晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 35号の感想

チャンピオンの感想です。表紙とグラビアはNMB48の山本彩さんと薮下柊さんです。




・777スリーセブン/小沢としお
巻頭カラー。キャラ解説ページ付き。生きたネコに火をつける放火犯が出現。警察も捜査に動き出すが、チェリーたちも被害が大きくなる前に犯人を捜そうとする。マスクが犯罪者狩りをするようになったのは、家で介護している家族が原因なのかな。あと、フェイクがカワイくなっている。

・弱虫ペダル/渡辺航
集団を完全にバラバラにするほどのスパートを見せた鏑木&段竹。それについて行けているのは杉元のみ。この3人のトップ争いで、レースはダムへの登り区間に突入。1年の2人は、平坦は速かったけど登りも同じような速さなんだろうか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。足音が『ペコペコ』になるほど、お腹が空いているノムさん。そこから小鉄が召喚した大巨人と、春郎のバトル?展開に。ノムさんが出てきたのに、何も食べなかった稀有な回。

・侵略!イカ娘/安部真弘
縁日回①。景品に細工している悪徳射的屋とイカ娘が対決。『当たりのないクジ屋』のニュースがあっただけに、ちょっとタイムリーな内容に。あと。触手を三つ編みにしているイカ娘カワイイ。

・囚人リク/瀬口忍
史郎は、寿司屋のことが頭から離れない。そして、改めて脱獄の勧誘に来たレノマとタイマンすることに。102~105Pの後ろ向きで話す2人が、ちょっと切なかった。

・雨天決行/重本ハジメ
桐沢村に着いた学園メンバーは、細かい捜査をスッ飛ばして『村人を全滅させて残ったのが火車』という、ジョジョ的思考な作戦をスタート。衣装をボンテージ風に変えたネネさんを先頭に、指先から柿の種を飛ばす『手の目』の能力を使う加統がサポートする。そして、甲人も村に到着。

・実は私は/増田英二
センターカラー。3週連続カラーの2週目。縁日回②。白神さんの策略で縁日デートすることに藍澤さんが、そこで朝陽への恋心を自覚してしまう。そして、その様子を見た白神さんの自身の心にも変化が。こりゃ、甘酸っぱい三角関係が出来上がってしまったな。紫穂は、ああいうキャラなのでちょっと離れたところにいても問題ないだろうけど、みかんはまた蚊帳の外になってしまったな。あと『さくらDISCORD』のキャラが縁日に来ている。

・真・餓狼伝/夢枕獏&野辺優美
文吉の道場破りは成功。親子であんこう鍋を食べる。そして、リベンジに来た相手も返り討ちに。そこで文吉は『自分をここまで鍛えた父親も強いはず』と考える。この考えが甘くて、悲劇を招くという形になるのかな?

・名探偵マーニー/木々津克久
某巨大掲示板でネタ的に『マーニーレ○プ』って言われているから、本当に拉致されてしまった。しかし、その実行犯は、マーニーの母親の『シスターズ』(血の繋がりはない、架空の姉妹)だった。なんとなく、マーニーの母親は死んだと思っていたけど生きていたのか。このあたりの過去も、いずれ明らかにされていくのかな?

・3Wavesイベントリポート/八谷美幸
7月に行われたイベントのリポートマンガ。全体の流れは、これまで参加者がネット上で明かしている通り。各先生や編集長の似顔絵よりも、八谷絵によるキャラの絵(レノマとかマーニーとか)が良かった。でも、全体的にレポート系は向いていないと思う。

・クローバー/平川哲弘
来栖はボコボコにされてしまうものの『自分は悪くない』という言葉を受けてハヤトは、単身敵地に乗り込むことに。『1人で敵の本拠地がある島に行く』というRPGのような展開に。

・サンセットローズ特別編/米原秀幸
サンセットローズの新刊と、前作『フルアヘッド!ココ』の新装版が発売されるという告知漫画。本編とは違いギャグに振り切ってます。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
小手投げにこだわる王虎と、長い足でこらえる白水の攻防。投げを打つ中で巨体を浮かせるポイントを探っていた王虎もさすがだが、白水にも秘策は残っている様子。ゴリラ突っ張り以外の技が見たい。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
三原がセーフティーバントで揺さぶりに出るものの、4回裏の阪神も5回表の四国も三者凡退でパーフェクトは継続。終盤までは、このペースだろうな。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
クラスの仕事で、ひとり教室に残った聖利の前に奈鞠が現れ、引き鉄を引く…。こういう展開は、正直望んでいないんだが…。楠本、新芝、守屋の3人娘がなんらかの助けになってくれることを期待したい。

・あまねあたためる/佐渡川準
『セミのおしっこは樹液を濾しただけのモノだからばっちくない』という連載初期のネタからの、高い木から下りられない状況で尿意と戦うあまねという、アクロバティックな構成。見開きで、いろいろと悟ったあまねが素晴らしい。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
成田のヘッドは船学のGK牧瀬に止められ、今度は伊能にボールが渡る。そして、ついに麻衣ちゃんの容体が…。

・3LDKの花子さん/丸山哲弘
両親&瑞が家にいないので、だらけきった生活をする信と、それを止めさせようとする花子さん。こっくりさんやあかなめさんも巻き込んで、自堕落の底に堕ちてしまった見開きが素晴らしい。新境地を拓いたんじゃないだろうか?

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
建物の中も地下も光の壁に覆われていて、脱出は不可能。シールド全開で強引に突破を試みるものの、弾き返されてしまった。残り30秒を切ったところで林君が思い出したのは、兵真の言葉。ここからの逆転の一手はあるのか?

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
夏休みの思い出のために、自転車で田舎へ旅行に行こうとする吏毘堂たち。もう少しで峠を越える、っていうところは『弱虫ペダル』ネタをいれても良かった気がするけど、なかったな。

・泳げ!ひなのちゃん/藤川努
大会で優勝したひなのは『誰にも負けたくない』という気持ちが強くなる。もちろん和田さんも含まれるのだが、上手く言い出すことができない。泳ぐときは「はぴー はぴー」で寝るときは「すぴー すぴー」か。

・パンダのこ/角光
乃仔ちゃんが学校に行っている間、愛愛はなにをやっているのか? という話。でも、目次コメントで「今回はほぼパンダ描いていない(笑)」と誤植されて、ちょっと混乱してしまった。次週は休みです。(二駆さんコメントで修正)

・意外とアリな世界/渡辺大輝
読み切り。新人まんが賞佳作受賞作。小学生が遊びで落としたアリと心が入れ替わってしまった、高1の主人公が。虫の世界の常識に戸惑いながらも…みたいな話。けっこうブッ飛んだ設定なのに、橋の上での友セミとの会話がハイライトなのは、ちょっともったいなかったかも。あと、折れた鼻の描写が生々しい。

・木曜日のフルット/石黒正数
ブロンたちはOLからお弁当をもらえるスポットを発見するが、フルットは鯨井先輩への義理から罪悪感にさいなまれる。ときどき、フルットは漢を見せるな。









次号はMIRの読み切りと、阿部共実の出張掲載があります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/08/02(金) 14:29:06|
  2. チャンピオン 2013
  3. | コメント:2

コメント

更新お疲れ様です。

今週の「パンダのこ」の目次コメントは誤植があり、正しくは「パンダしか描いてない。」だそうです。(Twitterにて詳しい事が載ってます。)

こちらのブログではヒナまつり、それ町、チャンピオンなど好きな漫画や漫画雑誌などが多く扱われているのでよく見に来ます。
  1. 2013/08/02(金) 15:00:21 |
  2. URL |
  3. 二駆 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 更新お疲れ様です。
> 今週の「パンダのこ」の目次コメントは誤植があり、正しくは「パンダしか描いてない。」だそうです。(Twitterにて詳しい事が載ってます。)

チャンピオンの公式ツイッターですね。確認しました。掲載順のミスではなく、誤植だったんですね。しかも八谷先生のレポ漫画でも誤植があったようで、今週はミスが多かったんですね。

> こちらのブログではヒナまつり、それ町、チャンピオンなど好きな漫画や漫画雑誌などが多く扱われているのでよく見に来ます。
ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。


二駆さん、コメントありがとうございました。
本文を修正しました。




  1. 2013/08/02(金) 20:16:36 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad