晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 1月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 01月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/11/30)
不明

商品詳細を見る




ヤングキングアワーズ1月号の感想です。表紙はスピリットサークルから、風太とルンの2人です。ドリフは休みです。

・起動帝国オービタリア/大井昌和
新連載巻頭カラー。何気に先月号の予告とタイトルが変わっている。主人公のアルは、卒業間近になってもロボット製作に夢中になっているが、爆発を起こして部活動禁止になったり、気になっていたチチャクと親友のグプタのギリギリなシーンを目撃してしまったりで部室にこもって落ち込んでいると、別次元(?)から来た少女とロボットの戦いに巻き込まれてしまう。という、内容。制服と『技術室』『機械工作部』というところは日本っぽいのに、人の名前や8年生というあたりの設定のギャップが上手く理解できない。とりあえず、ヒロインのワラフランがアルに事情を説明して、ロボットの『蒼の終国』がキチンと動き出してからが本番か。

・スピリットサークル/水上悟志
捨て子をレイと名付け、(近所の農民の助けを借りながら)育てるヴァン。美しく育ったレイの婿を探す旅に出た2人だったが、レイは転んだ拍子に頭を石にぶつけて死んでしまう。死に方はともかく本人にとっては幸せな人生だったが、問題はヴァンが殺した魔女が、ただの『薬草師』だったということ。現世に戻ってから苦しみを味わうことになるのか。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
捕えられた2人のリュウマは、唯一白皮に攻め込まれていない、ヒトの砦『王都ミズガルズ』へと連行される。民衆から大きな非難を浴びる隻腕リュウマに、王は自分への忠誠を要求する。そこに割って入る女リュウマ。王が『どちらがより世界のために貢献したのか』ということを話すシーンが良かった。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『EIKO RANDO & TAKAMI SAKURAGI』です。下着姿です。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
タカオは、修復不能なほどフィールドをU-2501に削られてしまう。メンタルモデル消失寸前に現れる402。彼女が、群像が狙っている超重砲での超長距離狙撃までの助けとなることができるのか?

・それでも町は廻っている/石黒正数
仲のいい男子のあいだで行われている交換ノートに残された、衝撃の犯行予告。その謎をタケルが解く。これほど情けない「関係者を集めてくれ給え」は、見たことがない。前回の謎解き回も静さんが解明したし、そろそろ女子高生に本領を発揮してもらいたい。

・球場ラヴァーズ―私を野球につれてって―/石田敦子
時系列的には、今回で前シリーズの最終回に追いついた形か。そのせいで、日南子よりも実央のほうにスポットがあったような形になってしまったのが、ちょっと残念。ただ、星形君に再会したいという気持ちは確かなものになったし、一歩前進か。

・(ア)部!/吉川景都
今回は、アニマル部が学校に忍び込んだ盗撮犯を捕まえるというお手柄をあげる。2匹の犬の性格の違いが面白かった。

・天にひびき/やまむらはじめ
コンクール上位者は、病院への慰問公演が(なかば)義務づけられていた。ということで、秋央と波多野さんと、なぜか帰国していた美月が参加することに。『聴衆に喜んでもらう』という、原点を思い出すというのが良かった。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
今回は、東京タワー → NHK放送博物館 → 将門の首塚とめぐります。心霊うんぬんよりも、石黒Pの顔芸が面白かったです。あと、首塚に祈っていた人は、大河ドラマの関係者だと思う。

・AGEHA/六道紳士
センターカラー。今回は、小学生のもとき君とあげはちゃんが、学校ごと砂漠のようなところへ漂流してしまう。百足先生が給食室を占拠したり、パロディ満載で大変満足でした。あと、朱波のマンガから得た知識は豊富だなぁ。

・裸者と裸者 邪悪な許しがたい異端の/打海文三&七竈アンノ
順調に勢力を拡大していくパンプキンガールズ。でも、出る杭は打たれる。ということで、さっそく殺し屋を送り込まれたり、ホテルの部屋を爆破されたりと、危機一髪。しかし、お楽しみシーンは誰特なんだ?

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
太ってしまった麻弓さんの高校時代の思い出。いちばんのダイエットは『痩せなければならない動機を作ること』ということか。同級生の愛美さんは、のちのち登場するな、コレは。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
今回は、桃寺コージ先生の『捨てられる寸前の自転車に魂が宿り、さえない大学生と1週間限定の恋人になる』というマンガを作中作として掲載。ファンタジーの入ったネタを処理するには上手い方法だと思った。

・カラメルキッチュ遊撃隊/大石まさる
引き続き夏休み。カランたちの担任のフリオ先生が、学校のないあいだ臨時でやっている郵便配達員の話。なくなってしまった東京をグルリと回り込む形で千葉方面から西へ進んでいく。ちょっとしたロードムービーみたいで良かった。

・アリョーシャ!/近藤るるる
世界各国のテロ組織や武装勢力のあいだに広がりつつある『新たな導き手』出現のウワサ。その対象であろうアリョーシャは、はじめて自分の意志で戦いに挑もうとする。向かった先の病院にいるのは、コルーティクNo.3か?

・スプライトシュピーゲル/冲方丁&中嶋ヤマト
鳳、乙、雛の3人が協力してトーゴーを撃破。しかし、核爆弾のスイッチは押されてしまう。次回、最終回です。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
連載10年、ついにナポレオンが皇帝に。ダヴィッドが、載冠式の絵を描くのに苦悩する。法王とのやり取りと、終始不満げなカルノーが面白かった。


来月からテルミンの『トランスノイド』がスタートします。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/12/02(日) 20:11:11|
  2. アワーズ 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad