晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 18号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は3週連続で刃牙道です。






・刃牙道/板垣恵介
今週も巻頭カラーで2話掲載。ポスター付きです。武蔵クローン製造の過程を振り返りながら、その鼓動を刃牙が聞く。という内容。でも、せっかくの巨額を投入した設備なのに、肝心の脊髄を取り出すのに使われたのが、ノミとトンカチというのは良いんですかね?

・クローバー/平川哲弘
ハヤトが、花京院チームの大将・上條を瞬殺して、決勝進出。相手は、今回登場した綾瀬チームということになりそうだが、どうやら試合前に何か仕掛けてくる様子。ターゲットは、ゲンゲンか。

・実は私は/増田英二
年明けに白神さんの実家で、なぜか人生ゲームをやることになる黒峰。ラストでは、新たな悪魔・銀華恋さんが登場したが、またすぐにポンコツ化すると思う。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。小鞠の起用は味方にも隠されていたらしく、京伏内に衝撃が走る。そして、当の本人はウォームアップ中の今泉の筋肉にタッチして、異変を見抜く。意外と不安要素が多いな、総北。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
なぜかタクシー運転手をしている国会議員。そのオナラの臭いを気に入ってしまった裕太と、楽しいドライブを満喫する。ビガロ → バッドニュース → マサが良かった。

・囚人リク/瀬口忍
原田への返答期日。レノマの拉致計画も失敗し、万策尽きたリクたちはイラだちから殴り合いを始めてしまう。しかし、所長に報告に向かおうとする原田を、看守部長の白井が呼びとめる。ここからの大逆転があるのか?

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
本場所以上の、虎城と火竜の激しいぶつかり合い。互いに血を流しても、2人の心が通じ合うことはなかった。虎城が耳を引きちぎったラストは、かなりの衝撃。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
自分が依頼を実行すると、若丸先生が不幸になるということに辻は悩む。“お仕置き人”小鹿さんのアドバイスを受けて、若丸先生の家を訪ねてみるが…。これまでがカジュアルに人を殺しすぎただけに、1回悩む展開はイイと思う。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
蔡理高戦がスタート。愛の力に燃える蛮堂の投球に、児島、柊、そして三番に入った清作が打ち取られてしまう。これは、かなりのポエムを乗せたバッティングじゃないと攻略は難しそう。
1 右 児島
2 遊 柊
3 中 清作
4 三 弐敷
5 左 頭木
6 捕 宇城
7 一 安保
8 二 楠瀬
9 投 之路

・侵略!イカ娘/安部真弘
イカ娘の提案で、侵略部の部長を決めることに。判定人は栄子だが、今回はやけに大人びて見えた。周りの年齢が低いからか。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
玄乃は「勇者」という言葉を連呼してしまったために、右華のゲロをくらって無力化。そして、八兵衛が奮闘していた魔王の前には、カラドボルグを手にした勇人が姿を現す。交換日記の伏線も使っちゃったし、ラストバトルの雰囲気が漂ってきたな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
小林は伝家の宝刀・ナックルで豆タンを打ち取り、失点を1に抑える。裏のスターズの攻撃は、義経から。この足のある下位打線を豆タンは警戒するが、どうなるか。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
二宮の粘りから、百瀬 → 乾とつないで、DFラインの裏に抜け出した成田が決める。それぞれが一瞬で様々なことを考えてプレーしているのが良かった。

・名探偵マーニー/木々津克久
file29の喫茶店の事件を、その場にいたオリジナルメカニック・鴻上有の視点で振り返る。そして、彼が自分の替え玉として育てた夜刀の存在によって、2人のメカニックの真相が明らかになる。けっこう、複雑に絡み合った関係性という感じ。

・青果人/渡辺大輝
コンタに対して、殺し専門の特別組織からヴィーナス(巨漢の茄子)が送り込まれるが、ビーム一発で戦意喪失。ギャグの上滑り感は相変わらずだが、話のテンポは良いと思う。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
源さんに連れられて、アスレチックパーク的な所に遊びに来る。今回は、さゆりちゃんの表情がカワイく描かれていたと思う。リアクションより、こっちを磨いたほうがいいかも。あと、恭也君の出番がなくなったな。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
勝負を決めに来た紅林に対し、レンは逃げることしかできない。しかし、ここで日下部と純の『K』の字アピールを見て、なにか作戦を思いついた様子。構えをスイッチするのかな?

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
さらにカビ臭い高校を送らないようにするために、内申点のアップを画策する吏毘堂たち。モブの森田将文キャラが気になってしかたない。

・アライグマン/平山賢治
読み切り。超潔癖症の主人公・石神井明は学校の風紀をキレイにするために、校内で合成麻薬を売りさばいている不良集団を洗浄する。キレイ好きなヒーローという着眼点は良いと思うが、それを上手く生かせなかった印象。特にアライグマが憑依?してからオチまでは、ちょっと物足りなかった。

・真・餓狼伝/夢枕獏&野辺優美
勝海舟が、講道館にレスリング&ボクシングチャンピオンのアメリカ人を連れてくる。この“道場破り”の相手をするのは、嘉納治五郎本人。作中では、ウンコをしている印象しかないので、ここは実力を見せてほしいところ。

・雨天決行/重本ハジメ
ショウシ(甲人)とミエホホ(赤マント)は、天候を自由に操る装置を開発していたが、死んだ妻に似た人型(と呼ばれる人工生命体)を見つけたことから、ミエホホが闇堕ちしてしまう。開発中の天空羅針基盤が、番傘の元になっているのか。

・木曜日のフルット/石黒正数
フルットが、ネコの仙人と出会う。2ページ目のカメラワークが、フルットらしからぬ切り替わりの多さ。





次週は『クローズEXPLODE』の特別編が掲載。ほかに、春日井明と福地カミオの読み切りと『9デイズワンダー』の出張版が掲載されます。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/04/04(金) 16:06:35|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad