晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

別冊少年チャンピオン 5月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2014年 05月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/04/12)
不明

商品詳細を見る





別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はクローズZEROⅡの源治。付録は、弱虫ペダルのトランプです。



・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
巻頭カラー。映画『クローズEXPLODE』主演の東出昌大さんのインタビュー記事もアリ。本編は、一致団結し鈴蘭狩りを遂行する鳳仙に対し、鈴蘭側は源治への不満がたまる一方。ついに、伊崎が拳を向けてきた。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
連載再開。カナメは、シュカの救出に成功。いっぽうリュージは、氷使いのソータと対峙するが追いつめられる。水使いのスイとの双子かと思っていたけど、どうやら違う様子。そして、ホテル守備チームのレインとヒイラギは、リングにそれぞれ謎の数字が割り振られていることを突き止める。これが、ゲームクリアのカギになるか。でも、同じことにエイスも気づいていた。次号の巻頭カラーで激突か。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
ポスター付き特別出張版。久々に『初代総北六人衆』が登場し、コンビニでの買い物の様子が描かれる。次号にもポスターがつくそうです。

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
マルコから『ソウシキの娘はフォークロアに殺された』ということを聞かされた美樹は、噂話や都市伝説から距離を取ろうとするが、植物園で『人に卵を産みつける外来種の虫』のフォークロアに襲われてしまう……。今回は、特にミキがカワイく描かれていた。特に157Pなんかは、少女漫画のヒロインのよう。

・REBOOT/根建飛鳥
センターカラー。残り時間2分。東条はチーム全員でボールをつなぎ、最後は鉄が決めて逆転に成功する。美浦が、山下のキャプテンシー、鉄の視野の広さ、伊藤のキープ力、柳のボールコントロールの上手さと、チームメイトの能力の高さに気づく流れが良かった。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
はじめは『独創科学部』に消極的だった大機だが、田中の口車に乗る形で一気に前向きに。風森さん、羽井さん、土和ちゃん、蛍樹の勧誘をサクッと決めて、残るは魅重義。入部を賭けた大機との勝負は、妙に『少年漫画』していた。でも『パンチ力増強シューズ』は、コナンのヤツじゃん。つぎは顧問探しか。

・サンセットローズ/米原秀幸
南南西の方角を目指すハーティーハティーは、グレイトダイスとルナクロスの2隻の海賊船に襲われる。モーちゃんとデンはともかく、パキも白兵戦要員なんだな。そして、超長い仕込み槍を操る謙虚な性格のナイトの青年は、バグロスの元へと連行される鳥人間を目撃する。ブルじぃの他にも生き残りがいたのか。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
センターカラー。どうやら白黒赤ホッペの能力は“カトちゃんペ”をすることで、他の魔法少女の能力が使えるディケイド的な能力の様子。マッチョ寄生型(コイツに名前をつけてほしい)と、時空型魔法少女によって20年前に飛ばされ現在28歳になった美羽の活躍で退けた貴衣たちは、ついにつくねの母・ことねさんと出会う。『魔法少女』じゃなくて『魔女の一族』というのが、気になる。

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月は2本立て。1本目は、眠気に負けたタエちゃんの手から転がり落ちた缶コーヒーをキッカケに、連鎖的にハプニングが起こるピタゴラスイッチみたいなサイレント。2本目は、家族がGWで旅行中の家で『理想のグダグダ生活』をしようとするものの、その準備だけで疲れちゃうタエちゃん。連休にはまだ早いけど来月号だともう終わっているので、難しいタイミングだな。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
闘技場に甦った狂戦士のエマ(♂)と、バトルになるデフテロス。兄を振り払おうとするデフテロスと、兄と共にあろうとするエマの対比が良かった。ギャラクシアン・エクスプロージョンがさく裂するものの、ここでエマの兄のコカロが復活。デジェルも加えて2vs2か?

・こんかつちゅう/ひらいたけし
今月は2本立て。1本目は、恋窪に「隙の無い女は結婚できない」と言われたことを真に受けた風紀委員の馬場さんが“うっかり”を装おうとするものの、あっさりと上を行くベス。2本目は、ベスと夏句の寝技対決に麻美の許嫁の鷺ノ宮が乱入する。主人公がいなくても、話が回るようになっている。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
服部の持っていたグッズ『飢ェー飢ェーガム』によって、究極の飢餓状態に追い込まれるユズルと匡。解放の条件は『どちらかが、もう一方の肉を食べること』。しかし2人は、見事なトリックで服部をダマす。“3人目”は、ワビコか? チョチョイのチョイス。

・バキどもえ/さいとうなおき
1本目は「バキ~!」と襲ってくる相手に「胴!」と帰す刃牙。2本目は、烈のタイムスリップ編。とりあえず写楽との戦いは終わったけど、まだ時間旅行は続くのかな?

・みつどもえ/桜井のりお
センターカラー2本立て。1本目は、みつばがハンモックに絡まって、さあ大変。2本目は、席替えなのに、周りに誰も集まってこないみつば。でも、この『クジの番号順に好きな席を取る』っていう方法は、クラスに軋轢を生むだろ。

・ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
読み切り。主人公の円城寺ゆいかは、真面目な優等生。しかし、心の奥底からもれ出たスケベ心の化身ベスケ・デス・ケベスが、目の前に現れた男を裸にしていく。弱ペダトランプ目当ての新規読者を迎え撃つのは、この作品ということか。

・セトウツミ/此元和津也
今回は『左右対称の男』田中真二君が、いつもの場所で手紙を書くだけの特別編。瀬戸と内海から、続けて「何笑とんねん」と言われるところがヒット。

・サクラサクラ/もりしげ
コレット主催の船上(空母)パーティーが開催されることに。花坂は参加を拒否されるが、そこにはコレットの考えが……。姫城&敷島さんのドレス姿と花坂&篁のメイド姿がメインかと思いきや、ちゃんとラスジェネを海外にアピールするという思惑があったとは。

・やさい学園/前原三十日
菌類の新入生、ハナビラタケとマイタケモドキに振り回されたり、転校生の聖護院大根の聖護院大子の秘密を知ってしまうシイタケ。今回は普通にギャグをしていたけど、前回で『ひとつ間違えば……』という世界観を知ってしまっただけに、あまり素直に楽しめない。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
フルットとブロンが魚の行商を見つけるが、野菜や肉もリヤカーに乗せて……? 2コマ目にチラリと鯨井先輩と頼子がいる。





来月号は、阿部共実と米井さとしの読み切りが載ります。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/04/14(月) 19:49:51|
  2. 別チャン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad