晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

リピートアフターミー 第2巻の感想


リピートアフターミー(2)(完) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)リピートアフターミー(2)(完) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)
(2014/01/10)
ヤマモトマナブ

商品詳細を見る



“青春ジェットコースターミステリー”リピートアフターミーの完結となる第2巻が発売されました。今巻は、1巻で提示された謎がいろいろと明らかになるので、ネタバレにご注意を。表紙は、第1巻とつながるデザインになっています。



・Lesson05 勘違いしないでよね
▼リピート5回目▼
ダニエルの父親は、誤発注してしまった非公認マスコットキャラのぬいぐるみを売りさばくために、一日中車を走らせて事故に遭って死んでしまうということだった。善美は、コンビニ強盗を取材に来たテレビの力とネットの拡散力を使って自分のコンビニで売りつくしてしまう。普通に読むと善行ポイントを稼ぐイベントのひとつなんだけど、ここで『トラック』と『段ボール』というアイテムを手に入れていることが、最後になって効いてくるとは。いっぽう九條は『通行止め』の集団が消えた工事現場に地下への通路があるのを発見。そこを石名坂と共に探索します。

・Lesson06 猫なら五匹は被れるから
▼リピート6回目▼
九條は『通行止め』たちが掘った坑道が、朝日河市の上水道施設につながっていることからテロを警戒。早朝に上司の大浦さんに直談判するものの、なぜかキーホルダーを手渡される。いっぽう善美はリピート5回目の夜に出会った友達のあいかとともに、娘を事故で失ってから学校を休職中の時雨令子先生を訪ねる。そこで、とっさの機転から復職を決意させることに成功する。が、それは口から出たデマカセの結果。そのことを知ったあいかは…。そして九條は、キーホルダーの中に隠されたSDカードを善美のコンビニに持ち込むが、表示されたのは『通行止め』マークとカウントダウン表示だった。

・Lesson07 明日の私を励ますこともできないの
▼リピート7回目▼
ダニエルの提案によりSDカードの解析をすることになったのは、朝のバスで善美が席を譲ったおばあちゃん(ダニエルの祖母)!! 判明したデータによって『通行止め』の目的が、水道を通じて朝日河市内に猛毒をまき散らすことだと明らかになる。が、全てのデータを解き明かすには
▼リピート8回目▼
を使っても足りず、
▼リピート9回目▼
まで持ち越しに。ここで九條は強硬手段に出て、出勤途中の大浦さんを拉致。データを手に入れた経緯を聞く。クビにしようとした理由が『信用できる人間をゴタゴタに巻き込まないようにするため』というのが、泣けた。そして善美は、ビルの屋上で自分の無力さ(慕っている時雨先生のもとに1年間通っていたのに何もできず、善美はたった1回のウソで説得することができた)から自殺しようとしていたあいかを見つける。でも、本当に人助けが必要な場面なのに、上手く言葉を発することができないというのが妙にリアルだった(リピート5回目でダニエルにも、そういうことを言われている)。

・Lesson08 私には世界なんて救えない
▼リピート10回目▼
親友のあやかを救えなかったことで意気消沈の善美だが、九條の言葉とサインによってやる気を取り戻す。というわけで、まずは『通行止め』の謎解きに時雨先生の家へ。通行止めマークの斜線の向きが反対 → 本当は0 → 時雨令子の中2文字で → 零というのは見事だと思った。大量の『通行止め』たちは、1年かけて洗脳してきたこと、娘の事件に無関心だった“その他大勢”を許せなかったということが時雨先生から語られる。善美は最後の手段として、神様に超常的な力を使っての解決を頼むものの、断られてしまう。もはや時雨先生の犯行を止められないと悟った善美は、せめてあいかだけは助けようとする。泣きながら言う135Pのセルフが良かった。

・Lesson09 リピートアフターミー
最終回。話の仕組み上、これまでに積み上げてきた小さなことが、最後に大きな結果に結びつくというのは分かっていてけど、それでもゴミ捨てを手伝ったのが大浦さんの奥さんだったり、第1話で「責任もって全部売れ!」って怒鳴っていたのがダニエル父の上司だったり、荷物が崩れそうになるのを助けられた人が神様が持っている風船を売っている人だったり、くり返されてきた1日がひとつにまとまっていく展開は、正直興奮した。第1巻冒頭の善美があきらめかけるシーンからの九條とあいかの言葉も良かったし、神様にテキトーに教えていた“困ったときのセリフ”が最後の最後にイキてくるというのも鳥肌ものだった。キッチリと10万善も達成したし、文句のつけようのないハッピーエンドだったと思います。





早くも、次回作が気になります。
天気と時間さえ都合がつけば、作者に会いに行きたい気分です。


リピートアフターミー 第1巻の感想





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/01/15(水) 17:26:34|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad