晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

ヤングキングアワーズ 1月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 01月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/11/30)
不明

商品詳細を見る



ヤングキングアワーズ1月号の感想です。表紙は『蒼き鋼のアルペジオ』。群像とヒュウガがいないので、現在401に乗っているメンバーということか。




・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
付録にスペシャル画集が(本誌と同サイズ)。主に、アワーズや単行本のカバーを飾ったイラストが収録されていますが、唯一の未発表イラストが最も破壊力が高かったです。本編では、イオナが指揮する401とアシガラの海中チェイス。そして、別行動をとる群像とヒュウガは、九州近海で何かの残がいを発見する。これは、かつて沈めたヒュウガの艦体を再利用しようということなのか?

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
アニメ化が決定。律先輩が、巻頭で宣伝部長に就任していますが、動かないし喋りません。本編は、千夏ちゃんがグイグイ引っ張って、書生カフェで行われる『ブラウニー作り講座』に参加することになった律先輩。しかし、林さんの言葉で宇佐への態度が急変する。ここにきて、この2人の関係に変化が訪れるとは。

・それでも町は廻っている/石黒正数
浅井が『同じクラスの海老洲舞が、自分だけにスキンシップをとってくるのは何故なのか?』という疑問を、モテないブラザーズの真田・鈴木とともに解明しようとする。海老洲さんのほかにも、長岡さんや鈴木の新しい情報も明らかになって面白かった。最後のページも甘酸っぱかったし(浅井の顔は除く)。

・スピリットサークル/水上悟志
方太朗と刃九狼は、抜け道を使って場外に脱出した璃浜姫と大林と共に脱出するが、そこに追っ手の岩菜の手が迫る。川に落下した岩菜と方太朗は手足が吹き飛ぶ激しい戦いのすえ土砂崩れ(?)に巻き込まれる。それを発見したのは、ダイキとノノの過去生。夢で他の過去生とのつながりも見たし、今回はどういう結末になるのか?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『Ghost Cats』です。どこかに潜入しているのかな?

・ガーゴイル/冲方丁&近藤るるる
センターカラー。長州のアジトに乗り込んだ新撰組。八瀬童子衆の絞輪坊を、武田観柳斉(幻術破り)と尾形俊太郎(水でダミーを作る)の協力を得て、土方が倒す。どうやら刀の方にも強烈な力がある様子。沖田が時間停止だけでなく予知能力もあるというのはともかく、近藤が遠隔通信みたいな能力っていうのはいいんだろうか? あと永倉新八は、氷系の能力か。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
白皮に攻め込まれて、大混乱のミズガルズ。しかも、そこにジンまで出現する。そして、王宮内ではクーデターが起こり、ついにリュウマの女が目を覚ますが、その様子は明らかにおかしい。どういうふうに展開していくのか読めないな。

・天にひびき/やまむらはじめ
ひびきは、正式にバイエルンフィルの指揮をすることを決める。そのために、Bオケの指揮はやめることに。当然、そのことに秋央はショックを受けるが、それでも本番はやって来る。本格的に、2人の進む道が違い始めているのかも。

・車夫とあさくさ/鈴木小波
読み切りセンターカラー。ふつうの人間と、小人が共存する世界。そこで人力車を引く小人の梅田吾郎は、自分の働き場所の浅草を気に入ることができていなかった。そんなときに乗せた女性客と、迷子の子供と浅草の街を走る。メインの、スカイツリーを見ながら大学イモをほお張るシーンは良かったが、小人をがいるという世界観の意味がよく分からなかった。

・球場ラヴァーズ―私を野球につれてって―/石田敦子
カープがCS進出を決定! でも、前田選手が引退…。そして、神宮最終戦でのカープとスワローズのファン同士のエール交換。今回はキャラの心情より、現実のイベントを重視した感じ。次回は、CSでの阪神戦の喜びと巨人戦での悲しみという感じか。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
今回は、前世があれば生まれ変わりがある。生まれ変わりがあれば魂がある。魂があれば霊もいるという考えのもと、前世催眠療法を体験することに。石黒Pの前世ビジョンに須見さんが出てきたり、なんとなく『スピリットサークル』を連想させる話だった。

・師匠シリーズ~師事~/ウニ&片山愁
今回は、師匠の部屋に泊まったウニ君が見る幽霊たちの話。前回に比べるとインパクトは弱かったが、メガネをしていないウニ君にも顔のキズがハッキリ見えるなど『幽霊ってこういうモノ』みたいな説明回か。

・(ア)部! 葉桜中学アニマル部/吉川景都
前回アニマル部の副顧問になった九頭竜先生が、冬でもボディコン(死語)で来るので真潮先輩に避けられてしまう。こういうガチャガチャした状況でも影響を受けないって、信夫はいいポジションにいるな。

・起動帝国オービタリア/大井昌和
鍔迫り合いになって、こう着状態に。アルは自分の操縦の不甲斐なさを悔いるが、そこに、白灰の夕国から幽閉されていたプラウ=ズラウが脱け出し、蒼の終国にやって来る。そして、第3のオービタリア黒鉄の背国も動き出す。まさか、三つ巴の戦いにはならないと思うが。

・トランスノイド/テルミン
エンジン回収のためにイヴィの場所へ行く最中、不思議空間で過去のトラウマ映像を見る剣菱。今回は、その場面の画像処理がとても良かった。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
今回は小学生歌姫のヒバリちゃんが、超軽量折りたたみ自転車のタイヤ交換を、五六七八のハジメさんに依頼する。パナソニックも自転車を作っているというのが、今回でいちばん勉強になったこと。

・裸者と裸者 邪悪な許しがたい異端の/打海文三&七竈アンノ
東京UF&富士師団vs常陸軍&PGらの激しい市街戦が展開される。椿子桜子は、渤海ホテルに立て籠もるミョンボや小燕さんのために救出作戦を敢行する。477Pのチンピラ2人のやり取りが、いい意味でテキトー。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
アウステルリッツの戦いが始まる。フランス軍が霧の中で動き、ロシア軍を圧倒する。右翼でダヴーvsブクスホーデン。左翼でランヌvsバグラチオン。そして中央でスルトvsクドゥーゾフ。冒頭のウォッカの臭いと『大陸軍は地上最強』でスパイを見破るというのが良かった。しかし、ミュラは面白い頭になったな。

・ドリフターズ/平野耕太
黒王軍は、少人数に分かれて分散。街中に火を放ち始める。そして対峙する島津中務少輔豊久と土方歳三義豊。548~549Pが素晴らしかった。土方の能力は、新撰組の召喚っぽいけど、豊久はどう対抗するか?





次号は『清々と』『アオとハル』が掲載。ほかに、北崎拓とおがきちかの連載がWスタートです。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/12/03(火) 15:47:39|
  2. アワーズ 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad