晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

別冊少年チャンピオン 8月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2014年 08月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2014年 08月号 [雑誌]
(2014/07/11)
不明

商品詳細を見る



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は魔法少女・オブ・ザ・デッド。特製シールが付録です。






・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
巻頭カラー。未来の科学者・殿ヶ谷悠二によって、貴衣たちが状況説明を受ける。姫路たちの計画を阻止するために20年後の未来に行くことになるが、タイムマシンの調整には1週間の時間が必要。その間は、亜種魔法少女たちに守られながら過ごすことに。殿ヶ谷さんのパートナーらしき『彼女』っていうのは、誰だろう?

・みつどもえ/桜井のりお
今月も2本立て。1本目は、プールで目を開けられるようになった?ひとはと、どうしても水に沈んでしまうふたば。2本目は、みつばの生活スタイルマネして脂肪を増やす → 水に浮きやすくなると、ふたばが考える。しかし、ふたばが泳げなくなった?理由は分からずじまい。そして、タップ!のほうでは“ほぼ”週刊の新連載がスタートするそうです。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
ヒイラギは、ホテルもろとも自爆する。そして、リングに割り振られた数字の正体は硬度。それをもとにシブヤ駅に真の宝があると考えたレインだったが、エイスに見つかり王に腕を折られてしまう。そこに助けに現れたのはカナメたち。最後のページは『全員集合』という感じがして、カッコイイ。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
カラーポスター付き。忠太と牧瀬が決起集会を呼びかけるものの、反応は薄い。三上兄弟が参加を決めたのがせめてもの救いか。そして芹沢は筒本の仇を取るために、ひとり漆原を狙う。

・サンセットローズ/米原秀幸
センターカラー。まず、サンのアドバイスで熊を倒すデンが良かった。そして、次の目的地はバグロスの本拠地に。激動のしずくを取引材料にブラッシュを救出しようとするが、ラムナスから送られてきた謎の写真によって、バグロスはハーティーハーティーの目的を誤解してしまう。今回は、サンがやけに大人びていたな。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラーのトビラが、なんで頬を赤らめたハツ美(瀬戸にラブレターを渡した娘)なんだよ。照れ屋で小声のハツ美の言葉を内海が通訳するのが、漫才みたいになっていて良かった。そしてラストでは、ハチミツとクローバーばりの片思いの一方通行が発覚。

・REBOOT/根建飛鳥
IH最終予選。帝都学院戦がスタート。邦光は、美浦の提案でボランチでスタメン出場を果たす。しかし、アキラは緊張から動きが固い。そのあいだに浅野に先制を許してしまう。かなり厳しい戦いになりそう。ベンチの田仲先輩がカギになるのか?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
単行本発売記念センターカラー。メインは、質量保存の法則を拡大解釈した大機だが、今回のハイライトは、土和チャンのフルネームが『土和アンリミテッド』だったこと。あと、外にいる時にグラサンしているのは、ドワーフだからか。そしてラストでは、ラブコメが始まりそうな雰囲気。

・やさい学園/前原三十日
学園祭終了から、生徒会長選挙を経て、テストの話。個人的にはマッシュ先輩がロマネスコさんをあしらう流れが良かった。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
『落石(ズドーン)ジェンガ』は、匡をさらに追い詰めようとした長谷川の失策と、坂井柚希の勇気で逆転勝利。そして、激痛にのた打ち回るユズルの前に、ついに黒幕が姿を現す。チョチョイのチョイス。

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月も2本立て。1本目は、副理事長がギネス記録を狙って巨大流しそうめんを企画。2本目はちひろちゃんのマンガ原稿を手伝う。今回はたえちゃんじゃなくて、他の人が居眠りしたりやらかすのが良かった。ただ、女子プロレスの同人誌って売れるの?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
双子座のアスプロス編がスタート。財産争いに巻き込まれた少女クリスの護衛をすることになったアスプロスだが、その相手である姉は、すでに冥闘士ヴァンパイアのエアハートと手を組んでいた。任務をこなしているということは、アスプロスが野心に目覚める前の出来事なのかな?

・こんかつちゅう/ひらいたけし
今月も2本立て。1本目は、映画『ベストキッド』風に花嫁修業をするベス。2本目は、同僚教師の結婚に嫉妬の炎を燃やす中井先生。ラストの分佐武作男の顔はズルい。

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
センターカラー。日本に帰国してきた美樹たち。お盆に月食が重なり、月華城のババ様が予言したシチュエーションが出来上がり、イザナミが現れる。なんか、いきなりラストバトルの雰囲気に。

・バキどもえ/さいとうなおき
1本目は徳えもんの金の力で、イジメっ子に復讐しようとするルミナ君。2本目は烈のタイムスリップ編で最後の晩餐をキリストから振る舞われる。っていうか、刃牙道の方の烈はどうなったんだ?

・サクラサクラ/もりしげ
桜は咲いたままなのに、かなりの猛暑。前回のキスでもモヤモヤが解消されない花坂は、1人で試してみることに。しかし、唯野先生が貸したオカズは、ケモ系のエロマンガってニッチすぎやしませんかね。

・バンビーナ/山口ユタカ
読み切り。新人まんが賞佳作受賞作。近未来、天変地異によって都市機能が壊滅。生き残ったそれぞれの町は自警団を編成して治安を保っていた。静岡県鳴海町は、快活な女頭領・富士宮バンビ中心の自警団『バンビーナ』によって平和が守られてきたが、そこに山梨県甲野の自警団『FUJI』が抗争を仕掛けてくる。それぞれの能力が他の作品(アイアンマンだったり、ハンターハンターだったり)を連想させたり、バンビの服がボロボロになったり、なんとなくひと昔前の雰囲気はあるものの、全体的には良かったと思う。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
ノラ猫たちの間で『耳だし帽子』が大流行。しかし、その正体は……。こういうときでも縞パンを描かなくてはならない、石黒先生の業の深さ。




来月号から弱ペダSPARE BIKEの連載がスタート(東堂編)。村咲雅秋の読み切りも載ります。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/07/13(日) 11:11:24|
  2. 別チャン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad