晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

ひきだしにテラリウム の感想


ひきだしにテラリウムひきだしにテラリウム
(2013/03/16)
九井諒子

商品詳細を見る


九井諒子の最新刊『ひきだしにテラリウム』が発売されました。
アマゾン内のWEB文芸誌『マトグロッソ』に連載されていた30本と、個人誌や雑誌に掲載されていた3本、描き下ろしの1本を加えた全33本のショートストーリ-が収められています。どの話も3~10P程度ながら、SFだったりファンタジーだったり寓話的だったりバラエティ豊かで内容の濃いエピソードばかりです。
感想を書いていきますがネタバレありのなで、ご注意を。




・表紙
各話の登場人物たちが、大集合しています。学生や兵隊、宇宙人や未来人、ネコやロボットが混在しているのに、不思議とひとつの世界におさまっています。どのキャラがどこにいるのか、気づいたものを書いていきたいと思います。

・すれ違わない
まず少女漫画風の絵柄に驚くし、続けて鼻に変な機会を突っ込んで相手の考えを理解するという展開に面食らってしまう。とても便利な機械のように描かれているけど、アレを使わない=やましいことがある。っていうことで、余計なトラブルも増えそう。
→ 編集者の山田が裏表紙ロボットの足元に。

・湖底の春
ヨーロッパのおとぎ話に本当にありそうな内容。語り口やラストの教訓もいかにもという感じ。絵柄は全体を通して、いちばん繊細。
→ 表紙折り返し部分で湖をのぞいている。表紙側折り返しで春の精がヒッチハイクしている。(初音ミクオさん情報)

・恋人カタログ
作中で登場キャラが言っているように、ドラえもんの『ガールフレンドカタログ』がモチーフに。社長令嬢だが地味で面白味のない女性と交際中の男が、友人の科学者の協力を得て未来の自分から“恋人候補”のアルバムを送ってもらう。彼女がイメチェンしてからの4ページで、しっかりラブストーリーしているのが素晴らしい。
→表紙左上で車に乗っている。

・恋
気づけば目で追っていて、寝ても覚めても頭から離れないのに『恋』ではない理由とは? 2ページということもあるかもしれないが、星新一作品のようだと思った。
→エマとアンドリューが表紙のタイトルに隠れる部分を歩いていて、博士が裏表紙で様子をうかがっている。

・かわいそうな動物園
なぜトラやライオンを狭い檻で飼っているのか? 生まれたばかりのアルビノの象を殺さなければならないのか? その疑問がラストの一言で一気に解決するのが爽快感がある。
→象の親子が裏表紙右下に。飼育員たちはバスの上でハトを捕まえようとしている。

・パラドックス殺人事件
役にのめりこみすぎた俳優が、その作品世界の神=脚本家を殺してしまう。しかし、神が死ぬと世界が存在しないことになり…という哲学的な矛盾を抱えた事件。それをたった一言で否定し、いっしょにいる男が「あちゃぁ」みたいな顔をしているのが面白かった。
→ 表紙右下にテレビを見ていた2人と田中が。

・未来面接
中学生が、ある会社の面接を受ける。中3ではなく中2が面接を受けていたり、2ページなのに伏線が効いていると思う。
→ 小山君は裏表紙でロボットを操縦。面接官は、変わった髪の色の3人組の面接をしている。

・龍の逆鱗
九井作品おなじみの龍が登場。その解体方法や料理の仕方、味の感想に妙なリアリティがある。
→ 表紙右上で龍料理を食べている。

・TARABAGANI
個人誌で発表されていた作品。タラバガニはカニじゃなくてヤドカリの仲間。だったら、この場合は?という話。たぶん、メガネの彼は間違っていない。
→ 表紙右上でタラバガニを食べていて、佐々木君は表紙下部分で机に向かっている。

・遺恨を残す
他星からの宗教を厳しく制限している星と、そこから持ち帰ってしまった繁殖力の強い植物の種を通じて、消えつつある神さまに思いをよせる。スコシフシギ系の絵柄だったので教訓的なオチに意表をつかれた。
→ 主任と部下が裏表紙のロボットの足のあいだに。地球の職員が裏表紙の左下。ペロペロ星人が表紙側の折り返しに。ホッペケ教の手提げ袋がいたる所に。

・代理裁判
職場の子に無視された!? 彼氏の最近の行動がアヤシイ!? ということを、頭の中で自分が裁判官・検事・弁護士の1人3役になって裁判をする。1件目はともかく2件目は有罪に十分な証拠がそろっているのに、なぁなぁで無罪にしてしまうのが良かった。
→ 表紙側の折り返しで裁判をしている。近くの会社員3人組も?(初音ミクオさん情報)

・ノベルダイブ
帯に内容が引用されたエピソード。眠る前に読んでいた作品の世界観と現実の問題がゴチャゴチャになってしまう。夢の中ではいろいろと問題が片付いたが、現実では皿を洗っただけという…。
→ 表紙折り返しで姫の格好でコピーを取っている。近くには、馬とボサボサの歯ブラシ。そばの会社員3人組も?(初音ミクオさん情報)

・記号を食べる
文字通り、○ △ □ を料理して食べるだけの内容。個人的には、もちっとしている □ が美味しそうだと思った。
→ 表紙右上のテーブルの上に記号が乗っている。

・えぐちみ代このスットコ訪問記 トーワ国編
作者の別作品『狼は嘘をつかない』と同じように、エッセイ漫画と現実がミックスされたスタイル。トーワ国に取材に行った漫画家と現地青年の価値観の違いを描いている。現地青年視点のえぐちみ代こ地味カワイさが良かった。
→ 裏表紙のバスの中にえぐちみ代こ(漫画版)が。

・旅行に行きたい
旅行の行き先を決めようとダーツを投げても、なぜか同じ場所に刺さってしまう。2ページ目が諸星大二郎っぽいと思った。
→ 裏表紙のバス。

・ユイカ!ユイユイカ!
外界から攻めてくる魔物と戦う兵士。でも、実はそれは…という話。オマケページの『やめろ』というツッコミが良かった。
→ 表紙左上に兵士たち。裏表紙の木の上にイェーカー。

・ピグマリオンに片思い
変わった性癖を持った男とばかりつき合ってしまう女性の悩みとは? オマケページにあるように『性癖 種類』で検索したら、頭がクラクラした。あと相談を受けている女の方が、九井作品には珍しいツリ目なのが好みです。
→ 相談する女性が、ロボットの足の影に。

・すごいお金持ち
リゾート地から見える島に豪邸を築き、そこで1人で暮らしている“すごいお金持ち”。そのエピソードを聞きながら的確なツッコミをいれていく観光客が面白かった。でも、それもオチへの伏線になっているとは。
→ お金持ちが表紙右側に。表紙側折り返しの地図のマーク。同じくペロペロ星人の下の切れ目は、すごいお金持ちの布団。観光客は裏表紙でバスに乗っている。裏表紙側の折り返しに、夢に合わせるオーケストラ。(初音ミクオさん情報)

・語り草
植物にも心があるので、大事に世話をすれば伝わるはず。だったら、不要な部分を剪定されたり接ぎ木されたときの植物の気持ちは? 2人の内のおっとりしている方が、意外とサバサバした解決をしているのが面白かった。あと、植物に詳しくない方の顔に終盤ドロが付きっぱなしなのも。
→ 裏表紙右上に。

・春陽
『人間』というペットを飼うことになり、その成長の様子を描いていく。考えてみれば自分の親の若いころは知らないし、自分の子供の老後を見ることはできない。ひとりの人間の一生を見守ることっていうのは貴重なことなんだと思った。
→ 裏表紙左側で人間の女の子とクマのぬいぐるみが、機械に乗っている。(tomtanakaさん情報)

・秋月
すべてを機械(アイスのコーンのような形)に管理されている女性。そこの生活に満足している彼女は、外部からの助けの手も簡単に断ってしまう。いったい何が幸せなので、何が自由なのか? 気になるのは、主人公の女性は作中では美女なのに、オマケページや表紙では子どもに描かれているところ。
→ 機械が裏表紙左側に。

・かわいくなりたい
4ページまるまる使って、ネコのメイクの様子を紹介している。毛先をカットして小顔にしたり、鼻の境界線を目立ちにくくしたりといった“ありえないリアリティ”が素晴らしい。個人的には、それまで見えなかったヒゲにラメをつけて目立たせるところが好き。
→ 表紙中央部分に。彼氏ネコはタイトルに隠れる部分でバスを待っている。

・パーフェクト・コミュニケーション
音ゲーが得意な主人公が、楽しく会話するという難易度の高い『コミュニケーションゲーム』に苦戦する。上手く話ができずに矢印が下に溜まってしまっているコマが良かった。あと主人公が読んでいる本は『水滸伝』か。
→ 主人公が裏表紙のロボットの足元に。

・ショートショートの主人公
人はみな、何かの主人公。ということで『ショートショートの主人公』に生まれた娘が、意外なオチで死んでしまわないように、家族があれこれ考える。たぶんラストの一言が、作者の本音なんだろうな。
→ 兄の退魔師が表紙左下にいて、主人公が表紙中央部分を歩いる。その先にある死体跡は、ショートショートのオチ?(初音ミクオさん情報)

・遠き理想郷
小学生向けに『いじめ』をテーマに紙芝居を作ることになったが、なぜうさぎ人がねずみ人をいじめることになったのか?ということを考えはじめたことから、壮大なストーリーが紡がれていく。無駄にスケール感が大きくて、個人的にはベストエピソード。
→ 表紙下側にねずみ人とうさぎ人。もぐら人は、バスの前に穴を掘っている。

・神のみぞ知る
村で流行った奇病をしずめるために、社に住む猫の神様に村人の手が伸びる。最初は神殺しの話かと思ったが、まさかの展開に。毒も、ソッチ側のなのね。神さまが生まれ変わった168Pが素晴らしい。
→ 表紙側の折り返しに神様と村人。

・すごい飯
知育菓子のような肉や、すっぱいソースをかけた金魚などを食べたことを美味しそうに語る男。最高の調味料は、想像力ということか。
→ 表紙右上に男が食べたもの(のイメージ)が。

・生き残るため
前半4ページは生物の進化の過程を描いていたのに、後半3ページで意外な展開に。しかもラストにはエンドロールって、全体が映画だったのか何だったのか、よく分からない。
→ ゾンビが裏表紙でロボットに踏まれている。寄生生物は表紙折り返しでポチに追われている。

・スペースお尺度
様々な悩みはあるが宇宙規模で考えると些細なこと。と思っていたが、実際の問題との距離はずっと近かったという話。『恋人カタログ』とならぶ恋愛ストーリー。あと、遠くに転がっていく太陽系の模型に、ずっと説明がついているのが面白かった。
→ 主人公が裏表紙側の折り返し部分を走っていて、裏表紙右上に『こども科学博物館』のマスコット。

・ひきだし
描き下ろし。廃屋の中にある、精巧な箱庭を収めた無数の引き出し。男は、そのひとつを盗み出してしまうが…。いちおう表題作ということになると思うが、それにしては3ページしかないし、ちょっと物足りなかった。
→ カバー全体がひきだしの中のイメージ?

・こんな山奥に
女性2人組が山の中で見つけた食堂に入る。しかし、そこの客は油揚げにこだわったり出雲に顔が効くことを自慢したりと、ちょっと変わっていた。ラストの一言でキレイにオチていて、気持ちがイイ。個人的にお気に入り。
→ 表紙右上できつねうどんを食べている。店員もそう。表紙側折り返し部分に婚約したカップル。(聖ズベリゴさん情報)

・夢のある話
サンタクロース派遣会社の日本支社で働く、頑固者のカナダ人のダニエルさん。仕事の才能と愛情が比例しないというのが、リアルな仕事でも言えることというのが、微妙に切ない。あと、トナカイのセリフが面白かった。
→ 表紙側の折り返しにサンタが。近くの会社員3人組も?(初音ミクオさん情報)

・未来人
突如部屋に現れた未来人。その行動がどこか不審で…。この話だけでは意味が分からず『すれ違わない』とセットで、はじめて成立するというのがスゴイ。
→ 編集者の山田が裏表紙ロボットの足元に。


表紙のキャラ大集合の中で、ダイイングメッセージ付きの死体跡が、どの話の登場人物なのか分からない。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/18(月) 15:06:09|
  2. 九井諒子
  3. | コメント:10

コメント

初めまして、楽しく拝見させていただいてます。
恋人カタログの元ネタ『ガールフレンドカタログ』が分からなかったのでありがたいです。

もう解決済みかもしれませんが、
>キツネとたわむれる男女2人組
は「こんな山奥に」で婚約を申し込んで成立したカップルとその子供だと思います。

死体跡は残念ながら私もわからないです。是非分かったら追記お願いします!
  1. 2013/03/22(金) 22:47:16 |
  2. URL |
  3. 聖ズベリゴ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 初めまして、楽しく拝見させていただいてます。
> 恋人カタログの元ネタ『ガールフレンドカタログ』が分からなかったのでありがたいです。

はじめまして。ありがとうございます。

> もう解決済みかもしれませんが、
> >キツネとたわむれる男女2人組
> は「こんな山奥に」で婚約を申し込んで成立したカップルとその子供だと思います。

なるほど、あの話は人間の方を注目してしまっていました。あと、このカバー全体が『ひきだし』のテラリウムのモチーフなのかもと思いました。

> 死体跡は残念ながら私もわからないです。是非分かったら追記お願いします!
ダイイングメッセージがヒントのような気もしますけど、わかりませんね…。


聖ズベリゴさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。




  1. 2013/03/23(土) 14:59:14 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

春陽と秋月

春陽で「にんげん」の女の子が飼われている状況が
秋月で美女が機械に飼われている状況と同じなので

表紙のコーン型ロボット(?)に乗っている少女は
人形を貰って喜んでる頃のにんげんの女の子って事
なんじゃないかなあと思うのですがどうでしょう?
  1. 2013/03/28(木) 00:37:55 |
  2. URL |
  3. tomtanaka #FR6wCi5I
  4. [ 編集 ]

Re: 春陽と秋月

> 春陽で「にんげん」の女の子が飼われている状況が
> 秋月で美女が機械に飼われている状況と同じなので
>
> 表紙のコーン型ロボット(?)に乗っている少女は
> 人形を貰って喜んでる頃のにんげんの女の子って事
> なんじゃないかなあと思うのですがどうでしょう?

そうですね。秋月の美女がオマケページやカバーで子供になっているんじゃなくて、その子供は春陽の『人間』だったわけですね。自分の勘違いでした。

tomtanakaさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。




  1. 2013/03/29(金) 12:35:10 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

「すごいお金持ち」のオーケストラの右下の(神様の右下の)道がめくれてるのは敷き詰められた布団かなと思った
春が映ってる水の「地図記号」も「旅行に行きたい」には出てこないけどこっちの海には出てくる

後、「恋人カタログ」の車にヒッチハイクしてるのはソリが事故った春の精(湖底の春12P)ですね

死体跡は位置的にショートショートの主人公のオチだったりして・・・
それにしてもショートショートの主人公の母は姉より若く見えるw

裁判のとこの会社員3人組は回り3話の集合的意識なんだろうかw
  1. 2014/02/04(火) 22:02:38 |
  2. URL |
  3. 初音ミクオ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 「すごいお金持ち」のオーケストラの右下の(神様の右下の)道がめくれてるのは敷き詰められた布団かなと思った
表紙の中の各話のキャラのことですね。確かに道がめくれていますね。

> 春が映ってる水の「地図記号」も「旅行に行きたい」には出てこないけどこっちの海には出てくる
そうですね。地図のマークは『旅行に行きたい』にはでてなかったですね。訂正します。

> 後、「恋人カタログ」の車にヒッチハイクしてるのはソリが事故った春の精(湖底の春12P)ですね
これは気づかなかったです。ソリは『夢のある話』のサンタともかかっているみたいねですね。

> 死体跡は位置的にショートショートの主人公のオチだったりして・・・
> それにしてもショートショートの主人公の母は姉より若く見えるw

近くにある本がヒントのような気もしますけど、どうなんでしょうね?母親が若く見えるのは、キャリアウーマンの娘に対し、少女マンガのヒロインだからでしょうかね。

> 裁判のとこの会社員3人組は回り3話の集合的意識なんだろうかw
『代理裁判』『ノベルダイブ』『夢のある話』の3つですね。どれかひとつということではないみたいですね。


初音ミクオ さん、コメントありがとうございました。




  1. 2014/02/05(水) 13:55:10 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

初めまして。
一話ごとの感想と表紙絵の細かい部分までの考察を面白く拝見させてもらいありがとうございます。
死体跡は難しいですよね。個人的にはパラドックス殺人事件の脚本家かなぁと。
あとオリーブの葉のオチが未だにわかりません。。
  1. 2014/04/21(月) 04:29:12 |
  2. URL |
  3. 銀ZIPPO #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 初めまして。
はじめまして

> 一話ごとの感想と表紙絵の細かい部分までの考察を面白く拝見させてもらいありがとうございます。
> 死体跡は難しいですよね。個人的にはパラドックス殺人事件の脚本家かなぁと。

『スズ』というダイイングメッセージがヒントなんでしょうけど、よく分からないですよね。犯人の名前も田中工棋ですながらないですしね。

> あとオリーブの葉のオチが未だにわかりません。。
これは『ノアの方舟』をモチーフにしていて、オリーブの葉をくわえたハトが戻ってきたことでノアは大洪水がおさまったことを知りました。
なので、この話『かわいそうな動物園』でも、逃げた鳥のフンにオリーブの葉が混じっていた = (おそらく水没した世界で)新しい陸地が見つかったということなのでしょう。



銀ZIPPOさん、コメントありがとうございました。





  1. 2014/04/21(月) 17:31:41 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

御返信ありがとうございます。
なるほどオリーブの葉はそういう意味だったんですか!
胸のもやもやがスッと消えました!

そうそうあのダイイングメッセージが謎ですよね。
迷宮入りという感じで嫌いではないですが(笑)
  1. 2014/04/23(水) 12:43:50 |
  2. URL |
  3. 銀ZIPPO #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 御返信ありがとうございます。
> なるほどオリーブの葉はそういう意味だったんですか!
> 胸のもやもやがスッと消えました!

どういたしまして。

> そうそうあのダイイングメッセージが謎ですよね。
> 迷宮入りという感じで嫌いではないですが(笑)

初音ミクオさんのコメントにあるように『ショートショートの主人公』のオチか、近くに本が散らばっているので『ノベルダイブ』に関係があるのか…?というところですが、やっぱりダイイングメッセージが引っかかってしまいますね。
もしかしたら、こうやって読者に考えさせるのが目的かもしれないですね。


銀ZIPPOさん、コメントありがとうございました。





  1. 2014/04/23(水) 18:55:23 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad