晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 8月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 08月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 08月号 [雑誌]
(2014/06/30)
不明

商品詳細を見る



ヤングキングアワーズ8月号の感想です。表紙は、映画化が決定した『蒼き鋼のアルペジオ』。10年7月号の表紙のバージョン2という感じ。久しぶりのメンタルモデル姿のキリシマが泣ける。





・僕らはみんな河合荘/宮原るり
巻頭カラー。放送が終了したアニメの声優さんからのコメントがあり。今回は、宇佐と椎名さんの仲の良さに、律っちゃんが何度もビミョーな顔をすることに。次回は、高橋君がなにか行動するのかな? あと、椎名さんに『逆壁ドン』される、宇佐の残念さ。

・ガーゴイル/冲方丁&近藤るるる
斬騎刀の形を自在に変形させる逢是と、鬼を呼び起こした土方の一瞬の攻防。鬼瓦(ガーゴイル)は、左腕に憑りついている異形の何かということか。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
こっくりさんのときのリベンジを心に誓う水上先生と編集の須見さんが参戦し、等々力渓谷&鈴ヶ森刑場跡に行く。が、ハイライトがビミョーな酒の飲みくらべなので、空振り感が強かった。石黒Pは酒が飲めないし。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
群像&ヒュウガから振動弾頭魚雷のデータを受け取った白鯨に、ヴァンパイアがコンタクトを取ってくる。その様子を監視していたのは、ユキカゼ。しかし、白鯨だけでウリンス・オブ・ウェールズを助けられるとも思えないし、どうするか。

・(ア)部! 葉桜中学アニマル部/吉川景都
『動物に愛され体質』の喪失が、真潮先輩に発覚。退部を決意する七緒だが、説得(人手が足りない)により残ることを決意する。次回が、最終回か?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YUMA KIKUSHIMA & RIKA KIKUSHIMA』です。イスに座ってます。

・スピリットサークル/水上悟志
センターカラー。“オバケ”のスパスシフィカを見たラファルとラピスは寝台の次期所長候補となり、タリオの講習から真実の歴史を知る。そして、さらに時は流れ、2人はダブル所長を務めることに。ここから見解の相違みたいなのが生まれるのかな?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
新章開始。まず、かつての人類は大量破壊兵器を暴走させ、大地の1/10を消失。そこから誘発された天変地異を静めるために作られたのが『枝』だということが明らかに。そして、完全都市『ユグドラシル』の帝が下層の人民とふれ合うと時に名乗っていた名前がリュウマ(龍馬)であり、その部下には“泣き殺し”のジン(仁)と呼ばれる男がいることも判明。ここから、どうやって『救世主』と『災厄の象徴』として知られるようになっていくのか?

・パルパル&ロケッタ/おがきちか
ロケッタ(人)が風邪をひいてしまったので、ロケッタ(槍)が誤作動を起こしてしまう。まぁ、女騎士が主人公なら、1回はアーマーオフしとかないとね。

・天にひびき/やまむらはじめ
はじめて歌とオケを合わせた練習をする。出来は良くなかったものの、ひびきは自信満々。そして美月の問いかけになんと答えたのか? それから、アメをなめたり足上げ腹筋している波多野さんはカワイイな。

・師匠シリーズ~師事~/ウニ&片山愁
単行本発売記念のセンターカラー。今回はオリジナルストーリーで、師匠と京介の初めての出会いを描く。オカルトフォーラムのオフ会から抜け出した京介とウニ君は、ある幼稚園の『掘り返された砂場』の謎を推理する。そこに現れる師匠。なんだか、目つきが悪人になっているような。

・それでも町は廻っている/石黒正数
歩鳥と真田が深夜の小学校に忍び込む。かなりいい雰囲気になったものの、そこから一気にホラー方面へと展開していく。オチも5巻の小ネタを生かしているのがニクい。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
かつてブルー・インパルスのパイロットを夢見たものの、いまはしがないサラリーマンの堀課長。定年までの期間を無難にやり過ごそうとしていた彼が、宮田工業の『エアボーン』と出会う。こういう、東京オリンピックの使い方もいいな。

・ライプニッツ/大石まさる
ニーナは、見事に沈没船の中から両親が遺したデータを発見する。しかし、エカテリーナのシミュレーションによって、エウロパの崩壊が推測される。UNSAは即時の退避を決断するが、DDとニーナは、1回きりのダイブに賭ける様子。潜って見つける → 脱出するで、終わるのかな?

・起動帝国オービタリア/大井昌和
連載再開。黒鉄の暫国の介入により、蒼の終国のネイション・ブームがわずかに白灰の夕国をそれる。これで、戦闘はひとまず終結かな。

・トランスノイド/テルミン
最終回。エヴァンズはアダムズを倒し、未知花も剣菱のもとに戻ってきた。しかし、新世代のアンドロイド・カインズが登場したり、ラストで新キャラが出てきたり、目次コメントで「移籍先募集中」と言ったり、ちょっとなんだかなという感じ。

・アオとハル/しおやてるこ
シリーズ連載。ハルは、相変わらずアオのことが思い出せない。そんなとき、駅で姿を見つけるが、そこに「お兄ちゃん」と名乗るイケメンも現れる。もはや、ハルの記憶喪失を疑うレベルで状況が不明のまま。

・こいコイ!~球場ラヴァーズ~/石田敦子
保健の先生の体にはアザがあり、恋子のおばあちゃんは痴呆。球場では汚いヤジが飛ぶ。実央が主人公の時以来の暗い話だった。カープが9連敗だったからかな。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ダヴーが敵の主力軍・6万3千を撃破する様子を描く。部下が「結局 勝つ気で戦うしかないんだ」と理解するシーンが良かった。あと、援護を断るベルナドットは、ちょっとヒドイな。

・ドリフターズ/平野耕太
グ=ビンネン商業ギルドのトップ会談。山口多門は、シャイロック8世、ナイゼル・ブリガンデと話し合い当面はオルテと距離を置き、海上の利権を独占する方向で一致する。多聞が漂流者軍に合流することがあるとすれば、やっぱり菅野がキーパーソンになるか。




MUJINがお休みでした。次号は鈴木小波の読み切りが掲載。清々とが表紙でナポレオンが巻頭カラーということは、やる……のか?






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/07/02(水) 19:57:30|
  2. アワーズ 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad