晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

別冊少年チャンピオン 1月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2014年 01月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/12/12)
不明

商品詳細を見る




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はクローズZEROⅡ。フルット、みつどもえ、クローズのクリアファイルが付録です。





・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
巻頭カラー。カナメvs花屋。植物使いで、ここまでゴリゴリのフィジカル系ははじめて見たが、自らの異能を進化させたカナメの勝利。そして、レインをふくめた3人で即席のクランを作ることに。ここにシュカが参加すれば、それなりに他のプレイヤーとも戦えるか。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
ようやく状況を把握した源治が、公園に戻ってくる。そして、芝山へ強烈な一発を見舞う。これで休戦協定は破られたわけで、ここから両校の対決への流れは止められないか。

・こんかつちゅう/ひらいたけし
今月も2本立て。1本目は、尻に敷かれやすいM男になって、2本目はヨガを極めて、婚活に有利になろうとする恋窪。なんか、ひさしぶりにジョジョネタを使ってきたなという印象。

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
センターカラー。カラー部分は2巻の冒頭に来るからか、ここまでのあらすじのような構成に。本編は、湯之介のフィギア(作者が描いていた『週チャンゲーム板』のリンちゃん)を壊してしまった美樹が、咄嗟についたテケテケのフォークロアのウソが実体化してしまったと思い、1人で解決しようとするが…。これからは、ソウシキの過去にスポットが当たる形になっていきそう。

・REBOOT/根建飛鳥
センターカラー。IH東京予選の1次トーナメントがスタート。東条高の相手は、守備に自信のある広明館。美浦は2人のマークで思うようにプレーできず、守備に参加しないことから失点を許してしまう。さらにミスを取り返そうとした鉄がオウンゴール。チームの問題をハッキリさせるためにも、ここで負けるのもアリか。

・バキどもえ/さいとうなおき
ベッドで誘う梢江をアライ・猪狩状態と勘違いしたバキと、烈くん(♂)と寂ちゃん(♀)のラブコメ(?)の2本。2本目は、登場人物紹介も内容に沿っているのがイイ。

・サクラサクラ/もりしげ
センターカラー。花坂の誕生日が近いので、手作りプレゼント対決をすることになった女性陣。自分から望んだ形じゃないけど『リボンを巻いて、私がプレゼント』をマンガでもはじめて見た。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
ユズルの協力を得て、匡は黒瀬のクロスワードをクリアする。ゲームの主役が匡に移行していることにユズルが言及するのが良かった。そして、黒瀬の案内で黒板の“グッズ”を拾ったという山にハイキングに入る2人。そこには、なにやら宗教的なメッセージ看板が。そして、ユズルが転入するはずだったクラスの生き残りで、オカルト好きの坂井柚希ちゃんが、なかなか良キャラっぽい。チョチョイのチョイス。

・やさい学園/前原三十日
今回は、マラソン大会、期末試験、クリスマス、年末の親戚の集まりと、秋から冬にかけてのイベントを一気に消化した印象。そのぶん、ギャグ成分は薄めだった。玉ねぎ先生とメロン先生のお金の使い道の違いぐらい。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー2本立て。1本目は、サボった生物の授業を、いつもの場所で受けるハメになる瀬戸。「我々ゴリラ」の破壊力が高かった。2本目は、主に瀬戸の家族の話。両親が離婚協議中?というのはともかく、動物の『匹』と『頭』の境目がオオカミというのは、なるほどと思った。

・みつどもえ/桜井のりお
今月も2本立て。1本目は、クリスマスに伝説の『ブラックサンタ』が来ることを願う松岡さん。2本目は、プリント配達係の宮下さんが、通知表を見るか見ないか、ひとりで戦うことに。この話のタイトルが『ゲッチュー魔ごころ便』っていうのが、スゴイな。

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月も2本立て。1本目は、タエちゃんの居眠りを止めることができていない松戸さんが、秘密風紀委員解任のピンチに。2本目は、居眠りしすぎのタエちゃんが、ペナルティとして幼稚園でマジックを披露することに。でも、軽い気持ちで手伝いに来たミフネ&ちひろのほうが大変な目に。最近は『眠気をどうやってこらえるか』というところから『タエちゃんが眠ったことによって引き起こされるトラブルに周囲が巻き込まれる』という形に変わってきている。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
センターカラー。魔法少女たちは、未来から来たことで確定。芥は、その元凶であるつくねを現代で殺すことを決意。遭遇した阿修羅型魔法少女を撃破する。いっぽう謎の人物に助けられた貴衣は、銃と刀が合体したようなステッキを手に入れる。そして屋上で会する生存者たち。これが、ラストバトルなのか? あと、美羽ちゃんが過去に飛ばされたのかも気になる。

・サンセットローズ/米原秀幸
アルバトロスに潜む盗人が、姿を消す爬虫類人間だと明らかになる。ちょっとしたトラップから、全員で追いつめていく流れが良かった。サンの名前を知っていることから見ても、こいつはデンと同じ『しずくの器を守るナイト』ということか? あと、パキがチェリーに恋したということが、今後にどういう影響をあたえるのか。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
いままで、大機に対し横柄な態度だったのでは? と反省した風森さんが謝ろうとするものの、スマホから炎が出ているのを見て、やっぱり言い争いに。焼きトウモロコシを食べながら口げんかするシーンは、テンポが良くて面白かった。あと風森さんの下の名前は、弦子(いとこ)だそうです。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
読み切り。転校生の辻浦めぐみさんは、優しく可憐な美少女。しかし、実際は危険度MAXのケンカっ早さで、チュパカブラを信じている変人だった。その事実を知ってしまったイジメられっ子の裕が、彼女のピンチを救うことになる。辻浦さんはカワイイし全体的にテンポもいいのだが、番長の子門さんをジーン・シモンズの姿にしたのだけが謎。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
聖戦の吉凶を占う『デルフォイの書』を取りに行くことになったシジフォス。白い狼の姿をした巫女のアルケスが見せた幻影によって、シジフォスがアテナに弓引く可能性が告げられる。そして神殿には黒い射手座の冥衣が。今回の倒すべき敵は、自分の弱い心というところか。

・マッドサイエンティストブギ/西森茂政
読み切り。11月号に続いての登場。今回は、メンテナンスするためにドン子ちゃんを巨大化させるDr.ルゴシ(目的が別にあっても気にしない)。でも、前回よりはギャグのキレがなかった印象。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
フルットだけに聞こえる、頼子の心の声? タイトル下のイラストは、鶴田謙二先生が担当しています。






来月号は、フクイタクミの読み切りが載ります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/12/13(金) 18:42:58|
  2. 別チャン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad