晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

彼女のカーブ の感想


彼女のカーブ (F COMICS)彼女のカーブ (F COMICS)
(2014/02/12)
ウラモトユウコ

商品詳細を見る




今年クルんじゃないかなと思う漫画家シリーズその①(②以降があるかは定かではない)。
ということで、ウラモトユウコさんの短編集『彼女のカーブ』の感想です。エロティックスFに12~13年に掲載されたもので、女性の体のパーツにスポットをあてた内容になっています。表紙の割に、内容はエロくないです。

・1 桶屋さんのデコルテ
デコルテというのは、女性の首から胸元にかけての部分の事。ソコがやや平らなせいで、落としたコンタクトレンズを受け止められなかったことから、女子大生の桶屋さんの大変な一日が始まる。“何かあった”ことを説明する12Pの詰め込み感が大好き。しかし『彼女のカーブ』というタイトルで女性の体のパーツがモチーフなのに、いきなり直線的なところをメインにすえなくてもいいのに。

・2 エレガのほくろ
入れ替わりが激しく、なぜか不慣れな男性店員ばかりが働いている書店。そこのエレベーターガールは、うなじにちょうど押してみたくなる大きさのホクロがあった。常連客の内藤は、つい誘惑に負けてしまい…。という話。他の話は明るくポップな感じが多いのに、この話は星新一っぽいダークな雰囲気がある。

・3 姉の薬指
事故死してしまった姉の火葬現場から、何かを持ち出した弟の礼太。その後を婚約者の男が追いかけてくる。他の話と違って、男同士の会話がメイン。婚約者が慟哭する50~51Pは、作者には珍しく筆の荒々しいタッチで印象的だった。でも回想があるとはいえ、話の中心である女性が骨だけの登場というのはどうなんだろうか?

・4 母のまつげ
終電を逃してしまった良子は、ぐうぜん見かけた父親と一緒のタクシーに乗ろうとするが、その横には見知らぬ女の姿が…。車内で、モテモテダンディな父親とカタブツな母親のなれそめの話を聞くことに。60Pと62P、それから68Pで横顔をリンクさせているのがイイ。たぶん、いちばんテーマに忠実なエピソード。

・5 幽霊の二の腕
お風呂の給湯器が壊れたので、3日間銭湯に通うことになった中学生の莉沙。そこで素敵な同世代?の女性を見つけるが、腕には種痘のあとが…。料金は先払いなのか後払いなのか?ということなど、銭湯の風習に戸惑う莉沙がカワイかった。あとは、ラストでの何かを悟った感じ。でも、銭湯の人はアラフォーでも若く見えるということで納得できるけど、莉沙ママの種痘を経験せずに中学生の娘がいる年齢でフケて見えるというのが、かなり限られた設定だと思った。

・6 先パイの耳たぶ
ひとり教室に残っていた女子生徒は、カサハラ先輩の荷物を取りに来た野球部の後輩にピアスの穴開けを無理矢理手伝わせようとする。卒業式後の教室、先輩と後輩、想いを寄せていた先生への告白と甘酸っぱさ全開なのに、後輩が窓から投げた荷物のコントロールが悪いという、笑えるシーンを持ってくる隙のなさ(でも、直後の「ノーコン!」がカワイイので、問題なし)。

・7 兄嫁のつめ
ネイリスト検定を目指している朝子。しかし、試験前日にモデル役の友人がインフルエンザを患ってしまう。そこで代役になったのが兄嫁の美咲。しかし、そのマイペースっぷりに振り回されることに。美咲が実は…というのは料理の件で予想できたが、兄が到着してからの事情説明シーンは短いながらも良かった。あと、作者はなんとなく、こういうフワフワしたギャルっぽい人を描くのが上手いと思う。

・8 キミの脚
彼女に靴をプレゼントしようとしたもののフラれてしまった、サラリーマンの男性。職場の先輩にあげようとするがサイズが合わず、不燃ゴミの日も過ぎてしまう。そうしているうちに段々と靴に愛着がわいてしまい、理想の脚を持った女性に履いてほしいと思うようになる。いちおうテーマには忠実ながらも、ラストはちょっとファンタジーが入りすぎていると思う。

・9 ふたごのスキマ
親でも見分けがつかないほどソックリな双子の亜紀と美紀。2人で1セットに扱われることが嫌になった亜紀は、髪形を変えたり部屋をふたつに分けたりして、オリジナリティを得ようとする。しかし、美紀の方は違う考えを持っていて…。分解した2段ベッドでの会話シーンが良かった。このなかのベストエピソードと言ってもいいと思う。

・10 彼女のかたち
店の前をよく通る男性を観察していた、花屋の田中さん(店名的に)。その男性が、突如店にやって来て、女性へのプレゼント用花束を注文する。田中さんは、その相手がどんな人なのかとアレコレ想像する。これは、体のパーツうんぬんよりも、1本のラブストーリーとして完成度が高いと思う。

・番外編 風吹ちゃんのおしり
1に登場したスレンダーな桶屋さんの友人で、女性的なボディラインの風吹ちゃんがメイン。ブランコにお尻がはさまってしまう。2人は、空手サークル?なのね。



作者の別作品である『椿荘101号室』も、2巻が出たら感想を書きたいと思います。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/02/15(土) 16:34:16|
  2. ウラモトユウコ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad