晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 27号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は弱虫ペダルです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。増ページでポスター付き。しかし、ポスターが別チャンだけならまだしも月刊プリンセスにもつくとは。フィギュアの発売も決まったし、勢いがスゴイ。本編は、青八木と鏑木の間でひそかに交わされていた交流。ついに総北の2人は先頭に追いつくが、銅橋にはまだ隠している武器がある様子。あと、27P2コマ目の鏑木の顔は落書きレベル。

・ハリガネサービス/荒達哉
センターカラー。下平がサーブに特化した選手になった理由が、アキレス腱を切ったからだと明らかに。ジャンプすることができなかったので、サーブ練習のみをしていたらしい。そして、リベロの金田はその攻略法を見つけたという。ただ、ネットインor低弾道の2択だけということはないと思う。

・刃牙道/板垣恵介
ついに連続カラーが途切れるッ! 寒子が口移しで武蔵の体に魂を注入。体に傷跡が刻まれていく。『クローンだから戦いの経験がない』というのを、こうやってオカルト的に解決したということか。

・侵略!イカ娘/安部真弘
イカ娘が携帯電話を持たされるが、それはキッズケータイ。千鶴に監視されてしまう。今回は、久しぶりにオチの弱いヤツ。

・ブラック・ジャック創作秘話/宮崎克&吉本浩二
シリーズ最終章の前編。少年キング&少年チャンピオンの編集者だった小林さんの証言で“漫画の神様”手塚治虫に対する“ギャグの神様”赤塚不二夫の姿が描かれる。でも、個人的には壁さんが遅くに家に帰る言い訳に赤塚さんを利用する件が良かった。『壁村耐三列伝』も読んでみたい。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
校長室から、捨てられる直前の高級椅子をもらった春巻。ご満悦な一日を送るが、ワックスで磨いたあとは滑って座れなくなってしまう。でも、これを本家でやるとタップの『闘え!春巻』は、どうすればいいのか。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
単行本発売記念のセンターカラー。これまでのあらすじも振り返られていて、プッシュされている様子。前回捕まった5人組のリーダー・木田が親の力を使って釈放。星野に復讐を仕掛けてくる。殺すか殺さないかというイデオロギーの争いよりも、190P2コマ目に隠れていたりする白雪さんのほうが見逃せない。

・囚人リク/瀬口忍
ヘリのロック解除作戦の一環として、農場のフェンスの支柱の根もとを腐食させる。看守の足止めのために天野が漏らしたり、レノマが苛性ソーダを手に入れる代わりにエロ写真を入手しなければならなかったり、ギャグ要素の強い回だった。あと菅のバッティングフォームは、なんなんだよ?

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
鯉太郎が前ミツを取る。体力に勝る王虎は、力勝負で前に出る。田上の王虎評が良かった。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
雨の日。吏毘堂がウ○コをもらしながら、委員長と2人で帰宅することに。内容よりも、ドカベンの前という掲載順におののく。


・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
山田はツーストライクと追い込まれた3球目を、レフト線へ弾き返す。が、星王がホームで刺されて追加点はならず。3塁で止めろよな、コーチは。

・宇宙怪人みずきちゃん/たばよう
単行本発売記念で、タップからの出張掲載。育てているポコドン(怪獣)でキャッチボール、食事はセミと、相変わらずの倫理観のブッ壊れ具合が最高。

・クローバー/平川哲弘
万全ではないゲンゲンは、やっぱり劣勢に。っていうか、ホントに寝込みを襲ったのは綾瀬チームだったのか。春木チームが綾瀬チームを騙っているものだと、てっきり。

・実は私は/増田英二
藍澤さん(中身)がみかんに見つかってしまい、フィギュアだとごまかそうとする。黒峰が『エロ峰』の汚名を着てまで救出するが、そこからまさかの展開に。黒峰―藍澤間の『仮に恋人になってもサイズが違う』問題を解決しにきたか。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
客席からの大声援を受けて、船学が猛攻に出る。成田はすでに両足をつったし、乾と二宮も体力の限界。ココを耐えたとしても、反撃に出られるのか?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
蓬莱には一発を浴びるものの、蛮堂を抑える。喜多がアンダースローに活路を見出すようになった回想と、361Pの「球よく見ろ蛮堂!!」「俺には桃ちゃんしか見えん!!」「辞めちまえバカ野郎!!」のやり取りが最高。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
入院中だったさゆりちゃんのお母さんが、病院を脱走して家に帰ってくる。病院の窓やバスを破壊しているし、さゆりちゃんの怪力は遺伝だったのか。あと、第3の宇宙人も登場したし、暴走ギャグから路線転向か。

・名探偵マーニー/木々津克久
セレブ・アイアン・スティンガーの三大派閥がいがみ合う異常事態になってしまった原因を、マーニーが探る。この派閥系の話は、毎回名称だけでクラクラする。今回登場しなかった『ブックス』というグループは、ただの読書好きの集まりなの?

・オーマガ町の怪/川地和樹
短期連載第5回。顔のパーツが指でできたオバケ(口裂け女?)を聖水で撃退する歩。次回が最終回ということだが、個人的には深夜子先生がツバをペッペッしているシーンがもっと見たい。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
成美は、八乙女先生の美しさに魅了されて、道場をあとにする。でも、レンの心臓の鼓動音が『美クン』になっていたり、確実にツメ跡を残した感じ。あと、八乙女先生が髪を切ったのはもったいなかったんじゃないかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
さまざまな罠に引っかかるフルット。そろそろストックも溜まっていると思うけど、4巻発売はいつごろかな?





ペーパーブレイバーは休みでした。次号は、窓ハルカが久々の登場です。
(っていうか男のお漏らしが3本で描写されるって、週刊少年漫画誌としてどうなの?)






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/06(金) 14:34:54|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad