晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

ジョジョリオン 第6巻の感想


ジョジョリオン 6 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 6 (ジャンプコミックス)
(2014/03/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る



第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作『ジョジョリオン』の最新刊が発売されました。この巻は、ほぼ『康穂編』になっています。

・表紙
同日発売のウルトラジャンプと、対をなすデザインになっています。シャボン玉の中に入っている定助と康穂を、東方家の人間たちが見上げるという構図です。


ウルトラジャンプ 2014年 04月号 [雑誌]ウルトラジャンプ 2014年 04月号 [雑誌]
(2014/03/19)
不明

商品詳細を見る




・#023 ペーパー・ムーン まやかし その①
前巻で、何者かに木の洞に引きずり込まれた康穂。目を覚ましたのは、なにやら昭和な古めかしい物が置かれている地下の小部屋。そこにいたのは、憲助の孫にあたる東方つるぎ(9)だった。折り紙を折り、ダジャレを連発するつるぎにあきれた康穂は、部屋を後にしようとするものの、カエルの形に折り曲げられた自分のスマホから攻撃を受けるッ! しかしビックリだったのは、つるぎが東方家の習わしにより病気の魔物をだますために『12さい』まで女の子の格好をさせられている『長男』だったということ。“女装男子”だからといって、萌える要素を全く与えない顔つきなのがスゴイ。あと、つるぎの腕にある『姫』と『命』の文字。まさかタトゥーではないだろうから、これも魔よけの一種なんだろうか?

・#024 ペーパー・ムーン まやかし その②
つるぎのスタンド攻撃を受けたものの、康穂はそのまま外へ。気になるのは、つるぎが居たのとは別のもうひとつの地下室。外からカギがかかるようになっているし、中には定助と同じようなセーラー服がかけられている。ここには、誰が居たのか? そして、定助からメール(4玉がキーワード)を受け取った康穂は待ち合わせ場所に向かおうとするものの、街行く人々の顔がすべて同じに見える怪現象に襲われる。他人だけではなく母親も、鏡に映った自分の顔も全部が同じ顔(また、コレがビミョーに気持ち悪くイラつく顔をしている)に見えてしまいパニックに。そして、今度はつるぎの折り紙を定助が踏んでしまう……。

・#025 ペーパー・ムーン まやかし その③
定助も他人の顔が同じに見える現象に襲われ、気づかれないうちに常秀にスマホを取り上げられてしまう。いっぽう康穂は状況が悪化して、あらゆる文字が定助との待ち合わせ場所である『ごま蜜カフェ』に見えてしまうようになり、本当のごま蜜カフェと間違えてCDショップに入ってしまう。店内にはごま蜜カフェのCDが並べられ、オススメのアーティストはごま蜜カフェ。うっかりごま蜜カフェにぶつかってしまったところで、ごま蜜カフェから着信が入る。康穂は定助からの電話だと思うものの、かけてきていたのは常秀(たぶん、声も違って聞こえるようになっている)。そして、康穂の言動を超好意的に解釈しトイレに連れ込んだ常秀は『ナット・キング・コール』の能力で、康穂の服を解体! こいつ、呼吸するようにスタンドを使いこなしてやがる! なんとか身の危険は回避したのものの、その後も謎の『杜王連合』に拉致られかけるなど、康穂の精神状態はボロボロ。ついに、つるぎに助けを求めることに。この勝負は、つるぎの勝ち。康穂は、まだスタンドというものを理解しておらず、ペイズリー・パークを使いこなせなかった(杜王連合の足首を物理的に折ったけど)ことが敗因か。また、つるぎ的には東方家の秘密を探る気力をなくさせるだけでよく、フィジカル的なダメージを与える必要がなかったのも好都合だったか。

・#026 東方つるぎの目的 そして建築家
つるぎの地下室に戻った康穂は、すっかりリラックスモード。つるぎは謝罪し、自分の『ペーパー・ムーン・キング』の能力解説と共にスタンドの説明もしますが、いまいち康穂は信じていない様子。さらに、東方家の長男がかかる病気は『皮膚が石になる』(ジョニィが引き受けて死んだ病気の名残り?)こと、常敏がシンガポールに行っていることも明らかに。そして、謎の男・八木山夜露(28歳・建築家)が突如地下室に現れ、居眠りをする康穂を襲う。目からサランラップのような幕を出して康穂の顔を覆い、口の所に水を注いで窒息を狙うという地味な拷問技を仕掛けます。そこから、苦し紛れに出現したPPを捕まえて観察するなど、どこかつかみどころがない感じ。康穂はなんとか危機を脱出したものの、夜露のスタンド能力はなんなのか? 地下室への出入り方法は? そして『柔らかくはないし…』『濡れてもいない』というセリフ。定助とどういう因縁があるのかも気になる。


定助vs東方家という構図で進んできた中で、姿を現した八木山夜露。さすがにラスボスということはないでしょうが、彼がどういう情報を持つキャラなのか気になります。




大弥が『カリフォルニア・キング・ベッドちゃん』で、常秀は『ナット・キング・コール』。そして、つるぎは『ペーパー・ムーン・キング』。東方家のスタンドには、みな『キング』がついているのか。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/03/21(金) 16:32:13|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad