晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

週刊少年チャンピオン 34号の感想

チャンピオンの感想です。表紙とグラビアはAKB48の横山由依さんです。




・実は私は/増田英二
巻頭カラー。3週連続カラーの1週目。前回メガネに宿った福の神のフクちゃんによって、みかんの本心がどんどん暴かれていく。先週に続きみかん株爆上げ話かと思いきや、見開きの藍澤さんに全部持って行かれた印象。あと、カラーページに住吉とブッキーが紛れ込んでいるじゃないか。

・弱虫ペダル/渡辺航
1年レースがスタート。追い越し禁止の市街地区間で、スプリンターの沢田とゴリ蔵がレースを“かき乱し”に出る。協力を求められた杉元がキッパリと断るのが良かった。そして田園区間に入ると同時に、鏑木&段竹が飛び出す。

・囚人リク/瀬口忍
史郎の回想編の続き。心を入れかえ働くようになった史郎だが、友子さんは借金取りに殺されてしまう。でも、これだと史郎は命を懸けてまで脱獄する理由がないように思えるけど、そのあたりをレノマがどう説得するか気になる。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
近所にできた学習塾の体験に来た桜。でも、小鉄たちが窓の外から見ているので授業に集中できない。隣の席の南君らが、浦安世界の定番行動(大鉄のタバコの煙とか、花丸木の服が脱げるのとか)にリアクションしているのが、逆に新鮮だった。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
船学戦がスタート。円陣を組む時の百瀬の「ちっぽけな奇跡を1つ片付けておこう」というセリフが良かった。試合は、いきなり二宮のクロスに成田が飛び込む黄金パターンが炸裂するか?というところ。本編後には、市蘭のフォーメーションや得点パターンなどの分析記事付き。

・真・餓狼伝/夢枕獏&野辺優美
連載再開センターカラー。丹波流の修行を始めて6年。15歳になった文吉に久右衛門は出稽古 = 道場破りを提案するが、その顔からは心配する気持ちがにじみ出ていた。ここから嘉納治五郎との因縁に結びついてくるのか。

・3LDKの花子さん/丸山哲弘
花子さんが鏡に向かって話しかけている『やみ子』さんというお化けに、おびえる信。真相は予想通りだったけど、オチはちょっとホラーで予想外だった。

・侵略!イカ娘/安部真弘
センターカラー。当たり前のように学校のプールに入ろうとするイカ娘と、それを阻止しようとする愛子先生。でも、ふつうのプールで回転を作ったら、みんな角の所に溜まっちゃいそう。

・雨天決行/重本ハジメ
新章スタート。過疎に悩んでいた村が、あるIT企業が支社設立をキッカケに復興したことから『復活の村』と呼ばれるようになる。しかし、実際は死者を復活させてできた村だということを突き止めた学園メンバーが、その村へ向かう。いっぽう、カラカサが寝たままで留守番の甲人だったが『火車』が引き起こしている連続殺人事件を追っている刑事の絹田(学園の卒業生?)と、その後を追うことに。とりあえず、絹田はエミが『ザシキワラシ』で治癒能力の持ち主、絹田はハーブティーで相手の感情をコントロール(?)できることが明らかに。

・クローバー/平川哲弘
紅葉神島高の説明。広島港からフェリーで20分の離島に作られた全寮制の高校で、島外に出ることを禁じられた不良の溜まり場だったが、2年前から広島市内に来てやりたい放題するようになり、現在は抵抗しているのは来栖のみという状況。そして幹部の金平が、来栖と接触する。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
急に態度が冷たくなってしまった聖利に、ビカリさんが(自分に責任はないと思いながらも)謝罪しようとする。そして、ラストで数週前に登場した壱金菜鞠がレベル60の銃士(ガンナー)だと明らかになる。まさか、バトル路線にいくわけじゃないだろうな?

・777スリーセブン/小沢としお
楽しそうにコンビニ強盗をボコる3人。その現場に新人刑事の後藤田が遭遇する。ただ、全編にわたって先輩刑事の柳貴史(見た目は、完全に柳沢慎吾)の存在感が強すぎた。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
白熱の攻防。ゴリラ突っ張りは、効果あり。しかし、そこからしっかり体勢を整えてくるのが王虎の強さ。そして、張り手に来た白水の右腕を抱える。この形になっちゃたら、勝負は決まりか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
スライダー、チェンジアップ、ストレートと投げて、藤村を三振に取る不知火。続く4回の表も四国は三者凡退で、両投手の完全試合は継続。この状況を破るのは、たぶんまだ登場していないキャラだろうな。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
高熱の光の壁に捕らわれた林君チーム。姿を見せた深柱を撃破するものの、それは罠で、さらに温度が上昇してしまう。生命維持できる時間は、残りは3分。たぶん、ケイランさんが自ら『爆甲職人』とか言っているし、地下に逃げるのかな。

・名探偵マーニー/木々津克久
不登校生徒への声掛けに行く白鳥さんに、同行することになったマーニー。その隣の家で起こった殺人事件の真相を追うことになる。ひさしぶりに見開きで説明されたトリックも壮大なモノだったけど、その裏にアイツが関わっているとは…。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
1週遅れのプール回。でも、大鵠ネタを使ってくるスピード感は相変わらず。

・告白ゲーム/松本豊
新人まんが賞入選作。無理矢理クラス委員を押し付けられたり、引っ込み思案な主人公の坂司田ユウヂ。彼の唯一の友人である名取との電話中に『オセロ』という謎の存在が介入してきて、秘密の告白によって相手の心を動かした方が勝つ『告白ゲーム』にふたりを参加させる。2人の戦いと思わせておいてのユウヂの逆転の行動が良かった。でも、2回の負けで死ということは分かるのだが、なぜピンポイントに肺を狙ってくるのか? 

・あまねあたためる/佐渡川準
ネコを助けようとして排気ダクトに挟まってしまったつららさんを助けようとして挟まってしまった神崎。なんか動画で、こんなロボットを見た気がする。

・泳げ!ひなのちゃん/藤川努
岡山大会は、大会新記録でひなのが制する。レース後だというのにはしゃぎまくるのと、記念撮影でのひなのの顔が良かった。次週から新展開ということだが単行本の情報もないし、ちょっと不安になる。

・パンダのこ/角光
乃仔ちゃんが『自分の寝室を愛愛の遊び部屋にする』という、重大な決断を。そこで愛愛のことを知っているみんなで、大きな遊具を作ることに。オールスターでひとつの物を作り上げるというのが良かった。愛愛と優志君も歴史的な和解をしたし。

・木曜日のフルット/石黒正数
RPG世界での鯨井先輩。管理人さんや白川先生だけでなく、頼子の友だちの吉良さんとかタマの飼い主とか、地味に豪華なキャスティング。





次号は八谷美幸のサイン会レポート漫画と、渡辺大輝の読み切りが載ります。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/07/26(金) 13:34:07|
  2. チャンピオン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad