晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

ヤングキングアワーズ 4月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 04月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/02/28)
不明

商品詳細を見る



ヤングキングアワーズ4月号の感想です。表紙は『蒼き鋼のアルペジオ』です。



・裸者と裸者 邪悪な許しがたい異端の/打海文三&七竈アンノ
巻頭カラー。九竜シティにカイトら常陸軍の孤児大隊・外人大隊がやってきて、パンプキン・ガールズと同盟を組むことに。そして、共通の敵としてモーセが浮かび上がってくる。この対立が今後のテーマになってくるのか。あと、カラーページで驚いて笑顔になっている椿桜がカワイイ。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
402がタカオのコアを回収した理由を、群像らが推理する。いっぽう霧は401撃破のためにコンゴウが動きだし、ハルナが札幌で人間と接触する様子。ひとつの戦闘が終わっても、まだまだ戦いは終わらないということか。

・起動帝国オービタリア/大井昌和
ワラフランの言葉、そして小型ロボットの追撃を受けて、アルは戦う決意を固める。オービタリアの外を飛ぶ巨大昆虫はオッ!?と思ったが、死海雲渚の毒が、苦いお茶で解毒できるというのが、ちょっと肩すかしだった。

・(ア)部!/吉川景都
真潮先輩の父親が、超娘ラブで激甘のバカ親だと明らかに。しかし、家畜としてコノハズクを飼っているって、なにを作っているんだ?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『MAYA'S』です。みなさん勢ぞろいです。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
センターカラー。学園祭本番。田神を本気で獲りにかかる麻弓&彩花が恐ろしい。そして、ビミョーな空気のままの宇佐と先輩のあいだには林が入ることに。それにしても、シロの目の初登場が残念すぎる。

・それでも町は廻っている/石黒正数
真琴ちゃんが遭遇した『神隠し事件』の真相を、安楽椅子探偵の歩鳥が…じゃなくて静さんがあっさり解明してしまう。でも、いちばん笑ったのは山くずしをしている真田と浅井。

・球場ラヴァーズ―私を野球につれてって―/石田敦子
日南子がドラフト、そしてみなみんと母親との会話から『選んだ世界で苦しむ権利』について考える。そして、月刊ヤングキングで基町姉さんが主人公の新シリーズがスタートとのこと。でも、前シリーズはそのヤンキンから移籍してきたはず。フリーダムすぎないか?

・スピリットサークル/水上悟志
いきなりフルトゥナの過去生を見ようとした風太だったが「まだ早い」とのことで、3つめのフロウの過去生へ。そこには友人たちが勢ぞろいしていた。フロウ(風太)は親方代理と言われているから大工? ウミはいっしょの船に乗っていた御嬢さん。テツがその奴隷。ダイキが仕事の依頼主のアルボル。鉱子がその娘で占い師のロカ。ノノはアルボルの配下の働き手のひとり。という感じ。それから、ルンの制服姿にドギマギする風太が面白かった。

・トランスノイド/テルミン
ひとまず剣菱が体を変えたい理由が『2年半前に行方不明になった娘を探すため』だということが明らかに。さらにYを追う一団も登場する。そして、旅の費用を稼ぐためにドヤ街で働くことに。ラストで登場した男も、ふつうではないんだろうな。

・カラメルキッチュ遊撃隊/大石まさる
センターカラー。印象派の絵画のような見開きが素晴らしい。市場に来たカランとメルは、擬態する虫のイホージン?と遭遇。頭脳役のイラが不在なので苦戦するものの、そこはカランらしく解決。キッチュのような姿の新サポートキャラのコンタックも登場したが、当初の目的をマルッと忘れているのが面白い。

・AGEHA/六道紳士
冒頭でモトキが言ってやったので、今回はお弁当を食べたり部活に行ったり割とまともな学園生活を送る。が、そんなに上手くいくはずがない。校舎に閉じ込められてから急に登場した主人公っぽい男女を、ほとんどコピーで処理しているのが面白かった。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
群れから離れた白皮を専門に狙う『はぐれ殺し』の老人に討伐を依頼した集落の男たち。なんとか倒して帰ってみると、見たこともない凶暴な新型の白皮の姿が。そこに駆けつけるブシドー。やっぱりバトルしてるほうが面白いな。

・アリョーシャ!/近藤るるる
現在のカテリーナは、セーラの協力を得て変装したケイティだった。入り込んだ施設内でミーチャの目的が、脳のデータを外部に保存し他者に上書きして生まれ変わること、というのが明らかになる。単純に言えば、データぶっ壊してアリョーシャを連れてトンズラしたいところだけど、そう上手くいくかな。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
今回は、スペシャルゲストとして宮尾岳先生が急きょ参戦。サンシャイン60地下駐車場と雑司ヶ谷霊園を訪れます。ついに心霊写真が撮れた!!かと思いきや、やっぱり、このマンガらしいオチに。それにしても、石黒Pのドクロ杖は、マジにほしいな。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
今回は、アオバの曽祖父の峠創作さんが、学生だった頃の話。機械好きだが貧乏だった創作少年が、同じクラスの小峰サユリさんの家(自転車屋)で自転車に乗る練習をする。昭和の時代に、ストライダーのような方法を考え出すとはさすが。そして、2人の仲を空襲が裂く。

・DICTATOR/宇田整司
読み切り。目の前が墓場のレストランに現れた、ボロボロの服を着て喋る杖を持った謎の男・エドガー・ディッキンソン。玉の輿を夢見るウェイトレスのニーナと、秘密の晩さん会の会場に入ってしまったことからトラブルに巻き込まれる。相変わらずダークな熱気のある作風で面白いし、今回はヒロインのニーナが可愛かったのが良かった。でも、悪役にもうちょと迫力がほしかった。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
イギリスがオーストリア、ロシアと対仏同盟を組んだと知るやいなや、すぐさま反転してオーストリア軍を攻撃するナポレオン。マック将軍に続々と入る知らせだけで、大陸軍の強さを表現するのはさすが。あとビクトルは、娼婦と本番じゃなくてなにをしたんだろう?

・ドリフターズ/平野耕太
ドワーフの腕はさすが。信長の予想を上回るペースで鉄砲の製造が可能になる。そして、サンジェルミ伯も登場。オルテを売ることを提案する。それにしても、サンジェルミ伯の手下の弱点(ヒゲで歴戦のナイスシルバーと、片目かくれホーステールの少年)を豊久たちが的確に突いてくるとはなぁ~。


次号は今市子が登場。鈴木小波の読み切りも載ります。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/03(日) 10:47:50|
  2. アワーズ 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad