晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

別冊少年チャンピオン 9月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2013年 09月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/08/12)
不明

商品詳細を見る


別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『クローズZEROⅡ』。付録もクローズZEROⅡのジグソーパズルです。






・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
巻頭カラー。芹沢一派と的場&芝山の激突を受けての鳳仙と鈴蘭の対応。頭として力を見せつけようとする鳴海に対し、『仕切り』や『筋』といったものに興味のない源治。この対比が良かった。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
芥は2本のステッキ(重力系と貫通系)で夜華さんと美羽ちゃんを助ける。しかし魔法少女側は、復活が能力だと思われた阿修羅型の魔法少女の第2の能力によって、それぞれパワーアップ。芥は、第1巻表紙の魔法少女のパワーアップ版に腕を吹っ飛ばされてしまう。勝ち目のない戦いが、まだまだ続く。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
センターカラー。宝探しゲームがスタートするが、ホテル内にはプレーヤーがウヨウヨしていた。マシンガンを装備しているドクロ男に遭遇したカナメは、ゲットしていたリングを手放すことで助かるが、どうやらホテル内は植物を操るプレーヤーに制圧されてしまっている様子。そこに現れた解析屋のレインと協力して、脱出することはできるのか? あとは、タゴナカさんの動向か。

・REBOOT/根建飛鳥
晃がゴールを決めたところで顧問の峰岸先生が来たので、紅白戦は強制終了。その後、邦光と田仲、晃が邦ばあのお見舞いをする。まだ、邦光がサッカーを離れていた理由は明らかにならないものの、田仲とは和解できた。そしてAチームに入った晃と違いBチームとなった邦光に中学時代凶暴だったという噂の伊賀環が声をかけてきた。どういう狙いがあるのか?

・みつどもえ/桜井のりお
センターカラー2本立て。1本目はナマコちゃんTシャツ発売記念で、娘に認められようとする吉岡父の奮闘。2本目は、縁日でガチレンジャーの景品を取ろうとする策士・ひとは。景品台に正座している姿は、ふたばも合わせてカワイイ。

・バキ外伝 創面/板垣恵介&山内雪奈生
第1部最終回。学校の通知表を木崎に見せることを躊躇する花山。しかし、第2部があるとして、どういう構成にするんだろう?

・バキどもえ/さいとうなおき
バキと梢江の披露宴に護身完成してしまってたどり着けない渋川と、毒ガス自慢で負ける柳の2本。こっちは、終わらないようです。

・サンセットローズ/米原秀幸
まずパキの家で休息と作戦を立てるチェリーたち。デンに服を作り、城への潜入作戦が開始される。ブルじぃとサンが陽動役、チェリーが町人の注意をひきつけ、デン、モーちゃん、パキが城内へ。そして待ち受けていたのはレンジア・ブラザーズ。どうやら内通者がいるらしいが、その容疑者である仕立て屋のガルスさんはチェリーが相手をする形か。ラムナス王子が、デンに格闘技を教えた形になっているのも気になる。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー。夏休みなので、いつのも場所で夜に花火をする2人。今回は、瀬戸の部屋に出たクモの話とか、全体的にネタの内容とテンポが良かったと思います。

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
湯之介が撮ってきた心霊写真(?)から『新聞部員が心霊写真を撮った。透けている部分はケガをする』というフォークロアが発生してしまう。いつか、左さんのクールな表情が崩れるような事件も見てみたい。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
ハスガードとコル・タウリのぶつかり合い。グレート・ホーンやゼウスの血を基にした雷が乱れ飛ぶ激しい戦いだったが、コル・タウリが自我を取り戻した流れがよく分からなかった。そして、2人はエトナ山へと上陸。ここからが、本当の戦いか。

・こんかつちゅう/ひらいたけし
今月は3本立て。1本目は『部屋が汚い方が女にモテる』という考えから、教室をゴミ屋敷にする旬平。2本目は、お見合いの予行演習をする旬平たちを見て一喜一憂する中井先生。3本目は婚活少女の狭山さんが再登場。『妻力スカウター』で色んな人や物の妻力を計っていく。これは、DBパロ満載で良かったと思います。

・サクラサクラ/もりしげ
センターカラー。カラー部分は、女性陣のビキニ姿(みんな半ケツ状態)という、正しいカラーの使い方。新世代の子供たちとのリンクを切ったことで脳の容量が余った敷島(これが、前回言っていた『解放』。性格もちょっと変わった)は、体のコントロールが効かず海に転落。花坂に助けられ、人工呼吸してもらう。これでキスしていないのは、姫城さんだけに。っていうか、そういう勝負だったの?

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
匡と杉原直人の『交渉ゲーム』の続き。匡が自分の指を犠牲にして、杉原を出し抜く展開が良かった。ラストの「チョチョイのチョイス」も決まってしたし。これで次回、杉原からどんな情報が聞き出せるのかが気になる。しかし、そのときユズルは琴音の股動脈の鼓動を味わっているとは。なんだ、この差は?

・やさい学園/前原三十日
補習が終わったシイタケは、田舎に帰省。そこで、自分にソックリなツキヨタケ(愛称はツッキー)と出会い、すぐに友人になる。ラストの『幽体離脱』ネタが良かった。

・しこたま/ニシカワ醇
スケキヨが全打点を叩き出して、8回表を終わって5対0で男子チームがリード。その裏の攻撃でたまがスリーバントスクイズを決めて、しこたまーズは1点を返す。次回、最終回です。

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月は2本立て。1本目は、タエちゃんが金縛りを科学的に打ち破っていく。2本目は、タエちゃんと風紀委員の松戸さんが、物凄い離岸流によって漂着した無人島でサバイバル生活をする。寝て食べるだけの堕落した生活にすぐに順応してしまう松戸さんが良かった。

・ボッチ球/高嶋栄充
読み切り。新人まんが賞準入選作。野球の名門・杉村学園の入部テストを受ける晴河春斗は、極度の緊張と人見知りで会話するときは怖い顔になってしまう。そんな性格のために幼いころから他人と野球をやったことがないので、打撃も守備も素人レベル。しかし、孤独になれるマウンド上では別人のような投球を見せる。という内容。前半のダメッぷりから後半のグイグイと投げ込む落差が良かった。絵柄のメリハリも素晴らしかったと思います。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
大人気キャラのカッパが登場。特に2ページ目は、魅力満載という感じ。しかし、タイトル下の鯨井先輩の顔はひどすぎないか?






来月号は、稲山覚也と正見純一の読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/08/13(火) 15:21:59|
  2. 別チャン 2013
  3. | コメント:1

コメント

つまらんぶろぐあげ
  1. 2015/08/12(水) 16:30:23 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad