晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

それでも町は廻っている 第11巻の感想


それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)
(2013/02/28)
石黒 正数

商品詳細を見る



それ町の最新刊が発売されました。この巻は『恐怖それ町』です。

・第82話 最後の謎
丸子町商店街で行われているサスペンスドラマのロケを、なぜか紺先輩とタケルがいっしょに見学する。ネット上で見かけた意見として『タッツンは自分のほしいオマケのために歩鳥を利用し、紺先輩は苦手な小学生と行動をともにしながら歩鳥のために俳優のサインを手に入れる。これがただの友達と親友の差』というのに納得させられた。あと、サブタイの最後の謎 = 俳優のサインは、やっぱり『Funakoshi』って書いてあるんだろうか?

・第83話 闇に住む声
廃墟となっている旧区民センターに出るという幽霊の謎を歩鳥…ではなく、静さんが解明する。捜査パートのときのちょっとアメリカンな説明キャラが面白かった。しかし、タケルの友達の太った子の名前は、小ネタを調べる過程で知っていたはずなのに、まんまとミスリードに引っかかってしまった。

・第84話 夕闇の町
ちょっと毛色は違うものの、ひさしぶりのSF回。子供のころだけにできたことや、見えたもの、行くことができた場所。ユキコが、そんな不思議な空間に迷い込んでしまう。大きな狐の石像を通り過ぎてから、誰もいないアーケードを通ってタコのオモチャを拾ってから家に戻ってくるまでが、不思議で掴みどころのない空気が漂っている。個人的には、ユキコが起きてから出かけるまでの2ページが素晴らしいと思う。

・第85話 紺先輩は謎だ!
夏休み。歩鳥が、紺先輩の実家別荘に行くことに。これまで噂程度に語られていた『紺先輩はクォーター』とか、両親がイギリスで暮らしている理由が明らかになる。今回に限っては構成の妙を味わうというよりは、明らかになった情報を楽しむという感じでしょうか。ただ、78ページの歩鳥の「2日も家でゴロゴロしてるとわいてくる 得体の知れない不安感は何なんだろう…?」というモノローグは、ちょっとハッとさせられた。

・第86話 非行少年飛行少女群像劇
いままで『ただ、そういう設定』と思っていた城島先輩のいい人ぶりが、これでもかと発揮される。ゴミを捨てなかったり合コンで飲酒しそうなイメージがあったが、やっぱり人を見た眼で判断したはいけないということか。それから浅井は、プールでもっと女子たちと話をしなかったことを5年後くらいに後悔しそう。

・第87話 陰謀は霧の中
SF…というよりは、都市伝説回。丸子町を包んだ濃霧の中で、謎の生物を捕獲する黒服の男たち。そして、紺先輩もシーサイドの中でタッツンと歩鳥に陰謀論を語る。ジミヘンネタを分かってもらえないでスネる紺先輩はカワイかったが、作者はこんな話を描いて、今後ウナギが食べにくくならないんだろうか?

・第88話 ミラクルスーパーラッキー指輪
紺先輩が歩鳥の部屋に忘れた指輪が、歩鳥を守ることに。紺先輩の予知夢の仕組みとか、第41話で指輪をなくすシーンの芸の細かさとかも見事だと思うが、森秋が歩鳥のことを見直すというか見方を改める流れが良かった。これが2年の冬の始まりごろだから、3年のときは、ちょっと対応が甘くなっているんだな。

・第89話 現代版まだらの紐
体育の時間に突然切れた大縄跳びのロープがマッキーを襲う。同時に交換ノートに残された犯行声明…。この謎にタケルが挑む。情報だけで先走り気味な歩鳥にくらべて、キッチリ推理しクラスメイトを犯人に仕立て上げるのを良しとしないタケルは、とても小学生には思えない。あと、歩鳥のアイディアは、最初は「おぉ!」と思ったが、3つの部屋でトリックを仕掛けるのが大変だし、そもそも3人同時に殺さなければならない必然性がないのか。



最後のオマケは、当たりがないなんてひどいじゃないか。自分は七瀬でした。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/03/02(土) 14:59:07|
  2. 感想
  3. | コメント:3

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。紺先輩の指輪は言われて初めて気付きました、流石です。11巻は謎解きやホラーが多くて個人的にも楽しめました。また、今回も他の話との繋がりなどが多くあるようなので、こちらでのまとめの方も楽しみにしております。お忙しいかと思いますが、ちょくちょく覗いていきますのでよろしくお願いいたします。
  1. 2013/03/02(土) 19:09:31 |
  2. URL |
  3. その太 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ。毎度お疲れ様です。

>これがただの友達と親友の差
確かに。これだとタッツンが悪いみたいですけど、歩鳥とタッツンはあの距離感が良いのだと個人的に思います。さもないと真田の件で哀しいことになりますからね。

ちなみに私の運命の相手は爆弾(ハズレ)でした。
  1. 2013/03/02(土) 20:30:46 |
  2. URL |
  3. 極北 #J1K3SVtk
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> いつも楽しく拝見させて頂いております。紺先輩の指輪は言われて初めて気付きました、流石です。11巻は謎解きやホラーが多くて個人的にも楽しめました。また、今回も他の話との繋がりなどが多くあるようなので、こちらでのまとめの方も楽しみにしております。お忙しいかと思いますが、ちょくちょく覗いていきますのでよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。
指輪は、ネットで言われていたもので自分で見つけたわけではありません。スイマセン。

> こんばんわ。毎度お疲れ様です。
> >これがただの友達と親友の差
> 確かに。これだとタッツンが悪いみたいですけど、歩鳥とタッツンはあの距離感が良いのだと個人的に思います。さもないと真田の件で哀しいことになりますからね。
> ちなみに私の運命の相手は爆弾(ハズレ)でした。

ありがとうございます。自分もタッツンを悪者にしたいわけではなく、6巻ピンナップで言われた差を確かめた。という感じですね。
あと運命の相手は当たりがないにしても、ジョセフィーヌとか木星人とか、救いのあるキャラにしてほしかったです。


その太さん、極北さん、コメントありがとうございました。



  1. 2013/03/03(日) 11:45:11 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad