晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

ヴィンランド・サガ 第12巻の感想


ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンKC)
(2012/11/22)
幸村 誠

商品詳細を見る


ヴィンランド・サガの最新刊が発売されました。前巻で登場した謎の『逃亡奴隷』の話で構成されています。

・第79話 暗雲の先触れ
蛇の配下のキツネたちが、森の中で休んでいる不審な男 = 逃亡奴隷を発見。しかし、すぐに捕まえて褒美を山分けするべきか、応援を呼んで確実に捕まえるべきかで言い争いをしているうちに、目を覚ました逃亡奴隷に逆に襲われてしまいます。そして、大旦那の家の前を馬で逃げようとする逃亡奴隷を見たアルネイズさんは「ガルザル!!!!」と呼び、逃亡奴隷も「我が妻」と応えます。あと、大旦那に蛇が聖書を読み聞かせているのを盗み聞きしているトルフィンと、アルネイズさんの手があかぎれでボロボロなのが、細かいけどいいシーンだと思った。

・第80話 ガルザル来襲
逃亡奴隷 = ガルザル = アルネイズの夫。ガルザルは、アルネイズと息子のヒャルティと家に帰ろうと言いますが、大旦那の家にいた蛇に馬の首を切られ、右脇腹の傷口を狙い打ちされて捕えられてしまいます。アルネイズさんのために薪割り用のオノで助っ人に入ろうとするエイナルを止めるトルフィンが「お前に人が殺せるのか!?」と問いかけるのがイイ。 

・第81話 嵐
ガルザルが捕えられ、大旦那の家の中で奴隷の3人は重たい空気。何か行動を起こそうとするエイナルに対し、アルネイズはスウェーデンの村で暮らしていたときのことを語り、奴隷になった経緯とお腹の中にケティルの赤ちゃんがいることから、いまは『争いごと = 嵐』が過ぎるのを待つべきだと諭します。しかし、その言葉とは裏腹に、アルネイズは夜中に外へ出ていきます。

・第82話 縛め
アルネイズの行先は、用心棒たちのねぐら。蛇には拒否されるものの、なんとかガルザルと再会することに成功します。2人が言葉を交わす79Pからのやり取りは、この巻の個人的なハイライト。そして、ガルザルが隙をついて見張りの首を噛みちぎる。

・第83話 償い
蛇が陣地に戻ってくると、ガルザルに逃げられた後。合わせて5人の手下を殺されたとあって、怒りに火がつきます。そして、アルネイズのことが心配で眠れなかったエイナルとトルフィンの朝の会話。『戦争と奴隷』をこの世の中から無くすことはできないか?という話の流れから、レイフから子供のころに聞いた『ヴィンランド』の存在を思い出す流れが良かった。これで、ひとまずの目標は立ったわけだが、いまは争いごとの真っ最中。奴隷の身分から解放されたとしても、1人で行っては意味がない。まだまだ道のりは長く険しいということか。あと「今まで撒き散らして死と破壊を生と創造で少しでも補わくちゃ…」という、トルフィンのセリフが素晴らしいと思った。

・第84話 都合のいい夢
ガルザルが逃げたことを知ったエイナルたちは、大旦那の世話に戻っていたアルネイズを見つけて事情を聞きます。そして、エイナルは2人を農場から逃がす手伝いをすることを決意。トルフィンも同意。それにしても「親子3人(赤ちゃんの父親は違うけど)でやり直す」というのが『都合のいい夢』っていうのは、時代や奴隷っていう身分だとはいえ、やりきれないなと思った。

・第85話 対決
エイナルが囮になって用心棒たちを引き付けているうちに、大旦那の馬車に気を失っているガルザルを乗せて脱出しようとするトルフィン。しかし、その作戦をいちはやく見抜いた蛇だけが引き返してきます。対峙するトルフィンと蛇。アシェラッドの幻が現れて『戦うべきか非暴力の誓いを貫くべきか?』と問いかけてくるのが良かった。トルフィンの出した答えは戦うこと。

・第86話 帰れないふたり
トルフィンvs蛇。2人の実力は互角。それぞれが戦いの中で持つ感想が似ているのが面白かった。トルフィンがヴィンランドを目指すときは蛇にも一緒に行ってほしいが、難しいか。馬車の側を取った蛇は、すかさず剣を突き刺すものの、致命傷を負ったガルザルは最後の力を振り絞り蛇を絞め落とします。朦朧とした意識の中アルネイズと馬車を走らせますが、農場を出る前に絶命してしまいます。この後、アルネイズはもちろん、手助けをしたトルフィンたちもタダでは済まないはず。ただ、帰ってくるケティルたちもクヌートの軍勢に追われているというピンチな状況。次巻も、波乱が必至です。


この巻の主人公はアルネイズと言っていいでしょう。トルフィンをはじめ、アシェラッド、トルケル、クヌートと血なまぐさい男たちが暴れまわり、女性キャラは殺(ヤ)られるか犯(ヤ)られるかといったなかで、はじめてスポットライトの当たった女性キャラといえるかもしれません(ユルヴァがいるけど)。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/11/24(土) 17:23:31|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:2

コメント

いいですね(*^_^*)
  1. 2012/11/24(土) 20:21:36 |
  2. URL |
  3. 藤岡亨穂 教授 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> いいですね(*^_^*)

ありがとうございます(*^_^*)
  1. 2012/11/25(日) 13:47:03 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad