晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

週刊少年チャンピオン 1号の感想


週刊少年チャンピオン 2013年1月1日号 No.1週刊少年チャンピオン 2013年1月1日号 No.1
(2012)
不明

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は『聖闘士星矢ND』からドラゴン紫龍。EXILE一族のフォトブックが付録です。


・聖闘士星矢ND/車田正美
連載再開巻頭カラー。五老峰で畑を耕す紫龍のもとを氷河が訪れ、いっしょに星矢を助けるために戦ってくれと頼むものの、紫龍はそっけない返答。そこに天闘士の斗馬が現れ、紫龍は再び龍座の聖衣を着る決意をする。今シリーズは、紫龍&氷河vs斗馬という流れか。あと翔龍は、ふつうに春麗と紫龍の子どもということにしても良かったと思うけど、それだと他のシリーズとの整合性が取れないのかな?

・囚人リク/瀬口忍
森田の暗号文を受け取ったファミリーは、高木への接触を計る。ファミリー内にはいかにもな強面から女性、マジメそうなヤツと、いろいろなメンツが揃っていた。そして、加藤は山岡と接触。見取り図の件を聞き出す。夫婦愛を確かめた山岡だけど、このまま捕まってしまうのか、それとも島から脱出するのか?

・いきいきごんぼ/陸井栄史
雑誌裏の如何わしい広告に載っている小森さんに弟子入りしようとする吏毘堂たち。それよりも、イマキマキがポッと出の新キャラと仲良く会話しているほうが、精神的ダメージが大きかった。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
中田ちゃんが目撃した、大鉄の武勇伝。それに興奮する小鉄が、なんか良かった。20日に、20周年記念増刊が発売されるそうです。

・弱虫ペダル/渡辺航
連載再開。今泉、坂道、鳴子が、それぞれ新装備の自転車を手に入れる。今泉は壊れていたから修理がてらに電動ギアを導入するというのは分かるけど、仮にもIH優勝の坂道がその時よりも軽い新自転車を手に入れたとあっては、もはや敵無し状態なのでは? そして、巻島は退部届を提出。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
蛇型深柱は、かなり未知の能力を持ている様子。体表がマン熱で構成されているのか? そして足を折って動けなくなった兵真のところに、救出に来た玲央さんが間に合って、新兵器の銃を一発。さらに背中に剣も背負っているので、そっちの攻撃も楽しみ。それから、ハルトの家の玄関にある立体的な置物が気になる。

・侵略!イカ娘/安部真弘
作者がツイッターで『?』が『!』になっていると報告していた話。詳しく場所を照らし合わせていないので分からないが、たぶんキツい性格の看護師・白椙さんのセリフだから、あんまり違和感がなかった。それよりも、さっそく先週の保育士さんが再登場して良かった。

・シュガーレス/細川正巳
妹尾派が御辻を倒していく。ここは卜部の見せ場かと思ったが、倒れていた岳につまづいて負けてしまう。そして、目を覚ます榊。コウタ&榊&九島と妹尾派の争いにシフトしていく感じか。「初恋なみに簡単に砕け散っとるわ!!」は、このままTシャツにして商品化してもいいぐらいの高いレベルのポエム。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
今週も、鯉太郎と王虎の取り組み前。空流、虎城両親方のやり取りが面白かった。虎城親方も、王虎の危うさみたいなものは分かってはいるんだな。

・名探偵マーニー/木々津克久
今週も、センターカラー2本立て。1本目は、元マジシャンの姉のために往年の名マジシャンが一世一代のマジックを見せる。真希田さんは、別作品に出てきた20面相かな? 2本目は、セレブなパーティークイーンが元気をなくした理由を探る。依頼主の玄武の吹き出しのほとんどに『パーティー』という単語が含まれていてクラクラした。

・ハーベストマーチ/フクイタクミ
黒クゥが、ハインツとロバートを倒す。触手の中から刃を出す『四ツ裂キ(コルテライズ)』という必殺技も出した。4本の触手のほかに1本尻尾のようなものもあるので、そっちの使い方も気になる。それから黒クゥに「ただお姉ちゃんだけを愛しているクゥバンテだ」と言われて、子宮で受け止めるノイエがスゴイ。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
国立が里中の外角へのスライダーをセンターへと打ち返す。ただ、ほとんどのページで国立の美しさやしなやかさをずっと褒めているのに、なんだか違和感が。ここまでやっておいて義経に捕られることもないだろうから、フェンス直撃のタイムリーツーベースといったところか。

・クローバー/平川哲弘
レオの苗字は上妻。ただ、話をしている母親の雰囲気から、なんとなくハヤトの母親とは別人のような気がしてきた。そして、子供時代の3人が仙台にハヤトの母親を探しに行く回想編に。

・あまねあたためる/佐渡川準
今回は、マジメに授業を受けていない男子をたしなめる。机の下で正座しているのがカワイかった。

・空が灰色だから/阿部共実
忘れっぽい智子と、性格がキッチリしすぎている来海。2人の友情が離れて戻って、という話。ただ、本当に辛いのはこの後のような。2人まとめてハブかれそうな気がする。あと、トビラは何が描かれているんだろう?

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
前半は市蘭が攻めきってハーフタイムへ。ただメンタル的には優位に立っただけに後半で圧倒してもおかしくないかも。そして、船学の2年生・伊能が登場。また、厄介そうな選手がひとり。という感じ。

・ひなこの失敗/沼田純
ひなこが、お小遣い交渉に父親とジイさんを巻き込もうとするが失敗する。たしか始まる前は『5週連続登場』というアオリだったはずだが、来週にも掲載される。このままなし崩し的に連載してしまうのか?

・ガキ教室/小沢としお
最終回。子どもに対してクールだったのは、死んだ兄のことを思い出してしまうから。ゲボーンの登校をふくめ、これまでのエピソードをからめつつ、晶が新たなスタートを切るという素晴らしい最終回だったと思います。小沢先生、お疲れ様でした。

・パンダのこ/角光
歯が生え始めた愛愛のために、ぱんともの御卯月さんから離乳食のレクチャーを受ける乃仔ちゃん。しかし、御卯月さんは大食いキャラか。てんむすの穴を埋めて余りあるな。

・白銀ヴァンガード/髙橋良介
今回は、ダマスカスコガネムシ(フンコロガシ)のブレイクが主人公。通り名の『糞山の暴君』に始まり『糞潰し(ゴクつぶし)』『育児用糞玉』『エサ場から糞玉を~』『糞は糞(ダストトゥーダスト)』など、とにかく糞のつくセリフが盛りだくさんで、それが妙なリズム感を生み出してとても面白かった。

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
中野区大会がスタート。フレッシュマン部門で優勝した菜花が、オープン小太刀部門でジオと対決することに。はたして『地走り』は通用するのか? この娘が、いちばん成長しているな。

・ラララライブ/サブ
夏休みに入ったので、フジコは引きこもりに。そこで、鏡の中の自分に第1話でシローに言ったセリフが、自分にブーメランのように帰ってくるというのが良かった。そして、シローたちのバンド『フジコビート』のライブが決定。次回、最終回です。

・木曜日のフルット/石黒正数
フルット、鯨井先輩、ボクサーさん。みんな、いろんなところで戦っている。4コマ目の突撃しているフルットをずっと見ていると、ジワジワくる。




来週で『ラララライブ』が終了。福田やすひろの入選作も載ります。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/12/07(金) 13:55:32|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad