晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

週刊少年チャンピオン 19号の感想

チャンピオンの感想です。表紙とグラビアはSKE48の松井珠理奈さんです。



・あまねあたためる/佐渡川準
単行本発売記念巻頭カラー。銀つららさんは、校内に現れた白ヘビに一目惚れ。しかし校内は、そのヘビを捕まえようと大騒ぎに。あまねがスマートフォンで木に押し付けられるところから、スライディングでヘビを隠す流れが面白かった。

・囚人リク/瀬口忍
脱獄計画に参加するために、田中一郎はレノマにタイマンを申し入れる。パワーファイターのレノマに対し、田中一郎は関節技の使い手か。ケンカが終わったあとに河原で寝っ転がってマブダチ、みたいな展開になるんだろうか?

・弱虫ペダル/渡辺航
鳴子は草レースのなかで、自分のスプリンターとしての成長を実感する。そして現れた御堂筋。ココにも勝つことができれば才能も本物。10周の勝負に。しかしカマセ犬の2人は、完全なギャグキャラじゃないか。軽量化を突き詰めた方はともかく、スポークが光るってなんだよ!

・クローバー/平川哲弘
センターカラー。エリナは、富永という男につきまとわれていた。取り巻きの男2人に見つかるが、たまたま通りかかった真木に助けられる。これは、SEGに新戦力加入か。

・侵略!イカ娘/安部真弘
婦警の古川蛍子さんが再登場。イカ娘とひったくり犯を捕まえようとする。これからも、たびたび話に絡んできてほしい。あと、保母さんも。

・パンダのこ/角光
今回は、ぱんともさんこと御卯月りんさんの飼育員としての日常を描く。これまでとは違う目線からの話で新鮮だった。パンダのセリフ?が良かった。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
天雷対王虎の前に、鯉太郎は外国人力士の爛摩との取組。そこで、偶発的にすくい投げのタイミングをつかむ。そして、次週は巻頭カラーで決戦です。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
魔法の枝(杉の木)が晴郎の部屋に。くしゃみを連発し、大沢木家が崩壊の危機に。「ベルッチ」「カッセル」はともかく「ウーピーゴールドバーグ」ていうくしゃみは、いくらなんでもそのまますぎるだろ。あと、晴郎の部屋のオモチャがいろいろ細かい。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
センターカラー。今週もソーシャルゲーム情報付き。山田の大飛球は唐部のファインプレーで、スターズはサヨナラならず。打席でうなだれる山田の姿が素晴らしい。そして、12回表ツーアウトで打席に立つのは鉄五郎。どんなバッティングを見せるのか。

・ブラックジャックREAL『嵐の中の緊急手術』/手塚治虫&町田宏&小谷憲一
医療関係者が体験した実話を『ブラックジャック』連載時の手塚氏のアシスタントだった6人の作家が漫画化する特別企画第2弾。今回は、島の病院で未熟児の体調が急変。小児外科医のいる病院への搬送は、悪天候で不可能。そこで手術経験のない新人医師がメスをにぎることになる。それまで、手術をしたいだけだった自分を反省し、たくさんの人の協力を得て成長する様子が良かった。今回もBJが脇役なのはともかく、序盤のピノコ(大人ボディバージョン)の水着シーンは別のマンガのようだった。特に191P4コマ目は、トリミング次第でいろいろネタに使えそう。
ピノコ

・名探偵マーニー/木々津克久
妻の依頼で、病に伏している夫が会いたがっている謎の人物を、マーニー親子が探す。ただの人探しから、どんどん事態は意外な方向に進んでいく。このマンガらしくストーリーが二転三転して面白かった。欲を言えば、もうちょっとページ数があれば良かったと思う。

・真・餓狼伝/夢枕獏&野辺優美
過去編。藩お抱えの武術指南役だった丹水流は、明治になり没落。なかでも落ちこぼれの丹波久右衛門は、農作業に従事していた。その息子の文吉は勉学の才があるが、華族の縁者の子供が転校してきたことから、イジメの対象になる…。『真・餓狼伝』は、丹波文吉が様々な格闘家と戦う話だと思っていたが、もしかしたら前田光世との戦いだけを深く描いていく作品なのかもしれない。

・いきいきごんぼ/陸井栄史
最終回。しかし、次週からは『いきいきごんぼZ』とタイトルを変えて(内容は変わらず)、連載は続きます。5月に発売される単行本もZの1巻として発売されるということで、これからも単行本が出るたびに、タイトルリニューアルしていくということなのか? 本編は、3人が銭湯に行きます。

・あの頃のお姉ちゃんはもういない?/矢口とらや&山口さぷり
短期連載4回目。清里姉妹のとなりに大江稲太くんが引っ越してくる。さっそくラッキースケベに遭遇するが、その質問サイトへの依存ぶりが半端ない。でも、15才で一人暮らしって、どんな事情だろう?

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
習実に攻め込まれる市蘭。そのなかでGK万代が、所沢やヒロナオさんや麻衣ちゃんへ心の中でメッセージを送る。そして、地味に市蘭のカウンターフラグが積み重なっている。

・泳げ!ひなのちゃん/藤川努
まず、和田さんの水着が破れてリタイヤ。そして、ひなのは金城さんのアドバイスに従って前半からハイペースで泳ぐ。が、これらはやはり金城さんの策略だった。しかし、体力を温存していた相手にスタミナ切れのひなのが逆転勝ちできるのか?

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
少年融合者の戦闘力は圧倒的。ハルトの盾も貫かれてしまう。玲央&兵真が来るまで、持ちこたえられるのか? しかし林君は、しっかり眉間、のど、心臓を打ち抜くとは、かなりな射撃センスだな。のび太?

・実は私は/増田英二
遊園地からの帰り道に、さっそく幼なじみの狼男・紫々戸獅狼が現れる。まあ、やっぱり残念なキャラだったけど、その正体が『狼に変身する男』ではなく『狼っぽい男に変身する女性』だということが明らかに。女バージョンの紫々戸獅穂さんは、クセがあって厄介そうだけど、どうなるか?

・シュガーレス/細川正巳
最終回。シャケが卒業したあとも追いかけ続けるというのは、最後まで犬らしくて良かった。細川先生お疲れ様でした。お早い再登場を期待しています。

・ハーベストマーチ/フクイタクミ
クゥたちが穴の中から救い出したのは、王国軍の女兵士パティだった。成り行きで、海の都まで同行することになってしまったが『騎士』であることを隠し通せるのか? いっぽう白髪鬼は、牢屋のなかで眠ったまま。彼女を買い取りに来る賞金稼ぎとは、何者なのか?

・サクラノ嵐/石丸なお
最終回。嵐と零のラストバトル。しかし、嵐が駄菓子屋のババアのタレ乳を2回も持っているのは、なんか不快。この作者は、ヤンキー物以外を描いたほうが才能を生かせると思う。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、フルットとコミュニケーションを取れる画期的なシステムを開発。サギ(未遂)ネタも、久しぶりな気がする。





次号は、蓮古田次郎の短期連載がスタート。友利卓司の読み切りも載ります。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/04/12(金) 15:46:00|
  2. チャンピオン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad