら橋』に行くシーンは、ややギャグ寄りになったが、やっぱり自分自身を作品内に登場させる気恥ずかしさみたいなものから、そうなってしまうんだろうか?

・第十二話 待てば海路の日和あり
祖谷くんがメインの話。ケガをした理由をハッキリと覚えていないなど、アリスと同様に宇宙くんに関する記憶がなくなっているので、ここがマンガの中だと理解しているもう一人の存在・鮫島先生を殺すことを考えるが……。しかし、鮫島先生は、このマンガにとってどういった存在だったのか? 作者がモノローグで言い訳していたように、なにか役目があったが生かし切れなかったキャラなのか? それとも『未消化の伏線』を象徴したキャラなのか?

・第十三話 宇宙くん帰る
真理くんは「宇宙くん 帰る」と宣言することによって、帰って来ざるを得ない展開にする作戦を実行する。前話ラストと、この回の1ページ目で絵は同じなのにセリフをちょっと変えているのが細かい演出。また、いったん『宇宙くん帰らない』というサブタイトルでトビラを描きながら、作者と共に宇宙くんが戻ってくる見開きで改めて正式なサブタイトルを出す演出がニクイ。

・第十四話 絵
作者が“プロット通りに進まない”真理くんに事情を説明しようとするものの、コマ割りや場面展開が上手くいかない。自分のバックボーンが何もないことに気づき、モノローグが写植に変わった140Pからは、もはや作者ではなく単なる登場キャラクターに格下げされてしまったということか。そして、姿は同じなのに自分と何が違うのか、アリスに問い詰める。

・第十五話 私の宇宙
黒アリスから、その座を奪った真の作者からの言葉に戸惑い怒る宇宙くんたち。ベタがコマからはみ出したり、枠線が欠け、ホワイトがキャラの顔を塗りつぶす演出の前半部分からは、鬼気迫るエネルギーが感じられる。そして宇宙くんが『作品の寿命 = 自分たちの寿命』ではないと言い切った後、アリスと真理くんが四角く区切られた窓の向こう側に夕焼けを見るシーン(176P)は印象的だった。

・最終話 ありがとうさようなら
第十二話でケガをした千代子のお見舞いに行く、宇宙くんたち。祖谷くんが『自分たちを見る化物』の存在を感じられなくなっていたり、黒アリスが転校生になっていたり微妙な変化はあるものの、彼らの物語は続いていくというようなラスト。第一話のサブタイトル『初めましてこんにちは』は、アリスの自己紹介かと思っていたけど、作者から読者へのあいさつだったんだな。そして最終話のサブタイトルは、お別れの言葉ということか。


帯に『驚異のメタ・コミック』とあるように、この作品はかなりの実験的な内容でした。ただ、その結果は次回作以降で明らかになる気がします。




わたしの宇宙 第1巻の感想








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/01(月) 13:59:15|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad