晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 10号の感想

チャンピオンの感想です。津波注意報などの影響で買うのが遅れました。表紙は毎度!浦安鉄筋家族です。



・みつどもえ お祝い出張版/桜井のりお
袋とじスペシャルカラー。みつばの後を追って来た謎の男(黄色いトラックスーツを着て「チョリソー」とか言う)を教室に閉じ込めて、ひと悶着。トビラの三つ子が、それぞれ仁、フグオ、春巻のコスプレをしているのが良かった。さすがに、小鉄の格好はマネできないか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
連載20周年記念巻頭カラー2本立て。歴史を振り返る特設ページ+週チャン連載ギャグ陣(安部真弘、石黒正数、睦井栄史)&桜井のりお各先生からのお祝いイラスト付き。本編は、大鉄・順子夫妻のファーストコンタクトと佐渡勇子ちゃんが学級プロレスに挑戦する2本。特に2本目は、野球とプロレスに関する作者の愛があふれていて面白かった。オチがミコライオって。

・弱虫ペダル/渡辺航
一気に総北勢を抜き去る葦木場を、手嶋が追跡する。勝負はこの2人に絞られたかと思いきや、坂道は手嶋の走りに心を動かされている様子。でも、さすがにココから坂道が本来の走りを取り戻して逆転優勝というのは、やりすぎな気が。ここは、葦木場に逃げ切ってもらいたい。

・いきいきごんぼ/陸井栄史
センターカラー。遊園地に行って、女子とバッタリ出会おうと企む吏毘堂。遊園地にドリアンたちがいたり、テラフォーマーズのゴキブリになってみたり、いつもどうりの暴れっぷり。あと『ヒューマン人間 人間マン』のインパクトがすごかった。それから、作者ハンドメイドの『うんぽぽブリーフ』を発売するって、どういうことだよ!?

・囚人リク/瀬口忍
刑務所恒例行事のサッカー大会。レノマらニーナナは、史郎率いるニーロクと対戦。ゴールマウスを移動させて守ったり、リクにドロップキックしてゴールを決めるなど、超次元サッカーぶりをいかんなく発揮している。重苦しかった炊場編が終わっての息抜きギャグ回という感じか。

・名探偵マーニー/木々津克久
学校内で『背取り』行為をしている犯人を突き止めたマーニー。ただ今回は、マーニーに協力してそのせいで逆恨みを買ってしまった枯野くんが、野良犬に語りかけた言葉が素晴らしすぎる。誰かが傷ついたわけでもないのに、とても切ないラストだった。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
センターカラー増ページ。小次郎はツーストライクを取り、10球目は振りかぶってからの『光る球』。山田がスイングに行く見開きが素晴らしい。ここは三振ということはないだろうから、山田がサヨナラHRを打つか、Kジローが捕球できずに足利が本塁を陥れる展開か。

・バキどもえ/さいとうなおき
単行本発売記念で、出張版掲載。梢江の『女の子走り』を本部が解説。来週はカラーで登場するそうです。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
空流親方の回想で、常松のバックボーンが明らかに。鯉太郎とは違い、クズな父親の影を振り払うために土俵に上がっていたのか。そして、つぎは王虎との取組。さすがに勝ちはないはずだし、負けて改心という流れでもないだろうから、どう展開するのか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
栄子&千鶴とゲーセンに行くイカ娘。ゲーム初心者の千鶴に圧勝して、勝ち誇るイカ娘の顔がゲスの極み。ただ最後のコマで、ぬいぐるみ片手にゲーセンを去る千鶴のカッコよさ。

・実は私は/増田英二
センターカラー増ページ。白神さんといっしょに下校する写真を手に、朝陽に迫る『校内外道ランキング1位』の朱美みかん。校内新聞掲載をあきらめさせる方法が意外に簡単だったのと、1話で決着がついてしまったのが意外だった。とりあえず、今後も岡(本名は岡田)がキーパーソンになっていきそう。

・クローバー/平川哲弘
またもやレオに間違われて、からまれるハヤト。あっさりと撃退して帰ろうとするが、ここで志帆さんと再会。叔母さんの口から事情を聞いて、仕方なく手を貸してやる流れか。ケンジはともかくトモキとレオは戦力にならないから、真木とゲンゲンを呼ぼう。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
林君も人の子。玲央さんの胸が気になる序盤から、まさかの展開。前回、回収した深柱の一部を、死んだと思われていたハルトとカナの友人ユミと一体化させるとは。ここにきて火魅子のゲスさが数段レベルアップした感じ。彼女から情報を聞き出すにはハルトの力が必要っぽいけど、今回は酷すぎると思う。

・バイオハザード~マルハワデザイア~/カプコン&芹沢直樹
ビンディは、クモのような形態に変化。戦闘力もアップしている様子。メラはナイフを失いダメージを負う。この流れでの回想は、死亡フラグ以外の何物でもないな。

・オトメクロー/吉富昭仁
読み切りセンターカラー。美人という噂はあるものの、ほとんど顔を見せない乙女(という名前の女子)。に、幼馴染で現3校制覇のヤンキー、タツと竜次が絡んだことから明かされる、彼女の本性。『謎の彼女X』みたいな雰囲気があって面白かったが、ラストでは乙女の顔を見せないほうが良かったと思う。

・シュガーレス/細川正巳
引き続き、学校見学に来た中学生とのバトル。岳は、北中の郡司直真とぶつかる。そして、校内ではマリモにフッかけた西中の橘カヅキと嘉上がやり合うことになりそう。

・ハーベストマーチ/フクイタクミ
子どもたちがカイリに従っている理由が、マイラの能力『蛇魅』(洗脳的な感じ)だと明らかに。たぶん『騎士』の力を持っているクゥには効かずに、反撃開始となるか。あと最初にクゥたちを見つけた蛇男は、どこに行った?

・あまねあたためる/佐渡川準
節分の話。あまねのラムちゃんファッションよりも、鬼(本物)のリアルタッチのインパクトがスゴイ。こうなってくると、なんでもOKにできるな。次週は、鉄板のバレンタインネタか?

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
成田のダイビングヘッドが決まって、市蘭が逆転。裏をかかれた茂森の心が折れて、元のナヨッとした表情に戻ってしまったところに成田が喝を入れるのが良かった。本当に師弟っぽくなってきた。ただ、残り時間もまだあるので、このスコアのまま終わることはなさそう。

・パンダのこ/角光
育パンダパートの話。ひとりでトイレができるようになった愛愛を、お風呂に入れる乃仔ちゃん。今回は、やけに足の付け根周辺の描写に力が入っていたような。でもパンダって、ここまで人の機嫌をうかがうものなのか?

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
女性が苦手なジオは、あっさりとなずなの『炎虐王』の餌食に。「灰燼に帰するがいい…」とか、どこの護廷十三隊総隊長だよ。次週は、綾女の対戦。かすみと菜花は負けムードだけど、ココは勝つだろう。

・くろすぶりーど/たばよう
短期連載第3話。『自分は誰からも必要とされていない』と感じる少女が、捕まった人の血が混じった熊に自らの身を捧げようとする。今回は話のせいかもしれないけど、全体的に絵が暗かったように思う。ただ、父熊が殺されたときの熊娘のリアクションが「あちゃあ」だけみたいな、倫理観の軽さはすごいと思う。

・木曜日のフルット/石黒正数
『狂闘先生!』の新キャラに、鯨井先輩がダメ出しする。マンガなんだから、細かいところを気にするなってことか。次週はセンターカラーで2本立てです。


来週は夢枕獏&野辺優美の『真・餓狼伝』がスタートします。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/02/09(土) 13:23:08|
  2. チャンピオン 2013
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad