晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

週刊少年チャンピオン 19号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は『クローズEXPLODE』主演の東出昌大さんです。






・クローズEXPLODE外伝/髙橋ヒロシ&平川哲弘&向井康介、水島力也、長谷川隆
巻頭カラー特別読み切り。旋風雄役の東出さんのポスターと映画の情報付き。本編は、旋風雄が鈴蘭に来るまでが描かれています。

・クローバー/平川哲弘
決勝は、まさかの翌日開催ということでハヤトたちは花京院チームの部屋に泊めてもらうことに。そのことによってエリナは、ひとりで広島で宿を探さなければならなくなるが、トモキと夏子さんのところにでも転がり込むんだろう。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
花粉症に悩み、マスク・ゴーグル・フードで完全防備の転校生がやって来る。その正体は『シャツ男』だと推理するが、実際には……。たぶん、春先限定登場のキャラになる気がする。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。欠伸が止まらないのは、刃牙だけでなく他の格闘家たちもいっしょだった。そして、ついに武蔵が誕生する。早くも単行本の発売も5月に決定しました。

・弱虫ペダル/渡辺航
手嶋と再会した葦木場が、強烈な宣戦布告をする。そして箱学の6人目は新開隼人の弟・新開悠人だった。クライマーだという彼の実力も、相当なモノか。泉田・銅橋 → スプリンター 真波・新開・黒田・葦木場  → クライマーでバランス悪くない?

・9デイズワンダー 出張版/福井瞬&オオノヨウ
単行本発売記念の出張版。フォークロアの誕生から湯之介のサービスシーンをはさんで、ソウシキ先生が退治するというダイジェスト版みたいな内容。でも、作品の面白さは十分に伝わると思う。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
相容れない関係となった虎城と火竜。体はボロボロになりながらも真っ向勝負を貫く火竜を見て、引退して親方になった虎城は焦りと不安を感じる。そして、あの事件が起きる……。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
結局サイズの問題で、ヤスとソリ大会に出場することになったさゆりちゃん。ツッコミ役不在の前半は、確かにどうしようもない感じに。あとバニーやリコスより、なんだかんだいってヤスと絡んでいるときが、いちばん安定している気がする。

・囚人リク/瀬口忍
期限が過ぎても、刑務所側からの動きはナシ。そこでレノマは、原田が突然辞職したことを知る。田中は、原田が例のケシ畑に飛ばされたと推理し、それを確かめようとする。でも考えをまとめるたびに、何かポーズを取らなきゃいけないの?

・侵略!イカ娘/安部真弘
渚に「つまらない大人」と言われたことから、愛子先生がイカ娘と面白さ勝負をすることに。しかし、海の家れもんって、昼間っから酒を出しているんだな。

・実は私は/増田英二
初詣に来た黒峰たち。置いてけぼりにされた福の神(メガネ)が、先輩福の神(メガネ)や伝説の福の神(メガネ)とともに、みかんに小さなハッピーを届けようとする。全体的にシッチャカメッチャカ感がすごかった。ヒキは、前回と一緒。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
義経がバットを折りながらも、ヒットで出塁。続く山岡はスリーバントを成功させて、一死二塁のチャンスに。今回は、速球を受けて浮き上がる豆タンと、藤村の口笛が印象的だった。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
成田のゴールは、オフサイドで取り消し。しかし、その後の乾の「生涯で最高のパスは?」というナレーションが良かった。次は、ユゥエルが仕掛ける。

・ブレイブマンと王女様/春日井明
読み切り。正義のヒーロー・ブレイブマンこと阿守七春は、ある事件で助けたリーデヴェルデ王女のことが頭から離れなかった。その王女が失踪すると同時に阿守のクラスに転校してきた、ブレイブマン好きのリオ・ベルシュタイン。互いが互いに憧れながらも秘密を知らないという構成が良かった。ただ、リオは王女の振りをしている男の子なのか、男装して転校してきた女の子なのか?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
之路も負けじと、三者凡退に打ち取る。ただ、蔡理高は全体的に桃ちゃんを気にしすぎだろ。そして、2回表は蛮堂vs弐敷というマッスルバトルに。
1 三 金崎
2 右 宮野
3 一 杉山
4 遊 蓬莱
5 投 蛮堂
6 捕 山脇
7 中 伊本
8 左 松口
9 二 須長

・思春鬼のふたり/反転邪郎
黒金先生の最終目的が、若丸先生を解剖することだとあきらかに。しかし、この2人は手もつないでいないのに結婚を決めるとかプラトニックすぎる。

・名探偵マーニー/木々津克久
アニメ・マンガの同人イベントで起きた、殺人未遂事件の調査をすることになったマーニー。まぁ、実際に行動することはなくても、こういうふうに考えている人は多そう。それから、ネコ耳マーニーの破壊力の高さよ。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
勇人は、左手でカラドボルグを扱っていたために、あっさりと斬れないことがバレてしまうが、あきらめないで振るった一撃で、魔王の浴衣を斬ることに成功。対魔王のみ効果が発生するのか、勇気がないと斬れないのか?

・青果人/渡辺大輝
コンタに対して、大勢の青果人たちが襲ってくる。今回は10ページしかないし、コピーを使っている場所もあるし、3回目にして大丈夫か? あと、歯並びが汚い人が多いのはなんでなの?

・ウチコミ!!/村岡ユウ
一度逃げる、と見せかけて逆の組手から背負いに行くレン。紅林にこらえられるものの、そこからこれまでのアドバイスを思い出し、それを『逆に』生かす展開が良かった。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
母親と買い物に来たところを、イマキマキたちに目撃されてしまった吏毘堂。照れ屋の照屋さんとの微妙な距離感が良かった。あと、時速80キロ。

・少女発明家の本音/福地カミオ
読み切り。天才JC発明家が『人の本音を聞く機械』を発明し、幼なじみの本音を聞こうとする。8ページと短いながらも、ちゃんと読みごたえがあるし、ラストはニマニマできる。今回のようなクオリティを維持してほしい。

・雨天決行/重本ハジメ
ミエホホは天空羅針基盤の子機(馬頭型)を使って、自分の悪の心をこめた雨を降らせる。「気象と気性をリンクさせる」とか「人と人型の間の存在で『人間』」とか、本当はもっとじっくり描きたかったんだろうな。そして、赤マントを誕生させない = 人間が存在しないという選択を甲人が迫られることに。次回、最終回です。

・木曜日のフルット/石黒正数
大御所少女漫画家とサイン交換することになった白川先生だが、そこで大失敗することに。ここ最近で、ベストの内容だと思う。





真・餓狼伝は休みでした。次週は田口翔太郎の読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/04/11(金) 14:57:21|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad