晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 21+22号の感想


週刊少年チャンピオン 2013年5月9日+16日号  21・22週刊少年チャンピオン 2013年5月9日+16日号  21・22
(2013)
秋田書店

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙とグラビアはAKB48の渡辺麻友さんです。



・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。アニメのスタッフ&キャスト情報とファンブック情報がアリ。鳴子を『負けられない緊張感を得られる相手』と認めた御堂筋は、さらなる成長をするために脱皮(イメージ映像)をする。カラートビラを見ると、御堂筋はモヒカンになったんだな。

・囚人リク/瀬口忍
リクがS棟に行ったときに世話になったジイさんが語る、田中一郎の体に刻まれた傷の真実。レノマも育ったグランドスラムで、駆け出しの革命家・田中一郎がどんな苦悩を味わったかということで、レノマの考えにも変化が生まれるか?

・あまねあたためる/佐渡川準
陶芸部の土居先輩がまた創ったあまね像をめぐってひと悶着。ほぼオールスターキャストが登場して、もうコメディとして安定期に入った印象。あと、ヤッ子のカンフーが超便利。

・真・餓狼伝/夢枕獏&野辺優美
久右衛門は『武の才能』はなかったが『武の知識』はあった。父親が書いた武芸書を読み解くために熱心に勉強していた文吉は、親子の立ち合いを経て丹水流を受け継ぐことになる。しかし、これが現在につながる因縁の始まりになるわけか。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
授業中に回されるメモに対抗して、吏毘堂たちが、独自の暗号を作ろうとする。個人的には、椿ちゃんがよく喋っていたのが良かった。あと、冒頭の水木キャラ。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。5月5日に街にあふれる子供たちを見て、傑作アイディアを思いついた十三階段ベム。この前のエイプリールフールネタのように、掲載時期に合わせた話を描けるのは素晴らしいと思う。

・侵略!イカ娘/安部真弘
センターカラー。海の家レモンで張り込みをする婦警の古川蛍子さんが、水着姿に。それだけで満足でした。前回のシンディー共々、尻の描写に気合が入っている。

・クローバー/平川哲弘
ハヤトがバイトに行っている隙に、エリナがさらわれてしまった。竹下さんに謝りながら抜け出してきたハヤトと真木、そして武者修行から帰って来るであろう真田でボッコボコだな。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
天雷対王虎の激しい取組。周囲の声に気を取られた瞬間に天雷が投げに行くものの、王虎はそこから腕を極めての小手投げへ。たぶん、天雷は肩を脱臼したな。

・あの頃のお姉ちゃんはもういない?/矢口とらや&山口さぷり
短期連載6回目。真琴のクラスメイトで大金持ちの天龍院華澄さんが『庶民の生活』を体験するために同じアパートに引っ越してきて、清里姉妹といっしょに寿司屋でバイトすることに。早苗は、普通にすし職人になればいいのに。あと、この街には何人の露出狂が潜んでいるんだ?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
鉄五郎は11球目を打って、岩鬼の頭をフラフラと越すポテンツーベースで出塁。あれだけ粘ってHRじゃなかったというのは、ちょっと肩すかし。続く七夕は殿馬と義経の連携ファインプレーで、得点ならず。12回裏のスターズも無得点で、勝負は13回へ。もう日付が変わるんじゃないか?

・ブラックジャックREAL『命の再会』/手塚治虫&S・M(看護師)&高見まこ
医療関係者が体験した実話を『ブラックジャック』連載時の手塚氏のアシスタントだった6人の作家が漫画化する特別企画第4弾。今回は、失敗ばかりの看護師の佐伯さんが帝王切開での出産に立ち会う。その子は、数年前にガンで亡くなった患者の孫だった…というもの。命の終わりと始まりを目撃することで、改めて真面目に仕事に向き合うようになる。今回は特にBJの影が薄く(バーで同席しただけ)、ピノコを含め、主人公が見た幻といった感じ。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
パワープレーに出た習実の猛攻を、なんとか市蘭がしのいでいく。攻められ続けて、ルカなどいろんな人が時間経過を遅く感じるのが良かった。そして、残りはアディショナルタイムを含めて4分。逃げ切れるか?

・パンダのこ/角光
愛愛と乃仔ちゃんが夢中なアニメの『パンダフルマン』。愛愛をコスプレさせたりして遊んでみる。たっぷりパンダを描いて、作者にパンダ分を補給させる回。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
現場に駆け付けた兵真は吹っ飛ばされるものの、アスラの機能を開放して6本腕モードになった玲央さんによって少年融合者は、細切れに切断される。しかし、そこで少年融合者の正体が明らかに。これ、普通に勝ち目はあるのか? ハルトが第3形態になるのか?

・泳げ!ひなのちゃん/藤川努
OWSの魅力に取りつかれたひなのは、オリンピック選考会に出るために、10キロで2時間15分を切ることを目指す。和田さんの先導でレースと同じコースを泳いでみると、基準タイムを上回れた。誰かを波よけにする以外にも、なにか秘密はある様子(お尻を突き上げる泳ぎ方?)。次回からは、特訓編かな?

・実は私は/増田英二
紫穂の痴女っぷりに動揺した藍澤さんが行動不能(電池切れ)に。動かなくなった藍澤さん(大)が、なんだかエロくて良かった。白神さんが不在でも、特に問題なく面白かった。

・名探偵マーニー/木々津克久
久儀君たち一行の保護者としてキャンプに同行したマーニー。肝試しに入った廃病院で、牛頭の男と遭遇する。この小学生たちは、いろいろ人間関係で悩みすぎだろ。

・ハーベストマーチ/フクイタクミ
目を覚ました白髪鬼が何故かノイエを気に入り、パティには強烈な一撃。賞金稼ぎのマー・フォンとドミニウラは山賊の親方を殺し、アジトは混乱状態に。どうまとめてくるんだ?

・まるこみ天然小学校/蓮古田二郎
短期連載2回目。鮫島隊長のアオられて、はえぬき先生がケイコ先生にプロポーズ。見事に玉砕して、結果的に雌豚と生活を共にすることに。今回も、はえぬき先生の心が折れないのが不思議なオチだな。

・お嬢様は優雅なわがまま/田口一
読み切り。舞台は、中世ヨーロッパ。没落貴族のメアリーと、ただひとり屋敷に残りタダ働きを続ける執事のコティの話。案の定、内容が誌面全体から浮いていて。ラストも唐突な感がぬぐえなかった。

・木曜日のフルット/石黒正数
闇の商人が登場。この不思議グッズでフルットが得をしたのは、初めてじゃないだろうか?




合併号なので、次号は2週間後の発売です。吉沢潤一の読み切りが載ります。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/04/26(金) 20:09:53|
  2. チャンピオン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad