晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

ヤングキングアワーズ 5月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 05月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 05月号 [雑誌]
(2013/03/30)
不明

商品詳細を見る


ヤングキングアワーズ5月号の感想です。表紙は球場ラヴァーズから、太田日南子さんとミッキーです。



・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
巻頭カラー。新型の白皮と生き残った3番隊の副将が交戦。なんとか1体を捕獲するものの、相手の動きを学習する新型を警戒してうまく逃げることができない。そこで女リュウマが妖刀を持って立ち向かう。しかし、圧倒的な戦力を持つ敵側が投石攻撃をするのが、最近の流行りなのか。

・それでも町は廻っている/石黒正数
単行本11巻の『最後の謎』と対をなすエピソード。歩鳥は、シーサイドにミュージシャンが来たことを紺先輩に教えるが…。憧れの人との理想の距離感のちがいが面白かった。あと、カラオケのときのメグッピの服がスゴイ。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
学園祭編完結。個人的には、中学時代の同級生たちになんらかの天罰が下ってほしかったところだけど、それは麻弓&彩花とシロがページの外でやってくれていたと、脳内補完しておく。そして、アワーズの年間キャラ人気投票で、河合律さんが見事1位に。しかも、宇佐が4位(!)、麻弓さんが10位タイと上位に進出。勢いに乗ってますね。

・トランスノイド/テルミン
剣菱らの職場(風俗店)に通う、ロボット嫌いのサイボーグ傭兵・メスカルズとYがバトル。人間の定義みたいなものが、今後のテーマになってくるのか。そして、過去では完全にロボット的な思考をしていたYが人間っぽい考え方に変化した理由はなんなのか?

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
センターカラー。刑部首相と会談するハルナ、キリシマ、マヤ。そして復活したタカオはヤマトとの意見の食い違いを見せるが、その前に天羽琴乃が現れる。いろんなところで、いろんなことが起こっているな。

・起動帝国オービタリア/大井昌和
アルは、チチャクとグプタを助け出して操縦席へたどり着く。そして動き出す、オービタリア。これは、意外とクライマックスが近いのかな?

・スピリットサークル/水上悟志
フロウの仕事は、スフィンクス(2、3年で出来る小さなサイズの)を造ることだった。そして、互いに悪い第一印象を持ったロカから『血の因縁』を断ち切る申し出が。ただ、これが上手くいかなかったから風太と鉱子の代まで因縁が続いているんだろうけど。
登場人物メモ
風太 → フロウ
鉱子 → ロカ
ダイキ → アルボル
テツ → クティノス
ウミ → リハネラ
ノノ → ハラーラ

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
まず、安達さんが尾てい骨骨折で戦線離脱(折れるの?)。さらに大野さんが唇に帯状疱疹ができて、筆谷編集長は足を捻挫と、意外と霊の?ダメージを受けているソレミテメンバー。ただ今回も、ゴーストレーダーやビデオカメラを投入して八坂神社に行くものの空振りに。そして、前回登場した『ドクロ杖』が読者プレゼントされることに。これは、今年の運を全て使っても当てなければならない。

・天にひびき/やまむらはじめ
如月先生の元恋人・桂木が来日。口が悪く横柄な態度の彼に最初は反発するものの、その演奏を聴いた南条君は圧倒されてしまう。そして、いっしょに日本にやってきたドイツ人女性は、ひびきに用がある様子。ヨーロッパからの誘いがあるのか?

・夜と星のむこう/今市子
シリーズ連載前編。龍の血を引く“谷”の一族と、鳥の血を引く“山”の一族の争いの話。おそらく単行本からの続きで“山”の村山天らが“谷”の人間を殺すために火事を起こすが失敗して、その後始末をどうするかというところで話が展開していくので、ちょっと話についていけなかった。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YUMA KIKUSHIMA & KISHIMOTO』です。DVDのパッケージ?を持っています。

・クーパー伊東さん/鈴木小波
読み切り。低い身長にコンプレックスのある太海草太の前に、ミニクーパーのミニカーの中から現れた謎の女性・伊東さん(黒タイツしか着ていないので)。草太は彼女と楽しいひと時を過ごすが…。いろんな物の長さ大きさに、いちいち説明がついているのが面白かった。しかし、エスパー伊東を女体化するとこうなるのか。

・球場ラヴァーズ―私を野球につれてって―/石田敦子
シナリオ講座に通い始めた日南子が、WBCを見ながら『戦う理由』や頑張り、責任などを考える。やっぱり、作者的にも鳥谷の盗塁からの井端のタイムリーは、描かずにはいられなかったか。

・アリョーシャ!/近藤るるる
ケイティの潜入がミーチャにバレて、指折りからのフッ化水素酸(予想外にタイムリーな毒だったけど未遂に)という拷問コースに。プログラミングも発見されてアリョーシャにミーチャの人格が移植されるが…。次回が最終回です。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
創作ヒストリー後編。空襲を受けた小峰父から創作少年が受け取った謎の部品。終戦後『峠輪業』を立ち上げて、そのパーツを使った自転車を作り上げる。サユリが自転車をこぎ出してからの、見開き2連発が素晴らしかった。

・(ア)部!/吉川景都
踊り場で目撃された幽霊と消えた女子生徒のスカーフの謎を、アニマル部が追う! まあ、このマンガらしい犯人だったけど、たまにはこういう展開も面白い。

・カラメルキッチュ遊撃隊/大石まさる
カラン、イラ、メル、それぞれの休日の様子。まあ、だいたいいつも通りな感じなのだが、カランの朝食がカエルっていうのはワイルドすぎる。そして、最後のイホージン解説。自分はハト型しか気づかなかった。

・裸者と裸者 邪悪な許しがたい異端の/打海文三&七竈アンノ
桜子と椿子は、九竜シティの顔役であるマフィアの藤井を使って利益の分配 → 格差の是正を目指す。そして、常陸軍には内通者がいる模様。これらが、どう関わりあっていくのか。あとパンプキンガールズに、いつからまいんちゃんみたいな娘が参加しているんだ?

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ランヌとミュラが、ロディよりも馬鹿な方法で橋を渡って見せる。ただ、個人的には大陸軍の中でも大人しい印象の強かったベルティエのマック将軍を見下す顔が印象的だった。

・ルークとヤンのアルマ・ガッデムのコーナー/平野耕太
単行本3巻が発売されたので、本編はお休み。黒王とルーク、ヤンがからむけど、コレを見ると、黒王の正体は立川でルームシェアしているあの人で確定。だけど、本編では明らかにはしないよ。ということか。



次号は、それ町が連載100回。表紙&巻頭カラーです。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/04/02(火) 16:17:19|
  2. アワーズ 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad