晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

別冊少年チャンピオン 12月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2013年 12月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/11/12)
不明

商品詳細を見る




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はクローズZEROⅡと、みつどもえ。付録は鈴蘭高校数珠ブレスレットです。



・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
巻頭カラー。夜華さんを殺された怒りから特攻する芥だが、返り討ちに。しかし、警察手帳に入れていた粉になったステッキの力によって奇跡の復活を果たす。そこから寄生型魔法少女への尋問が、なかなか興味深かった。ホントに、魔法少女たちは未来から来たのか?

・みつどもえ/桜井のりお
オールカラー2本立て。1本目は、学芸会の役決めのため必死にアピールするみつばと杉崎。2本目は実際の劇の裏で暗躍するSSSという内容。1本目でふたばが頭からガラスに突っ込むけど、たしか週チャン時代のカラーのときにも誰かが血を流していた気がする。

・サンセットローズ/米原秀幸
モーちゃんの母親・キャプテングローリーが仕切る、何隻もの船が集まってできた船団都市『街船アルバトロス』に到着した、ハーティーハーティー。そこで、成り行きから助けた知り合い?のキャプテンシーダを助けるために、アルバトロス内に潜むコソドロを捜すことになる。ゴミ捨て場に落ち、そこでハンマーヘッドに襲われるチェリーたち。そして、サイに追われるサンたち。やっぱりバトルより、こういうアクションの方が燃える。しかし、レンジア・ブラザーズがバグロスに始末されてしまうとは。

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
吹奏楽部の公演の取材中、休日の体育館に現れる『妖精』のフォークロアと遭遇した美樹。そしてソウシキが、かつて指揮者として世界に名を響かせていたことが明らかに。一緒の写真に写っている7人の演奏家は、あきらかにキャラが立っているだけに、今後のストーリーに絡んできそう。そして、ソウシキに好意を寄せる吹奏楽部顧問の織田桃子先生もセミレギュラー化しそう。

・こんかつちゅう/ひらいたけし
今月も2本立て。1本目は、校内に迷い込んできた毒舌少女にイクメンぶりをアピールしようとする旬平。2本目はベス、麻美、夏句の女性陣3人で『勝負パンツ』を競い合うことに。でも、そっちのパンツだった場合『勝負パンツ』のアクセントが変なことになりそう。

・セトウツミ/此元和津也
単行本発売記念センターカラー。ババ抜き対決を、瀬戸、内海それぞれの視点で描く2本立て。試みとしても面白いし、内海バージョンの緊迫感と瀬戸バージョンのグダグダ具合の落差も良かった。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
芝山の考え = 源治に手を出させて、鈴蘭と鳳仙の戦争に持っていく。を見抜いた久賀がわざと源治に悪態をつき、ひとりで芝山らと戦う。いくらなんでも、気づけよ源治。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
レインが囮となり、その隙にカナメは壁の外を下って一気に1階へ降り、ついに花屋と対峙する。次回は、2人のガチンコバトルか。それにしてもレインのシギルは、キングクリムゾンのようなものか。身体能力が高かったら無敵じゃないか。

・やさい学園/前原三十日
今回は、唐辛子に恋するキャベ子など恋愛要素がタップリ。しかし、1ページ目の相関図でどの方向にも矢印が伸びていないシイタケって、主人公として問題ないのか?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
2話連続センターカラー。風森が素の部分をちょっとだけ出して、大機が『魔法のように風を操る機械』を造ることに。当面は、これがストーリーの主軸になってくる感じか。それにしても日常パートでは、やはりドワーフ娘の土和ちゃんが気になってしまう。あと、ツッコミ役が鬼の魅重儀しかいないというのは、バランスが悪いな。

・REBOOT/根建飛鳥
地区予選は突破。次は1次予選トーナメント。その前の朝練では、伊賀のほかにも田仲キャプテンや数名が邦光の周りに集まるようになってきた。そして、サイドハーフにコンバートされた鉄とも、超早朝練習を通じて理解しあえるものができた様子。乾キャプテンの考えどうり、このままチームの雰囲気を変えていくことができるのか? 

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月も2本立て。1本目は、マラソン大会後のタエちゃんの汗を手に入れようとする赤目さんと、はからずも手助けすることになってしまった?松戸さん。2本目は、自分が冷たく見られていることにショックを受けたミフネちゃんが、強引なイメチェンを計ろうとする。相変わらずの安定感です。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
執行猶予ゲームは、匡のトリックによってクリア。ちょっとあっ気ない終わり方だった。そして、テスト勉強兼“グッズ”のことを調べに来た図書館で出会った、謎のパズル作家と言葉埋めパズルの『スケルトン』で勝負することになる急展開。しかし、その前のしりとりで『スで始まってスで終わる言葉』が、あんなにあるとは。チョチョイのチョイス

・バキどもえ/さいとうなおき
独歩の料理教室(トラの肉を叩いてからの、オムライス)と、鉄アレイから現れたオリバの精に強くしてもらうルミナ君の2本。やっぱり、バキなり花山なり本編がないと物足りない。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
射手座のシジフォス編がスタート。聖闘士候補生のシジフォス、ハスガード、アスプロスは、伝令役の待機中に冥闘士率いるケンタウロスの野盗の襲撃を目撃する。先走った行動をしたシジフォスに、兄の獅子座のイリアスは、厳しい言葉を投げかける。1年後、魚座のルゴニス相手にした試験に合格し射手座の黄金聖闘士になることができたシジフォスだが、イリアスはさらに『デルフォイの神託』という試練を課す様子。さらに、反する考えを持つアスプロスの存在もカギになるか。

・サクラサクラ/もりしげ
花坂とコレットがデートすることになり、田んぼの真ん中に建つ中世風の洋城(カラオケ屋)に入る。そこを邪魔しようとする姫城&桜花と、さらにそれを阻止しようとするコレットの執事の篁。なんか、最近は話の焦点がボヤけてきたような。

・呪術画廊クロベ/中村総一郎
読み切り。第1回べっちゃんまんが賞受賞者。呪われた絵ばかりを集める、不気味な黒部画廊。そこで働く九々里君は、自らも呪いの絵を描くことで、幼いころイジメにあっていた時に救ってくれた やぐらお姉ちゃんを復活させようとしていた。ついに絵が完成するものの、九々里君自身が絵に飲み込まれてしまい…。そこからのどんでん返しと、画廊の先生の正体の現し方が良かった。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
秋は抜け毛の季節。ということで、フルットたちも毛代わり。そして、縄張りを荒らす?デンとバトルに。しかし色々と規格外だな、デン。




来月号は、西森茂政と櫻井あつひとの読み切りが載ります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/11/13(水) 14:48:21|
  2. 別チャン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad