晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 38号の感想

チャンピオンの感想です。表紙、グラビア&ポスターは、AKB48の島崎遥香さんです。






・ハリガネサービス/荒達哉
巻頭カラー。下平の低弾道サーブは、松方のナイスカバーと家守先輩のラッキーによって防がれ、セッターコンビが勝利する。山縣先生とキャプテンが帰って来たので2対2の練習は終了(1位は五十嵐&大船のスパイカーコンビ)。そして、IH予選の組み合わせが明らかになり、全国区の強豪・桐城との練習試合も決まるが、間白たちは浮かない顔。たぶん中学選抜時代のメンバーがいるんだろうな。この主人公不在でストーリーが進む感じがイイ。

・弱虫ペダル/渡辺航
手嶋に言われた通り前に戻ろうとする坂道だが、同じく『ゼッケン1を止める』というオーダーを受けた選手らによって、ガチガチにブロックされてしまう。今回、全国各地の様々なクライマーが登場したけど、たぶん箱学が獲るんでしょ、という感じ。

・極悪バンビーナ!/中島こうき
自分が良い子ちゃんすぎることに落ち込んでしまったニーナ。赤城さんたちが励まそうと家に来たが、ゲーム好きの南野さんが暴走してしまう。「顔は中の下 運動下の下 そして勉強下下下の下」は、リズムが良くて声に出して言ってみたい。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
チビ(のり子)とハゲ(大鉄)のやり取り。板垣先生が描いたエンド―カードの小鉄は、妙な面白さがある。

・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。武蔵にとって『蹴り』は、自ら安定感を欠く体勢になる理解不能な技。あっさりと受け止め、地面に刃牙を叩きつける。ひとまずは武蔵に軍配か。

・囚人リク/瀬口忍
センターカラー。まず。カラートビラのリアル風タッチが素晴らしい。ついに脱獄計画が始動。天野の演技からの椿のパンチで看守を倒し、全員が用具室へ。そしてリクが、ハンググライダーで飛び立つ! ここから毎週クライマックスだな。

・実は私は/増田英二
修学旅行先は、どうやらハワイの様子。そこで藍澤さんとみかんが、黒峰への告白権を賭けて釣り勝負することに。基本的にメインヒロインは「うぉう うぉう」言っていただけ。

・クローバー/平川哲弘
来栖vs金平。楠と春木とか、外野の会話が全部噛みあっていないような。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
さゆりちゃんが、お母さんのお見舞いに。母子の対面で衝撃波が発生するのも良かったが、本題は彩花さんとバニーの会話か。そして、父親もチラリと登場。さゆりちゃんのやったことも揉み消しているということは、何らかの権力者か。

・ギャングロード/Applibot&桑原真也&ニシカワエイト
サクッとベスト8が出そろう。気になるのは、真とリョオが準決勝で当たる形になっていること。とすると、決勝の相手は誰になるんだ? そして真の滞在するホテルを、次の対戦相手『MACHIDA』の皆月銅馬が襲撃する。

・侵略!イカ娘/安部真弘
外すと爆発してしまうニセイカ娘の頭部を、誤って被ってしまった南風のおっさん。今回のオチは、理不尽というか全く共感できない。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
ユゥエルのシュートを、所沢が見事にセーブする。そして市蘭最後のキッカーは、成田。もう、次回は号泣必至じゃないか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
東海の竜を打ち取るものの、信長、権左の連打を浴びて、小林はマウンドを降りることに。リリーフ1番手は、飯島。コレが最後のプレー機会の可能性もあるだけに、頑張ってもらいたい。あと、六甲おろし → ジェット風船を連続見開きで描いたのもイイ。

・マリリーン大魔法研究所/盆ノ木至
短期集中連載2回目。世の中のブスを全て美人にしてしまおうと考えるマリリーン。絶世のブス・月光院美麗子さんを実験台に、さまざまな薬を試す。なんか、間違った方向に全速力で突っ走っている様が素晴らしい。月光院さんがブスの神になる件は、諸星大二郎とか石ノ森章太郎みたいだった(大げさ)。次回、最終回です。

・黒虎/鈴木快
虎鉄vs佐之助。互角の攻防から、佐之助がノヴァを使っていることを知った虎鉄がキレるという流れなのだが、ござる言葉はそのままだった方が良かったような。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
自分の暴走 = バッティングを信頼していなかったからということを頭木先輩に謝ろうとするものの、上手くいかない清作。まぁ夏に向かって一致団結するのはいいんだけど、安保先輩はいつまで輪の外にいるんだろうか?

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
チャリでドブに落ちた能見君が「ヤンキーに襲われた」と嘘をついたことから。吏毘堂と枷井が、終わりのない旅に出ることに。ラブホ入口での疾走感は良かったが、一回技野とおやっさんは決着をつけないといけないな。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
レンの勝利で勢いに乗るかと思われたが、ヒューマと祭田は敗北。後がない状態で、日下部も技ありを取られてしまう。そこからの逆転勝利は見事なのだが、八乙女先生の言う「朝も休み時間も私を呼び出して二人きりで組んずほぐれつ…」寝技の練習をしていたって、絶対別の動機があっただろ、日下部。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
砂織部長が警察を呼んで、さらに舞台上は混乱。白雪さんの機転から、暗闇の中でのお掃除に成功する。辻が、アドリブで舞台を締めくくったのが意外だった。そして、早速次の事案が……。

・噂の噂倶楽部/菟川涙香
新人まんが賞準入選作。噂を人工的に広める『噂倶楽部』。主人公の白石彩は、ちょっとしたことから親友の悪評を流す依頼をしてしまう。学校中に広まったと思われた噂話の種明かしのあとに、もうひとひねり効いたオチがあるのが良かった。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
聖利が夢の中で、理想の勇者様と再会。いろいろと言葉を交わす。431Pの笑顔は素晴らしい。次回、最終回です。

・木曜日のフルット/石黒正数
夏限定キャラ、カッパが登場。フルットを、見事な手品でダマす。もう、カッパグッズも作ってほしい。



次号で、ペーパーブレイバーとマリリーン大魔法研究所が最終回。滝口翔太の新連載が始まります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/08/22(金) 13:55:35|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad