晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

テラフォーマーズ 第6巻の感想


テラフォーマーズ 6 (ヤングジャンプコミックス)テラフォーマーズ 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/19)
橘 賢一

商品詳細を見る



テラフォーマーズの最新刊が発売されました。表紙は“悪魔の天敵”マルコス・エリングラッド・ガルシアです。
悪天候や運搬トラブルなどで購入が遅れました。


・第42話 WORKING MAN 鬼塚慶次
慶次の過去編。元プロボクサー(ライト級で世界チャンピオン、スパーフェザー級でも世界1位に)だったが、網膜剥離により引退。病気の母親もいたため多額の借金を背負い、ミッシェルのスカウトを受けてアネックスに乗り込んだということが判明する。そしてMOはモンハナシャコ、ランキングは8位! モザイクオーガンが明らかになったときから登場が予想されていた生物のひとつであるシャコが、ここで来たかという感じ。

・第43話 BLUE EYES 炎の瞳
マッチアップ
FIGHT!
まず、向かい合うクロカタゴキと慶次の見開きがイイ。格闘ゲームになったら、このまま使えそうな感じ。慶次は新潟県出身ということだが、加奈子の元ネタ(燕三条市)といい作者は新潟に縁があるのだろうか? 慶次は、振り回すだけのクロカタゴキの大きな拳をかわして急所にパンチを当てていく。ただ『母親や仲間たちのことを思い出し涙を流し、強烈な一発をもらってしまう』という展開は、ちょっと納得がいかない。

・第44話 BOXER ボクサー
右目と左腕を負傷しながらも立ちあがった慶次の、必殺のボディブローが炸裂してKO勝利。逆転の一発の前に49Pで軽く肩で『ドンッ…』とやっただけで、クロカタゴキの体にヒビが入る → それほどダメージが蓄積されていた。という描写が、ちょっと分かりにくかったのが残念。

・第45話 YELLOW JACKET ARMS BUG 日本原産大雀蜂
マルコスは、スラム育ちの勘でクロカタゴキよりもカイコガゴキの方が格上と判断。しかし、小吉はその相手を圧倒。毒針飛ばしからの正中線3連撃でトドメ。そして慶次との会話で、スズメバチ以外の能力を持っていないことが明らかに。つまりMO手術は受けておらず、バグズ手術のみで(おそらく)ランキング上位ということは、もともとの身体能力が抜群に高いということか。
正中線 3連撃
1発目が毒針ミサイルというのがシブい。

・第46話 DRAGON FLAME 火と星
いっぽう火星ピラミッドを探索中のロシア班は、重大な物を発見!
サソリ娘 おしり
こ、これは…!
あぁ失礼、間違えました。
足が人の指?のようになっている不気味なカイコガ。いわゆる『ラハブの意志』によるものなんだろうけど、このあたりは想像しようとしても、よく分からない。
火星の蛾
指が不気味。

・第47話 SHOOTING STAR 軌道と無軌道
バグズ1号、2号や、無人機に積まれていた燃料を爆弾代わりに落とすゴキたち。1班が火に包まれて戦っていたのは、これが理由だったのか。そして薬が切れかけた最悪の状況で、土中を掘り進むタイプと火で姿を隠すタイプの新たなバグズ型テラフォーマーが襲来。大ピンチに陥るマルコスたちだが、それを助けたのはアレックスの投擲攻撃! このシーンが第2話でギャングと争うシーンをなぞる形になっているのが見逃せない。
裏切り者の証拠
ゴキたちに伝えられていた情報。
そして、火星ピラミッドを探索中のロシア班は、重大な物を発見! これは裏切り者の確かな証拠。ゴキたちがアネックス内で薬を狙って壊したり、脱出機が狙い撃ちされた理由はコレか。

・第48話 PITCHERS 対抗するもの
アレックスの能力はオウギワシ(ランキング12位)。しかし、鳥のMOだと普通は空中からの攻撃を想像してしまうが、目の良さ+はばたく力+握力を投げることに生かすという考え方が素晴らしい。遠距離からゴキたちを狙い撃つ、ボールで薬を届ける、燃料爆弾を撃ち落すという大活躍。そして、加奈子によって燈とミッシェルが現場に到着。

・第49話 2ND GENERATION 第二の戦士たち
双眼鏡で様子をうかがうアレックスが、シーラがいないことに気づいたであろう136~137Pが切ない。そして、ドイツの女科学者と一緒にいたロッカ君が、六嘉で一郎の弟ということが判明。

・第50話 EVOLUTION CRISIS 進化の雛形
記念すべき50話。見開きトビラは、若手メンバー勢ぞろいという感じだが、ひとりだけ死んじゃった人がいるんですけど…。ミッシェルと幻惑系ゴキ = ニジイロクワガタのバグズ技術を奪ったテラフォーマーの対戦。シャチの能力を持つジャレッドのサポートで位置を特定するものの、逆にベアハッグを喰らうことに。クワガタなので挟む力は強い(マリアは使うヒマがなかったけど)。そこで、ミッシェルが使った作戦は…
毒霧
色は緑か。
まさかの毒霧! ここまで使ったプロレス技は、4の字固め、シャイニング・ウィザード、毒霧。もうこれは、グレート・ムタファン間違いなしですわ。

・第51話 UNNATURAL BORN FIGHTER 人為の武芸者
燈と土中を掘り進んできた、オケラ型テラフォーマーの対戦。おそらく、シーラがいないことに気づいた燈は、怒りの猛攻を見せる。アレックスのボールに火をつけ、それをマルコスの棒(アラクネバスターMK-Ⅱ)で操るという、もはや何をどうしているのか分からないほどのスタイリッシュ技で圧倒します。
スタイリッシュ連携技
カッコイイ

・第52話 JAGUARS 野獣
燈は、怒りにまかせてオケラゴキをボコボコに。その燈を小吉が止めるシーンは、第1巻で小吉がティンに止められるシーンをなぞる形になっているのか。しかし、地中に逃げようとしたものの、燈のオオミノガの糸に絡め取られて動けなくなってしまったオケラゴキは『考えるのをやめた』ジョジョのカーズのよう。


次巻では、様々な思惑を抱えた各国首脳が会談を持ちます。日本代表は、あの男です。
第6巻で死んだのは、第1班の1名。残り62名。


・バグズ手術を奪ったテラフォーマー
エメラルドゴキブリバチ → アネックス1号を襲撃したと思われる。ミッシェルに倒される。
メダカハネカクシ → 第3班を襲撃。イワンに捕獲される。
ミイデラゴミムシ → 第1班を襲撃。マルコスに倒される。
サバクトビバッタ → 第2班を襲撃。燈とミッシェルに捕獲される。
ゲンゴロウ → 第2班を襲撃。ミッシェルに捕獲される。
クロカタゾウムシ → 第1班を襲撃。慶次に捕獲される。
カイコガ → 第1班を襲撃。小吉に捕獲される。
ニジイロクワガタ → 第1班を襲撃。ミッシェルに捕獲される。
オケラ → 第1班を襲撃。地中で身動きが取れなくなる。

パラポネラ → 未登場
オオスズメバチ → 未登場
カマキリ → 未登場

不明の能力が2人分。バグズ持ちのTFは、あと5体?


・マーズランキング
1位 ???
2位 アドルフ・ラインハルト(ドイツ)/デンキウナギ
3位 シルヴェスター・アシモフ(ロシア)/タスマニア・キング・クラブ
4位 ???
5位 ???
6位 膝丸燈(日本)/オオミノガ&?
7位 ???
8位 鬼塚慶次(日本)/モンハナシャコ
9位 マルコス・E・ガルシア(メキシコ)/アシダカグモ
10位 ???
11位 ???
12位 アレックス・カンドリ・スチュワート(メキシコ)/オウギワシ
13位 イザベラ・R・レオン(ブラジル)/リオック
14位 ???
15位 三条加奈子(日本)/ハリオアマツバメ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/08/22(木) 16:01:56|
  2. テラフォーマーズ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad