晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 28号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道です。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。バキシリーズの名言小冊子付き。ただ本編では、勇次郎vs花山のケンカがスタート直前まで、目を覚ました武蔵が飛び起きてひと言しゃべるところまでという、ちょっと消化不良な内容。

・弱虫ペダル/渡辺航
単行本の着せ替えカバー付き。先輩の実力不足や連取態度が気に入らないたびに殴って退部させられ、すぐに入部し直していた銅橋の過去が明らかに。次回で、ファーストリザルトが決まるかな。

・侵略!イカ娘/安部真弘
センターカラー。17巻に付くアニメの情報と、早苗役の伊藤かな恵さんのインタビューあり。本編は、婦警の古川さんが無銭飲食しそうになってしまう。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
父の日ネタ。小鉄が大鉄の肩を揉もうとするが、タダではいかない。最近、大鉄は何かから逃げてばっかりな気がする。

・クローバー/平川哲弘
ボロボロのゲンゲンだが、頭突きの連打から執念の一発で勝利をもぎ取る。次鋒は、吉良。一気に3連勝で決めてしまってもいいかもしれない。

・実は私は/増田英二
委員長の触角が光るのは、求愛行動をするときのみ。黒峰を意識すればするほど、光ってしまう。そこに校長がつけこんでスイーツをゲットしようするが……。お約束の『目にアイス』からの冷峰呼ばわりが良かった。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
連載100回突破記念センターカラー。鯉太郎が土俵際まで押し場内は鮫島コールに包まれるが、王虎は強引に体勢を入れかえる。虎城親方と王虎の考え方の食い違いが切ない。

・ハリガネサービス/荒達哉
金田は深くポジションを取ることで、あえてネットインサーブに狙いを定めるが、下平は無回転サーブを打つ。複雑な変化に反応した金田の勝ちで2人の対決が終わるが、それも下平の狙いなのでは?と松方が考えるのが良かった。ここからは、1年4人と上級生の争いかな?

・ブラック・ジャック創作秘話/宮崎克&吉本浩二
最終回。手塚プロ漫画部最後のひとり・伴俊男先生が、手塚氏との思い出を振り返る。198~199Pの怒るシーンと、これまでの登場人物が勢ぞろいする212~213Pの見開きが素晴らしかった。単行本5巻は8月の発売だそうです。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
木田のとどまらぬ悪行に星野さんの決意も揺らぐが、辻が殺して依頼を遂行する。それぞれの考えは変わらないものの、ひとまずの和解エンドだったが星野さんの再登場はあると思う。次回から新章突入。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
王島の狙い球は何なのか? 山田のサインは何なのか? という読み合いを制した王島がライトスタンドまで運んで、阪神が同点に。続く打者は力道。小林は、大量失点しそうだな。

・囚人リク/瀬口忍
脱獄の前段階として、野球大会で暴動を起こさせる下準備をする。友好関係にあるチーム同士を、偽造した新聞一枚で操ってしまうレノマはさすが。史郎が活躍する場面はあるのか?

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
古川がゴールを決めて、船学が勝ち越し。残り時間は23秒。市蘭が最後の総攻撃を仕掛ける。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
マンガの画力向上のため、枷井が美術部に入部。意外と充実した部活ライフを満喫する。今回は、オチよりも絵の下手さが発覚したイマキマキのほうがヒットでした。あと、美術部にあるネプチューンマンの石膏像。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
結局、さゆりちゃんとお母さんは出会うことができず。さゆりちゃんに受け継がれた超パワーの秘密?とか第3の宇宙人の動向とか、話のメインがソッチに移行してきている。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
サクッと5回が終了。桐湘は、スタミナに不安のある蛮堂に球数を投げさせようとする。児島が粘って、柊が出塁。清作は、ここら辺でいいところを見せたい。

・名探偵マーニー/木々津克久
朝の通勤電車で、小学生がチカン被害に。その容疑者が母の事務所の調査員だったことから、マーニーが真相を調べる。そこから久しぶりの母子の再会、そして、メカニックの関わりも浮かんでくる濃厚な内容だった。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
地区予選が、再来週にせまる。柔道部員たちは練習に励むが、この描写を見るとレンをイジメていた真壁の入部もありうるのか?

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
連載再開。楠本が彼氏を欲しがっているのを偶然知ってしまった、新芝と杜子。そこから誤解の連鎖が始まる。杜子がペロキャンを食べるために服を脱いだ経緯がよく分からない。

・中古ビデオ屋の女性店員X/窓ハルカ
読み切り。約2年ぶりの登場だそう。タイトルの通り、中古ビデオ店のアダルトコーナーに入った男子(9歳)を注意する女性店員という内容。以前より絵は上手くなっているけど、何とも表現しがたい不快感みたいなのは残っている。

・オーマガ町の怪/川地和樹
短期連載最終回。深夜子先生のドッペルゲンガー“カゲ”が出現。夜の校舎で対決するが……。個人的には、もう1シーリーズぐらい読みたい感じ。でも、画力はもうちょっと上げてほしい。

・木曜日のフルット/石黒正数
『狂闘先生!』が、ついにメディアミックスすることに。しかし、単行本の表紙で宇宙服を着ている賀馬先生は、どこまで行こうというのか?



次週は『聖闘士星矢ND』が帰還。鈴木快の新連載がスタートし『ヤングBJ』の出張版も載ります。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/13(金) 17:53:49|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad